今週末見るべき映画「ルーム ROOM」

2016年 4月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 母は子を想い、子は母を慕う。古今東西、ごくあたりまえのことである。このあたりまえのことが、閉ざされた状況や、それまで経験したことのない「世界」に母と子が遭遇すると、一体どうなるのか。


 「ルーム ROOM」(ギャガ配給)は、母と子が、閉ざされた世界から、現実の開かれた世界に抜け出す。母親にとっては、7年ぶり、5歳の息子にとっては、始めて経験する世界である。映画は、前半と後半で、趣がかなり異なる。カナダ在住の作家、エマ・ドナヒューの書いた原作小説「部屋」(講談社文庫 土屋京子・訳)では、上巻が「インサイド」、下巻が「アウトサイド」と、2冊に分かれている。すべて、5歳の男の子ジャックの視点から、一人称で語られていく。世界的なベストセラーだそうだ。映画化に際して、原作者自身が脚本を書き、一人称の原作を、より客観的に構成し直す。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
    今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
  • 今週末見るべき映画「ビルマVJ 消された革命」
    今週末見るべき映画「ビルマVJ 消された革命」
  • 今週末見るべき映画<番外編>「ヴァチカン美術館 天国への入口」
    今週末見るべき映画<番外編>「ヴァチカン美術館 天国への入口」
  • 今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
    今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
  • 今週末見るべき映画「ウォールフラワー」
    今週末見るべき映画「ウォールフラワー」
  • 今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」
    今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2日は「ピエール・エルメ・パリ」の初売り限定福袋
  • 2
    今週末見るべき映画「母よ、」
  • 3
    ブリーカー コレクション/コーチ、洗練のメンズアイテム(2)
  • 4
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 5
    赤い美容成分配合の エフ キューブ アイ12
  • 6
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 7
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ヘネシー×フューチュラの数量限定アートボトルが発売
  • 10
    メッセージ 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加