今週末見るべき映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」

2016年 8月 26日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 相変わらず、居酒屋での多い話題は、上司、同僚、部下への批判、グチである。男性同士、女性同士、男性女性の混成と、どの組み合わせも、である。次いで多いのが、リストラをめぐる話。上司が部下に言う。「このままだったら、飛ばされるぞ」。飛ばされるのなら、まだ、ましかもしれない。転勤、左遷となれば、結果的には、当人が依願退職、つまりはクビ、である。では、次の仕事はといえば、ない。あっても、極端に給与が安くなる。今までのスキルが水の泡となる。


 まだ定年前、還暦前なのに、業績不振とやらで、大幅に給与がカットされた友人がいる。組合のない、小さな広告会社の中間管理職である。体のいい、リストラだろう。

 日本ばかりではない。フランス映画「ティエリー・トグルドーの憂鬱」(熱帯美術館配給)を見ると、フランスもそうなのか、と思う。主人公のティエリーは、51歳で、工作機械の操作員をしている。リストラにあう。職業訓練で、資格を取っても、就職先がない。すでに1年半、経過している。やっと見つかった仕事が、スーパーの監視員。万引きや、店内の不正行為を監視、摘発する。生活費や、住宅ローンの返済に、なんとかメドがつくかと思ったけれど、職場の現実は、ティエリーにとって、耐えがたいものとなる。


 まことに「憂鬱」な話である。定年後、「年金だけではとても暮らしていけない」という友人がいる。定年になるまでに、ある程度の貯蓄があっても、先行きが不安、という。病院の夜警や、ビルの清掃など、安い賃金で、なんとかやっている。体が丈夫なうちはいいが、ちょいと体を壊すと、もう、これっきりである。話す友人も、話を聞くほうも、まことに「憂鬱」である。

Related article

  • 今週末見るべき映画「シリアスマン」
    今週末見るべき映画「シリアスマン」
  • 「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介
    「第15回東京フィルメックス」閉幕、全授賞作品紹介
  • ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
    ボンジュール、アン 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「シリアの花嫁」
    今週末見るべき映画「シリアの花嫁」
  • 常盤新平―遠いアメリカ―展
    常盤新平―遠いアメリカ―展
  • 今週末見るべき映画「ボーダレス ぼくの船の国境線」
    今週末見るべき映画「ボーダレス ぼくの船の国境線」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「Onyx」の何度でも使える、次世代アイスキューブ
  • 2
    今週末見るべき映画「ヤコブへの手紙」
  • 3
    フォトギャラリー:フェラーリ 599GTO
  • 4
    グッチ銀座から期間限定「ホワイト グッチチョコレート」
  • 5
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 6
    リビング・モティーフの2011年クリスマスギフト
  • 7
    Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 8
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 9
    BMW最新コンセプトにデジタルテクノロジー満載
  • 10
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加