『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「ある天文学者の恋文」

2016年 9月 21日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ある天文学者の恋文」(ギャガ配給)は、まことに「切ない」ラブストーリー。一口でいってしまうと味気ないが、その「切なさ」がハンパではない。


 著名な天文学者エドと、博士課程に学ぶ教え子のエイミーは、親子ほど年齢が離れているが、もう6年間も愛し合っている。エドは世界じゅうを飛び回るので、なかなか、逢瀬の時間はない。それでも、エドとエイミーは、メールやスカイプで、いつも話し合っている。今日は久しぶりにエドの講義がある。代理の教授は、エドが亡くなったことを学生たちに伝える。驚くエイミー。それでも、エイミーのもとに、エドからのメールや画像、直筆の手紙、エドの画像入りのディスク、いろんなプレゼントが届き続ける。謎である。エイミーは、エドの残した謎を解こうと、エディンバラにあるエドの住まいを訪ねる。


 これほど切ない愛のかたちが映画で描かれることは珍しいのではないか。メールやスカイプ、スマートホンなどが普及したからこそのラブストーリーだろう。ともかく、無限の広がりを持つ宇宙相手の学者とその弟子である。スカイプやディスク画像などでの会話では、たがいの愛の言葉のやりとりだけではない。ほどよいユーモアに裏打ちされた、優れた天文学者のセリフがいっぱい。これが、たまらなく、いい。さらに、多元性宇宙や、ヒッグス粒子、弦理論などがちらりと出てくる。宇宙の謎を解き明かす天文学のために、なくてはならない理論、概念だそうである。

Related article

  • 今週末見るべき映画「マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン」
    今週末見るべき映画「マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン」
  • 今週末見るべき映画「ディーパンの闘い」
    今週末見るべき映画「ディーパンの闘い」
  • 今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」
    今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」
  • 今週末見るべき映画「最強のふたり」
    今週末見るべき映画「最強のふたり」
  • セールスマン 【今週末見るべき映画】
    セールスマン 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「ミモザの島に消えた母」
    今週末見るべき映画「ミモザの島に消えた母」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 2
    希有な体験を生み出す光の空間|吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵
  • 3
    ヨーガン レール「ババグーリの美しい暮らし」展開催中
  • 4
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • 5
    「パーク ハイアット 東京」のクリスマス限定メニュー
  • 6
    追悼:スティーブ・ジョブズ「基調講演の写真で振り返るジョブズ」
  • 7
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム
  • 8
    横尾忠則が描く多彩なポートレイトを集めた展覧会
  • 9
    美と機能の融合! CHEMEXの自動コーヒーメーカー登場
  • 10
    クラチカ ヨシダ 表参道 にて先行&限定販売

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加