今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」

2016年 8月 26日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 相変わらず、居酒屋での多い話題は、上司、同僚、部下への批判、グチである。男性同士、女性同士、男性女性の混成と、どの組み合わせも、である。次いで多いのが、リストラをめぐる話。上司が部下に言う。「このままだったら、飛ばされるぞ」。飛ばされるのなら、まだ、ましかもしれない。転勤、左遷となれば、結果的には、当人が依願退職、つまりはクビ、である。では、次の仕事はといえば、ない。あっても、極端に給与が安くなる。今までのスキルが水の泡となる。


 まだ定年前、還暦前なのに、業績不振とやらで、大幅に給与がカットされた友人がいる。組合のない、小さな広告会社の中間管理職である。体のいい、リストラだろう。

 日本ばかりではない。フランス映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」(熱帯美術館配給)を見ると、フランスもそうなのか、と思う。主人公のティエリーは、51歳で、工作機械の操作員をしている。リストラにあう。職業訓練で、資格を取っても、就職先がない。すでに1年半、経過している。やっと見つかった仕事が、スーパーの監視員。万引きや、店内の不正行為を監視、摘発する。生活費や、住宅ローンの返済に、なんとかメドがつくかと思ったけれど、職場の現実は、ティエリーにとって、耐えがたいものとなる。


 まことに「憂鬱」な話である。定年後、「年金だけではとても暮らしていけない」という友人がいる。定年になるまでに、ある程度の貯蓄があっても、先行きが不安、という。病院の夜警や、ビルの清掃など、安い賃金で、なんとかやっている。体が丈夫なうちはいいが、ちょいと体を壊すと、もう、これっきりである。話す友人も、話を聞くほうも、まことに「憂鬱」である。

Related article

  • 今週末見るべき映画「家族の四季 愛すれど遠く離れて」
    今週末見るべき映画「家族の四季 愛すれど遠く離れて」
  • 今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
    今週末見るべき映画「WISH I WAS HERE 僕らのいる場所」
  • 今週末見るべき映画「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」
    今週末見るべき映画「ホウ・シャオシェンのレッド・バルーン」
  • 今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
    今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
  • 今週末見るべき映画「ゼロ・ダーク・サーティ」
    今週末見るべき映画「ゼロ・ダーク・サーティ」
  • 今週末見るべき映画「ハゲタカ」
    今週末見るべき映画「ハゲタカ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ニーシングの日本上陸30周年を記念する、限定リング登場
  • 2
    時を経た植物の美しさ。叢(くさむら)小田康平氏インタビュー
  • 3
    グリーン ポルシェ!  パナメーラS e-ハイブリッド
  • 4
    東京フィルメックス「木下惠介生誕100年祭」銀座メゾンエルメスでの無料上映も
  • 5
    ドイツ、インテリアファブリックの祭典で見つけたアイディアと新作
  • 6
    #謎1|パーク ハイアット 東京、その謎
  • 7
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 8
    Go East! #02:老舗道具街に新風を。「釜浅商店」
  • 9
    ベロニカとの記憶 【今週末見るべき映画】
  • 10
    ラッキー 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加