今週末見るべき映画「われらが背きし者」

2016年 10月 20日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「王子たち、此処に 背きしわざは愛すれど、背きし者は忌み嫌ふ」。ジョン・ル・カレの小説「われらが背きし者」(岩波書店・上岡伸雄、上杉隼人 訳)の冒頭に、イギリスの詩人サミュエル・ダニエルの書いた詩の一節が掲げられる。ル・カレの小説は、どれもおもしろい。その多くが、映画化されている。東西冷戦後、もはやスパイ小説は成立しないかのように言われているが、とんでもない。


 ル・カレ自身、イギリスの外務省の諜報部に所属したこともあるせいか、時代背景や状況設定がリアルに描かれる。スパイものにありがちな、スーパーマンのような人物は登場しない。派手なアクションも皆無。1974年に書いた「ティンカー・テイラー・ソルジャー・スパイ」(映画化されたタイトルは「裏切りのサーカス」)などは、大傑作。主人公のスパイは、妻に浮気される風采のあがらない中年男だ。スパイではあるが、家族との確執を抱えた、ふつうの人間である。


 このル・カレが2010年に書いた小説が映画になった。小説と同じタイトルの「われらが背きし者」(ファントム・フィルム配給)だ。本作もまた、スパイ小説が原作ではあるが、優れた人間ドラマ。旧ソ連から引き継いでいると思われる、ロシアでのマネー・ロンダリングをめぐって、ごくふつうの大学教授が、ロシア・マフィアとMI6(イギリス秘密情報部)の絡んだ事件に巻き込まれていく。

Related article

  • 今週末見るべき映画「フランシス・ハ」
    今週末見るべき映画「フランシス・ハ」
  • 今年の「クリスタル・アンド・ルーシー賞」は誰に?
    今年の「クリスタル・アンド・ルーシー賞」は誰に?
  • 今週末見るべき映画「終わりゆく一日」
    今週末見るべき映画「終わりゆく一日」
  • 今週末見るべき映画「クィーン」「輝ける女たち」
    今週末見るべき映画「クィーン」「輝ける女たち」
  • 今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」
    今週末見るべき映画 「ミリキタニの猫」
  • 今週末見るべき映画「最優秀作品賞は「タルロ」に・第16回東京フィルメックス閉幕」
    今週末見るべき映画「最優秀作品賞は「タルロ」に・第16回東京フィルメックス閉幕」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2日は「ピエール・エルメ・パリ」の初売り限定福袋
  • 2
    今週末見るべき映画「母よ、」
  • 3
    ブリーカー コレクション/コーチ、洗練のメンズアイテム(2)
  • 4
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 5
    赤い美容成分配合の エフ キューブ アイ12
  • 6
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 7
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ヘネシー×フューチュラの数量限定アートボトルが発売
  • 10
    メッセージ 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加