今週末見るべき映画「奇蹟がくれた数式」

2016年 10月 21日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 数学で、まだ証明されていない未解決の問題に、素数に関するリーマン予想がある。素数は、1か自身の数字でしか割り切れない数のことで、2、3、5、7、11、13、17、19……と続く。素数の出現は、バラバラ、無秩序である。たとえば、1000万の前後の100の数を見ると、1000万より100少ないほうの素数は、9999901、9999907、9999929、9999931、9999937、9999943、9999971、9999973、9999991と、9つもある。ところが、1000万を100超える素数を見ると、10000019、10000079の2つしかない。素数の分布は、バラバラ、秩序がないように思える。はたして、素数の出現に、法則性はあるのだろうか。


 素数出現の法則性には、歴代の数学者たちが、頭を悩ましてきた。ベルンハルト・リーマンは、ある予想をする。虚数などの概念を導入し、リーマンは、素数の規則性を予想した。一言で説明するなら、「ゼータ関数の非自明な零点の実部は2分の1である」。さっぱり分からないが、リーマンは、素数の分布の曖昧さ、バラツキに、ひとつの法則性のあることを予想した。

 インドに、独学ながら、シュリニヴァーサ・ラマヌジャンという天才的数学者がいた。若くして結核で亡くなったラマヌジャンは、生前、神がかり的に、リーマン予想とほぼ似た数式を思いつく。映画「奇蹟がくれた数式」(KADOKAWA配給)は、このラマヌジャンの短い生涯を描く。


 1914年のイギリス。ケンブリッジ大学の数学教授のG・H・ハーディは、インドから届いたラマヌジャンの手紙に魅せられる。ときめいている数学者のハーディが、夢中になる。手紙には、ハーディですら驚くような発見が書かれていた。ハーディは、ラマヌジャンをケンブリッジに招く。インド人である。たとえ、数学の天才でも、当時のイギリス人がインド人を見る目は厳しい。ハーディは、ラマヌジャンのために、いろいろと画策を巡らす。

Related article

  • 今週末見るべき映画「しわ」
    今週末見るべき映画「しわ」
  • Apple TVが日本でも発売、映画配信開始
    Apple TVが日本でも発売、映画配信開始
  • 今週末見るべき映画「恐怖分子」
    今週末見るべき映画「恐怖分子」
  • 今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
    今週末見るべき映画「アメリカン・ハッスル」
  • 今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
    今週末見るべき映画「ニューヨークの巴里夫(パリジャン)」
  • 今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」
    今週末見るべき映画「華麗なるアリバイ」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    日本に再上陸を果たしたGRENFELL
  • 2
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 3
    写真というメディアの可能性を考える展覧会
  • 4
    『Adobe Ink & Slide』、日本では年内発売予定
  • 5
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 6
    アクシスギャラリーで中山英之「小さくて大きな家」展
  • 7
    Interview:孤高の鬼才 デザイナー・秋元一彦氏が語る『ROSA RUGA』の気高き世界
  • 8
    ミラノサローネ2010、挑戦を忘れなかったモローゾ
  • 9
    深澤直人&皆川明インタビュー 「ふしとカケラ MARUNI COLLECTION HIROSHIMA with minä perhonen」
  • 10
    マイナス5℃の極寒世界、銀座に「アイスバー東京」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加