今週末見るべき映画「人間の値打ち」

2016年 10月 7日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 人生にとって、お金とは何か。たくさんあるにこしたことはないが、はたして、お金がすべてなのか。ひょっとして、人生にはお金よりも大切なものがあるのではないか。人の一生とは、結局、この自問自答ではないかと思う。


 「人間の値打ち」(シンカ配給)は、お金持ちや貧乏を問わず、人間にとってお金とは何か、ひいては人間とは、人生とは何かを、しっかりと考えさせてくれる。

 イタリアの北、ミラノ郊外が舞台。上流、中流、下流と、3種類の家庭のいろんな人物が登場する。あるひき逃げ事故をめぐって、三人の人物名が付けられた三つの章に、「人間の値打ち」という最終章が加わる。まことに巧みな構成、叙述である。


 不動産屋のディーノは、一攫千金を狙って、分不相応のファンドに手を出す。富豪の妻カルラは、豪邸に住みながら、自らの境遇に満足しない。カルラの息子とつきあっている高校生のセレーナは、ディーノの娘だが、父親を嫌悪している。事故が起こったその夜、ディーノ、カルラ、セレーナの三人は、どこで、だれといたのか。セレーナは、不幸な家庭の少年ルカと知り合い、事故の起こった夜、いっしょに過ごしている。では、ディーノとカルラは?


 各章は、三者三様、それぞれの視点から描かれる。ちょうど、黒澤明監督の「羅生門」の構成と、少し似ているかもしれない。だからサスペンスたっぷり。人間にとって、富とは、愛とは、豊かさとは何かを、観客のひとりひとりに問いかけてくる。

 計算され、練りに練られた脚本である。映画には、まだまだ、優れた叙述法があるものだと驚く。

Related article

  • 第80回アカデミー賞、作品賞・監督賞「ノーカントリー」
    第80回アカデミー賞、作品賞・監督賞「ノーカントリー」
  • 今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
    今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
  • 今週末見るべき映画「顔のないヒトラーたち」
    今週末見るべき映画「顔のないヒトラーたち」
  • 今週末見るべき映画「ホドロフスキーのDUNE」
    今週末見るべき映画「ホドロフスキーのDUNE」
  • 今週末見るべき映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」
    今週末見るべき映画「マイケル・ムーアの世界侵略のススメ」
  • マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 【今週末見るべき映画】
    マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:プレミアムSUV「アウディ Q5」
  • 2
    フォトギャラリー:ドイツ本国仕様の新型BMW Z4
  • 3
    フォトギャラリー:メルセデス・ベンツ 新型「Eクラス」
  • 4
    フォトギャラリー:ポルシェ新型グランツーリスモ「パナメーラ」
  • 5
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 6
    フォトギャラリー:Lexus L-finesse - crystallised wind
  • 7
    フォトギャラリー:アウディ R8 5.2 FSIクワトロ
  • 8
    ミラノのブランドNAVAより新作バッグが登場
  • 9
    フォトギャラリー:モレスキン「Detour」展
  • 10
    フォトギャラリー:BMW史上最速のSUV「BMW X5 M」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加