今週末見るべき映画「人間の値打ち」

2016年 10月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 人生にとって、お金とは何か。たくさんあるにこしたことはないが、はたして、お金がすべてなのか。ひょっとして、人生にはお金よりも大切なものがあるのではないか。人の一生とは、結局、この自問自答ではないかと思う。


 「人間の値打ち」(シンカ配給)は、お金持ちや貧乏を問わず、人間にとってお金とは何か、ひいては人間とは、人生とは何かを、しっかりと考えさせてくれる。

 イタリアの北、ミラノ郊外が舞台。上流、中流、下流と、3種類の家庭のいろんな人物が登場する。あるひき逃げ事故をめぐって、三人の人物名が付けられた三つの章に、「人間の値打ち」という最終章が加わる。まことに巧みな構成、叙述である。


 不動産屋のディーノは、一攫千金を狙って、分不相応のファンドに手を出す。富豪の妻カルラは、豪邸に住みながら、自らの境遇に満足しない。カルラの息子とつきあっている高校生のセレーナは、ディーノの娘だが、父親を嫌悪している。事故が起こったその夜、ディーノ、カルラ、セレーナの三人は、どこで、だれといたのか。セレーナは、不幸な家庭の少年ルカと知り合い、事故の起こった夜、いっしょに過ごしている。では、ディーノとカルラは?


 各章は、三者三様、それぞれの視点から描かれる。ちょうど、黒澤明監督の「羅生門」の構成と、少し似ているかもしれない。だからサスペンスたっぷり。人間にとって、富とは、愛とは、豊かさとは何かを、観客のひとりひとりに問いかけてくる。

 計算され、練りに練られた脚本である。映画には、まだまだ、優れた叙述法があるものだと驚く。

Related article

  • 今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」
    今週末見るべき映画「エスケイプ・フロム・トゥモロー」
  • 今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
    今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
  • 今週末見るべき映画「恋するローマ、元カレ元カノ」
    今週末見るべき映画「恋するローマ、元カレ元カノ」
  • 「第30回東京国際映画祭」閉幕ー東京グランプリは「グレイン」に
    「第30回東京国際映画祭」閉幕ー東京グランプリは「グレイン」に
  • ナイスガイズ! 【今週末見るべき映画】
    ナイスガイズ! 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「映画よ、さようなら」
    今週末見るべき映画「映画よ、さようなら」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    BMW最新コンセプトにデジタルテクノロジー満載
  • 2
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 3
    「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
  • 4
    ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿 【今週末見るべき映画】
  • 5
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 6
    フォトギャラリー:イタリアの美しいタイル「ビザッツァ東京」
  • 7
    南西フランス、ミディ・ピレネーへの旅(1)
  • 8
    ドイツのキッチン「ポーゲンポール」広尾にショールーム
  • 9
    スチュアート ワイツマン、銀座・表参道に期間限定ショップ
  • 10
    iPod nanoをアップデート、縦型で17,800円より

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加