今週末見るべき映画「或る終焉」

2016年 5月 27日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年も、カンヌ国際映画祭が無事に閉幕したようだ。コンペティション21作品のなかから、イギリスのケン・ローチ監督が「アイ、ダニエル・ブレイク」で、2度目のパルムドールを受賞。第2位にあたるグランプリ(審査員特別大賞)には、カナダのグザヴィエ・ドラン監督の「イッツ・オンリー・ジ・エンド・オブ・ザ・ワールド」。監督賞が、「パーソナル・ショッパー」を撮ったフランスのオリヴィエ・アサイヤスと、「スティング・バーチカル」を撮ったルーマニアのクリスチャン・ムンギウの二人。脚本賞は、イランのアスガル・ファルハディ監督の「ザ・セールスマン」だった。どの作品も、早く見てみたいと思う。


 ところで、昨年のカンヌ国際映画祭で脚本賞を受けたのが「或る終焉」(エスパース・サロウ配給)だ。このほど、待望の公開となる。脚本・監督は、メキシコ生まれのミシェル・フランコで、まだ30代なかば。タイトルからは、人の命の終焉を描いた作品と思われる。

 映画全体を支配するのは、静謐そのもの。極力、セリフは凝縮され、音楽は、ほんのわずか。バッハの「ヴァイオリンとオーボエのための協奏曲」と、グリークの「ホルベルク組曲」の「サラバンド」。


 事細かな説明は、一切、ない。観客は、看護師の中年男が、余命半年、いわゆる終末期の、死を目前にした患者の介護の日々につきあい、示された映像から、全体を推察、想像することになる。

 ドラマはいたってシンプル。奇をてらったりはしない。妻、娘と別居中のデヴィッドは、看護師である。肉親が驚くくらい親身に、余命いくばくもない患者を介護し、世話をする。患者が亡くなる。デヴィッドは、いつもではないが、葬儀に参列することもある。ある患者の介護を引き受ける。いつもの通り、デヴィッドは、親身に患者と接する。デヴィッドは、患者から、ある依頼を受ける。

Related article

  • 今週末見るべき映画「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」
    今週末見るべき映画「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」
  • 今週末見るべき映画「やがて来たる者へ」
    今週末見るべき映画「やがて来たる者へ」
  • 今週末見るべき映画「アリスのままで」
    今週末見るべき映画「アリスのままで」
  • 今週末見るべき映画「不屈の男 アンブロークン」
    今週末見るべき映画「不屈の男 アンブロークン」
  • 今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
    今週末見るべき映画「小屋丸 冬と春」
  • 今週末見るべき映画「ファッションを創る男~カール・ラガーフェルド~」
    今週末見るべき映画「ファッションを創る男~カール・ラガーフェルド~」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加