今週末見るべき映画「コロニア」

2016年 9月 16日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1973年9月11日、チリのサンチャゴで軍事クーデターが起こる。倒されたのは、1970年、民主的な選挙で成立した、アジェンデ率いる世界初の社会主義政権である。クーデターを起こしたのは、アメリカの支援を受けたピノチェトである。先週、この顛末を描いた優れたドキュメンタリー映画「チリの闘い」を、本欄でレビューしたが、劇映画「コロニア」(REGENTS、日活配給)は、このクーデターの起こる少し前から始まる、いわばチリ・クーデター外伝のひとつ。もちろん、史実に基づいている。


 映画の舞台となるコロニア・ディグニダ(尊厳のコロニア)は実在した施設で、クーデター直後に成立したピノチェト政権が公認している。表向きはともかく、実際には、反ピノチェト派たちを拘束、拷問する役割を果たしている。ここに拘束され、拷問を受けた反ピノチェト派のドイツ人男性を、その恋人の女性が救出しようとする。政治的理由で拘束された男性の救出という、まさに女性の強さが際だっている映画だ。


 この強い女性レナを、エマ・ワトソンが演じる。かつて「ハリー・ポッター」シリーズで、ハーマイオニーを演じ続けた少女だ。その後、「ウォールフラワー」や「ブリングリング」でティーン役を力演、将来を期待できる女優に成長した。「コロニア」では、初めてといっていい、おとなの役。劇中、なんども走り続け、文字通り、体を張ってのシーンの数々を力演する。長く映画を見続けていると、こういった急成長を遂げる女優に出会えるのが、何ともいえない喜び、楽しみになる。

Related article

  • 愛を綴る女 【今週末見るべき映画】
    愛を綴る女 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「サンシャイン・クリーニング」
    今週末見るべき映画「サンシャイン・クリーニング」
  • 今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
    今週末見るべき映画「ゴダール・ソシアリスム」
  • 午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】
    午後8時の訪問者 【今週末見るべき映画】
  • ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
    ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
  • 今週末見るべき映画「FRANK -フランク-」
    今週末見るべき映画「FRANK -フランク-」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 3
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 4
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 5
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 6
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 7
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 8
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 9
    濱田庄司の生誕120年記念展
  • 10
    フィンランドの現代作家による「Awakening」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加