今週末見るべき映画「イレブン・ミニッツ」

2016年 8月 19日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 上映時間は81分だが、「イレブン・ミニッツ」(コピアポア・フィルム配給)は、タイトル通り、さまざまな人たちの、午後5時から5時11分までの、11分間の出来事を描く群像劇だ。そもそも人生には、短い時間のあいだに、何が起こっても不思議はない。わずか11分のあいだに、とてつもない事件に出会うことだってある。何でもない日常に、とつぜん、たいへんなことが身の上にふりかかることもあるだろう。


 製作、監督、脚本は、ポーランドのイエジー・スコリモフスキである。前作の「エッセンシャル・キリング」では、アメリカ軍の追跡から、必死に逃げ延びる兵士の辿った道を、セリフのないまま、鮮やかに描ききった。ことに、生き延びようとする兵士役のヴィンセント・ギャロの力演が、光った。本作は、一転、クセのありそうな多くの人物が登場する群像劇だが、ここでもまた、少ないセリフ、きめ細かい心理描写から、監督の鋭い人間観察が堪能できる。

 精緻なまでに計算された構成、編集だ。スリリングである。わずか11分に展開する11人の人物たちの行動。いわくありげに見えるが、市井の人たちである。人間の欲望や愛、嫉妬、憎しみといった、さまざまな感情が、きめ細かく、描き込まれている。


 いずれのドラマも、実人生で起こりうることである。ところが、5時11分、起こりうるようなドラマが、突如、まったく信じられないような「出来事」に収斂していく。

 変化のある見せ方、撮影である。低いアングルから俯瞰、スローモーションなど多彩。飛行機やバイクの音、救急車のサイレンなど、エピソードの繋がり、重なりに、絶妙の効果を添える。精彩に富むサウンドスケープといえる。

 早いテンポで、驚愕のラストに突入する。こういった表現は、映画というメディアだけにしか出来ないのではないかと思う。人間を、そして世の中を、知り尽くした人にだけ、なしうる表現と思われる。

Related article

  • 名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
    名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
  • 今週末見るべき映画「パラノーマル・アクティビティ」
    今週末見るべき映画「パラノーマル・アクティビティ」
  • 今週末見るべき映画「ソング・オブ・ラホール」
    今週末見るべき映画「ソング・オブ・ラホール」
  • セレブリティ100人が証言する、女流写真家のドキュメンタリー
    セレブリティ100人が証言する、女流写真家のドキュメンタリー
  • 今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」
    今週末見るべき映画「ハーブ&ドロシー」
  • 今週末見るべき映画「サイの季節」
    今週末見るべき映画「サイの季節」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    春、新生活に買うべきミラーは?
  • 2
    いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
  • 3
    フォトギャラリー:Art Baselにカルティエ「ビートたけし/北野武」展?
  • 4
    開幕直前!オルセー美術館展2010「舞台裏レポート」
  • 5
    極限のクライマックスへ「ダイ・ハード/ラスト・デイ」
  • 6
    iida第2弾発表、ロボットのコンセプトモデルも
  • 7
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 8
    デザイン文具の「ACME」が表参道ヒルズに
  • 9
    【トーク】ルネサンス三大巨匠編(2)/第一回ヘンタイ美術館
  • 10
    20世紀最強のスイス人デザイナー、マックス・フーバー展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加