今週末見るべき映画「フランコフォニア ルーヴルの記憶」

2016年 10月 28日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 ロシアのアレクサンドル・ソクーロフ監督が、フランス、ドイツ、オランダの資本で、ルーヴル美術館のドキュメンタリーを撮る。もう、この情報だけで、見たいと思う。「エルミタージュ幻想」を撮った人である。当然だろう。「フランコフォニア ルーヴルの記憶」(キノフィルムズ配給)は、この期待に応える、いや、期待以上のすばらしい映画である。


 正確には、ドキュメンタリー映画ではないかもしれない。1940年、ドイツによって占拠されたパリ。ルーヴル美術館をめぐっての史実を再現したドラマが挿入される。

 当時のルーヴル美術館の館長ジャック・ジョジャール(ルイ=ド・ドゥ・ランクザン)は、館内にあるぼう大な美術品を、ナチス・ドイツの手から守るべく、パリ郊外に運び出すよう画策している。フランスとドイツの停戦協定が結ばれたなか、ナチス・ドイツのパリ占拠の将校で、伯爵でもあるヴォルフ・メッテルニヒ(ベンヤミン・ウッツェラート)が、美術品の管理をめぐって、ジョジャールを訪ねてくる。

 ともに、美術品に愛着があり、芸術を愛してやまない人物だが、敵同士であり、胸襟をひらいてまでの会話は成立しない。「ドイツ語は話せるか」と聞くメッテルニヒに、「根っからのフランス人だから」と切りかえすジョジャール。


 ヒトラーがパリに入る。ルーヴル美術館を探し当て、その美しさに驚嘆する。ルーヴル美術館では、ナポレオン一世が登場し、ダヴィッドの傑作「ナポレオン一世の戴冠式」を前に、「これが私だ」と言い、自らが集めてきた多くの美術品を自画自賛する。

 ソクーロフ監督のことである。たくさんのルーヴル美術館所蔵の絵や彫刻を映し出すが、ただ単に、ルーヴル美術館にある美術品を語るようなことはいっさい、しない。あくまでも、優れた美術品を愛してやまない、ひとりの人間からのまなざしで、主観的に映画を描ききる。

Related article

  • 今週末見るべき映画「サウルの息子」
    今週末見るべき映画「サウルの息子」
  • 今週末見るべき映画「ファイティング・シェフ」
    今週末見るべき映画「ファイティング・シェフ」
  • トッド・ソロンズの子犬物語 【今週末見るべき映画】
    トッド・ソロンズの子犬物語 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「GONZO」
    今週末見るべき映画「GONZO」
  • 「小さな園の大きな奇跡」【今週末見るべき映画】
    「小さな園の大きな奇跡」【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「あなた、その川を渡らないで」
    今週末見るべき映画「あなた、その川を渡らないで」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 2
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 3
    村上隆、14年ぶりの大規模個展が森美術館で開催
  • 4
    男のキッチンはビルトイン家電で決まる|Guys in the Kitchen#03
  • 5
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 6
    サイレントコメディー・デュオ「が〜まるちょば」が日本展開
  • 7
    今週末見るべき映画「セブン・デイズ・イン・ハバナ」
  • 8
    ルイス・ポールセンからLEDのデザイン照明
  • 9
    建築家11名によるアイウエアショップが表参道ヒルズに
  • 10
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加