今週末見るべき映画「ディーパンの闘い」

2016年 2月 11日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年の第68回カンヌ国際映画祭で、最高賞のパルムドールを受賞した「ディーパンの闘い」(ロングライド配給)は、期待通りの、骨太、リアリティたっぷりの映画だった。以前、カンヌでグランプリを受賞した「預言者」(イズムで紹介)の監督、ジャック・オディアールの新作である。昨年のカンヌで賞レースの話題になったのは、ケイト・ブランシェットとルーニー・マーラが共演した「キャロル」(2月11日公開)と、イタリアのパオロ・ソレンティーノ監督、マイケル・ケイン主演の「グランドフィナーレ」(4月16日公開)だったらしい。グランプリを受賞した「サウルの息子」(イズムで紹介)も含めて、どれも優れた映画と思う。ノミネートの19作品のうち、10作品しか見ていないが、どれが、どの賞を受けても、まったく異存はない。


もともと、アカデミー賞をはじめ、どの映画がどの賞かは、そう興味はない。だから、映画でベストテンなどといった順位をつけることは無意味と思っている。映画によって、テーマや狙いが異なるので、当然のことである。よく雑誌や新聞などで、映画のベストテンが発表されるが、どうかと思う。選者の価値観が異なるのと同様、映画は、それぞれ、作家の狙い、テーマが異なっている。賞を受けたり、ベストテンに入るような映画は、いずれもが、それぞれ、優れている映画と思う。だから、ベストテンなどの順位付けは、無茶な話である。

さて、「ディーパンの闘い」だが、なによりも、優れた点は、登場人物の造型である。だれもが等身大、まるで、実在の人物と思わせるほどのリアリティ。スリランカの内戦を逃れて、難民としてパリに来る偽装家族の話が、サスペンスたっぷりに展開する。もちろん、現実の話に基づいている。

Related article

  • 今週末見るべき映画「神様メール」
    今週末見るべき映画「神様メール」
  • 今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
    今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
  • 今週末見るべき映画「グランド・ブダペスト・ホテル」
    今週末見るべき映画「グランド・ブダペスト・ホテル」
  • ナイスガイズ! 【今週末見るべき映画】
    ナイスガイズ! 【今週末見るべき映画】
  • アート好きは、この秋必見「ハーブ&ドロシー」
    アート好きは、この秋必見「ハーブ&ドロシー」
  • 今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」
    今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
  • 4
    男のキッチンはビルトイン家電で決まる|Guys in the Kitchen#03
  • 5
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 6
    サイレントコメディー・デュオ「が〜まるちょば」が日本展開
  • 7
    今週末見るべき映画「セブン・デイズ・イン・ハバナ」
  • 8
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 9
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 10
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加