今週末見るべき映画「火の山のマリア」

2016年 2月 12日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

外国の映画を見る楽しみ、喜びのひとつは、あまり知られていない、その国の自然や、文化、風俗にふれることだろうか。グアテマラという南米の国の映画「火の山のマリア」(エスパース・サロウ配給)は、コーヒーやマヤ文明の栄えた地域くらいしか知らない国グアテマラの、火山のある高地に暮らす人たちの日常が、きめ細かく綴られる。


マリアという17歳になる少女がいる。電気や水道のない家に住んでいる。マリアは、両親とともに、豚や鶏を飼育し、畑でトウモロコシなどの穀物を栽培し、コーヒーを植える。伐採した木を頭に載せて、運ぶ。これが、貴重な燃料になる。家も土地も借地だから、地主がいる。その年の収穫がぐんと減ったりすると、別の農地に移ることになる。マリアたちは、火山の神を信仰し、敬虔な祈りを捧げる。住人たちは、いまなお、先人の多くの言い伝えを信じている。マリアは、貧しいコーヒー農園で働くぺぺという若者と親しい。ぺぺの夢は、アメリカに行って働くこと。マリアの両親は、先妻を亡くした地主のイグナシオに、マリアを嫁がせようとしている。マリアは、ぺぺといっしょにアメリカに行こうとして、ぺぺの要求を受け入れてしまう。そして、マリアはぺぺの子供を宿す。


スペイン人が征服した地だが、マヤの血を引く人たちみんなが、スペイン語を話せるわけではない。無知が生む誤解がある。無知がゆえの悲劇もあるだろう。それでも、マリアたちの暮らす場所は辺境の地だが、どのようなことが起きても、ここで生きていくしかない。この生きていこうとするエネルギーが、いつ噴火してもおかしくない火山の、秘めたエネルギーを連想させる。 

Related article

  • 今週末見るべき映画「ヤギと男と男と壁と」
    今週末見るべき映画「ヤギと男と男と壁と」
  • セザンヌと過ごした時間 【今週末見るべき映画】
    セザンヌと過ごした時間 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」
    今週末見るべき映画「イヴ・サンローラン」
  • 第17回東京フィルメックスが閉幕 最優秀作品賞は「よみがえりの樹」
    第17回東京フィルメックスが閉幕 最優秀作品賞は「よみがえりの樹」
  • 今週末見るべき映画「ヴィオレットーある作家の肖像ー」
    今週末見るべき映画「ヴィオレットーある作家の肖像ー」
  • 今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」
    今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    Interview:ピエール・シャルパン氏・ジャパンクリエイティブ
  • 2
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 3
    ロンドン最新ホテル(2)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 4
    音と時間が奏でる現象のサウンドスケープ、八木良太展
  • 5
    ポルシェの技術が集結した「ポルシェ バイク」、6年ぶり
  • 6
    「フラットな白い空間」 デザインタイド トーキョーの会場
  • 7
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 8
    出発からシドニーへ|疾走オーストラリア、9000kmの旅#01
  • 9
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 10
    フィアット500、チンクチェントが50年ぶりに復活

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加