今週末見るべき映画「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」

2016年 9月 23日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 痛快、爽快なドキュメンタリーである。「スーパーメンチ -時代をプロデュースした男!-」(ピクチャーズデプト配給)は、オジー・オズボーンやエアロスミス、トーキング・ヘッズ、ガンズ・アンド・ローゼズといった錚々たる面々から多大の敬愛を受けているロック歌手、アリス・クーパーのマネージャーをずっと続けているシェップ・ゴードンの、かなり破天荒だが華麗でもある半生を描いている。


 シェップは、単なる音楽マネージャーではない。多くの有名な映画スターに慕われる。映画製作にも乗り出す。料理などに興味がなくても、レストランを運営し、薄給のシェフたちに、カリスマ・シェフの道を開く。シェップはユダヤ人だが仏教に帰依し、かのダライ・ラマとも親交がある。

 映画の前半に、シェップの若い頃の話が出てくる。大学で社会学を学ぶが、勤め口がない。1968年、少年保護司の資格を得て、やっとロサンゼルス近郊の少年保護施設に就職するが、長髪のために、監視たちに嫌われる。さらに、収容されている少年たちからは袋叩きにあう。


 施設を退職したシェップは、たまたまハリウッドのモーテルのような小さなホテル、ランドマークに立ち寄る。階下から、女性がレイプされているような音を聞いて駆けつけるが、シェップは、被害者らしい女性から殴られる。レイプではなく、レイプを装った行為だったことが分かる。その女性をよく見ると、ジャニス・ジョプリンだった。相手の男性は、ジミ・ヘンドリックス。シェップは、いつも大量のヤクを持っている。みんなで、ヤクを吸う。その場にいたのが、当時、まだ無名だったアリス・クーパーである。話は早い。まだ21歳のシェップは、アリス・クーパーのマネージャーになる。のちに、アリス・クーパーは大ブレイク。結婚に一度失敗したシェップは、いまだ独身だが、アリス・クーパー一家とは家族ぐるみのつきあいで、ふたりの間には、契約書などはない。

Related article

  • 今週末見るべき映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
    今週末見るべき映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
  • エリザのために 【今週末見るべき映画】
    エリザのために 【今週末見るべき映画】
  • The NET 網に囚われた男 【今週末見るべき映画】
    The NET 網に囚われた男 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「やわらかい手」
    今週末見るべき映画「やわらかい手」
  • 今週末見るべき映画「パラノーマル・アクティビティ」
    今週末見るべき映画「パラノーマル・アクティビティ」
  • 今週末見るべき映画「風にそよぐ草」
    今週末見るべき映画「風にそよぐ草」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    新宿に新しい「場所」ブルックリン パーラーがオープン
  • 5
    北米生まれのSUV「FJクルーザー」日本導入へ
  • 6
    ボルボが放つ新世代コンパクトSUV「V40 クロスカントリー T5 AWD」
  • 7
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 8
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 9
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 10
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加