今週末見るべき映画「われらが背きし者」

2016年 10月 20日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「王子たち、此処に 背きしわざは愛すれど、背きし者は忌み嫌ふ」。ジョン・ル・カレの小説「われらが背きし者」(岩波書店・上岡伸雄、上杉隼人 訳)の冒頭に、イギリスの詩人サミュエル・ダニエルの書いた詩の一節が掲げられる。ル・カレの小説は、どれもおもしろい。その多くが、映画化されている。東西冷戦後、もはやスパイ小説は成立しないかのように言われているが、とんでもない。


 ル・カレ自身、イギリスの外務省の諜報部に所属したこともあるせいか、時代背景や状況設定がリアルに描かれる。スパイものにありがちな、スーパーマンのような人物は登場しない。派手なアクションも皆無。1974年に書いた「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」(映画化されたタイトルは「裏切りのサーカス」)などは、大傑作。主人公のスパイは、妻に浮気される風采のあがらない中年男だ。スパイではあるが、家族との確執を抱えた、ふつうの人間である。


 このル・カレが2010年に書いた小説が映画になった。小説と同じタイトルの「われらが背きし者」(ファントム・フィルム配給)だ。本作もまた、スパイ小説が原作ではあるが、優れた人間ドラマ。旧ソ連から引き継いでいると思われる、ロシアでのマネー・ロンダリングをめぐって、ごくふつうの大学教授が、ロシア・マフィアとMI6(イギリス秘密情報部)の絡んだ事件に巻き込まれていく。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」
    今週末見るべき映画「ヴィンセントが教えてくれたこと」
  • 今週末見るべき映画「マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン」
    今週末見るべき映画「マンガで世界を変えようとした男 ラルフ・ステッドマン」
  • ネルーダ 大いなる愛の逃亡者 【今週末見るべき映画】
    ネルーダ 大いなる愛の逃亡者 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「インビクタス/負けざる者たち」
    今週末見るべき映画「インビクタス/負けざる者たち」
  • マーロン・ブランドも愛したインディアンの文化
    マーロン・ブランドも愛したインディアンの文化
  • 今週末見るべき映画「或る終焉」
    今週末見るべき映画「或る終焉」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    生の一瞬のきらめきを切り取るベッティナ・ランス
  • 2
    日本屈指のテーラー・久保田博氏|『ブルーシアーズ』創立10年目の本音
  • 3
    今を見つめる鮮やかな視点。「路上と観察をめぐる表現史ー考現学以後」
  • 4
    江戸な縁起ものを暮らしに/其の二「江戸扇子/伊場仙」
  • 5
    iMacとMac miniがアップデート、69,800円から
  • 6
    近未来都市「マカオ」、その建築
  • 7
    ボルボ「V70 2.5T R-DESIGN」発売開始
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ラグジュアリーな「三角コーン」って?
  • 10
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加