銀座三越で最旬トーキョーカルチャーを満喫「銀座三越 ディスカバートーキョー」

2016年 2月 3日 16:30 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

「最旬グローバル百貨店」というテーマを掲げ、暮らしを豊かにするさまざまなモノコトを展開している銀座三越。その銀座三越で2月2日から16日まで、最旬トーキョーカルチャーを紹介する企画「ディスカバートーキョー」が開催中だ。

世界中から多くの観光客が訪れ、その誰もが憧れる大人の街銀座。その中心にあって世界と東京のグローバルな感性をもった”最旬”で、日本ならではのものを国内外の成熟した大人に向けて発信し続ける銀座三越。
昨年4月に開店85周年を迎え、10月には「最旬グローバル百貨店」のコンセプトをより明確にすべくリモデルグランドオープン。これまで以上に銀座三越らしい上質で豊かな感性でセレクトした、世界のブランドや日本の伝統がラインナップされた新たなステージに突入した。


今回の「ディスカバー トーキョー」は世界から注目を集めるトーキョーポップカルチャーをクローズアップする。日本の中心である東京、そして東京の中心である銀座から、世界中の多くのアーティストやクリエイターが影響を受ける日本人アーティストによるアートやアニメ、マンガカルチャーなどクールでカラフルなトーキョーポップカルチャーの最旬を紹介する。

Related article

  • イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
    イメージを喚起する写真の力、北井一夫「いつか見た風景」
  • 現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • おもてなしの心にあふれた日本茶のセレクトショップが福岡にオープン 「151E(イチゴイチエ)」
    おもてなしの心にあふれた日本茶のセレクトショップが福岡にオープン 「151E(イチゴイチエ)」
  • ワコム社の「Bamboo Stylus」と共に新しいデジタル体験を。その全貌とは
    ワコム社の「Bamboo Stylus」と共に新しいデジタル体験を。その全貌とは
  • レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)
    レザーアイテム「m+」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(3)
  • トーキョーポップカルチャーを体験する2週間 銀座三越『DISCOVER! TOKYO ディスカバー トーキョー 』が開催
    トーキョーポップカルチャーを体験する2週間 銀座三越『DISCOVER! TOKYO ディスカバー トーキョー 』が開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
  • 4
    男のキッチンはビルトイン家電で決まる|Guys in the Kitchen#03
  • 5
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 6
    サイレントコメディー・デュオ「が〜まるちょば」が日本展開
  • 7
    今週末見るべき映画「セブン・デイズ・イン・ハバナ」
  • 8
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 9
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 10
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加