今週末見るべき映画「ラスト・タンゴ」

2016年 7月 8日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 アルゼンチン・タンゴの、演奏、歌もさることながら、踊りもまた、大好きである。タンゴの踊りが、いかに素晴らしいかは、いろんな映像を見るとよく分かる。男と女が寄り添い、抱き合い、絡みつくように、踊る。セクシーそのもの、である。


 映画「ラスト・タンゴ」(アルバトロス・フィルム配給)は、タンゴの踊りの名手、1931年生まれのフアン・カルロス・コペスと、1934年生まれのマリア・ニエベスが、それぞれの人生を振り返ったドキュメンタリーだ。

 公開日は、偶然なのか意図的かは分からないが、この7月9日である。7月9日は、スペイン語で「ヌエベ・デ・フリオ」、アルゼンチンの独立記念日である。独立記念日の7月9日を、そのままタイトルにした、器楽演奏だけの古典タンゴの傑作があるくらい。また、ブエノスアイレスの通りにも、7月9日通りがあって、コリエンテス通りと交わる共和国広場にそびえるオベリスクは、映画のなかに出てくる。


 フアン・カルロス・コペスと、マリア・ニエベスは健在である。フアンは83歳、マリアは80歳。フアンは、老いたとはいえ、なかなかの伊達男で、精悍な表情である。やや後退してはいるが、オールバックの髪の毛が艶やか。マリアは、赤く染めた毛で、表情やその語り口からは、勝ち気な性格を思わせる。

 ふたりは、「アトランタ」というタンゴを踊る店で出会う。フアンは17歳、マリアは14歳だった。フアンはマリアを誘い、踊り始める。マリアの家は極貧だった。ゴミのなかから骨を拾い、スープにしたという。幼いマリアは、あきビンを人形に見立てる。ラジオから流れるタンゴやミロンガが、マリアを魅了する。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」
    今週末見るべき映画「ヴィヴィアン・マイヤーを探して」
  • 今週末見るべき映画「ドストエフスキーと愛に生きる」
    今週末見るべき映画「ドストエフスキーと愛に生きる」
  • 「第29回東京国際映画祭(2016)」上映作品、見どころは
    「第29回東京国際映画祭(2016)」上映作品、見どころは
  • 今週末見るべき映画「KANO―カノ―」
    今週末見るべき映画「KANO―カノ―」
  • 「五日物語-3つの王国と3人の女-」【今週末見るべき映画】
    「五日物語-3つの王国と3人の女-」【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画Part 1 「東ベルリンから来た女」
    今週末見るべき映画Part 1 「東ベルリンから来た女」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 2
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 3
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 4
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 5
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 6
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 7
    カッシーナ・イクスシー 青山本店に「カトリーヌ・メミ新コーナー」
  • 8
    冨永愛15周年エキシビション、未来へのメッセージをインタビュー
  • 9
    ジャン・コクトーの自邸公開、カルティエを愛した詩人
  • 10
    ホワイトデーにルイ・ヴィトン「モノグラム フラワー」をリクエスト

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加