第17回東京フィルメックス(2016) 見どころは キム・ギドク監督最新作も

2016年 11月 2日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 2016年の東京フィルメックスは、数えて17回目。今年は11月19日(土)から11月27日(日)までの9日間、いつもの有楽町朝日ホールと、TOHOシネマズ日劇にて開催される。毎年、小規模ではあるが、上映作品のクオリティの高さで、熱心な映画ファンの注目を集めている映画祭だ。

 ラインナップを眺めていると、いま世界のあちこちが抱えているさまざまな問題に、映画というメディアを通して、誠実に関わろうとする映画作家の思いが伝わってくるようだ。映画は娯楽であってもちっともかまわないが、もっと、多くのことを語り、伝え、訴えるメディアでもある。そのような作品がズラリ。本年は、10本のコンペティション作品、5本の特別招待作品、特別招待作品で、「フィルメックス・クラシック」が5本、特集上映として「イスラエル映画の現在」が2本、合計22作品の上映となる。

 ざっと、内容、見どころを紹介しよう。

 オープニング作品は、特別招待作品の「The NET 網に囚われた男」(韓国・2016年)で、数々の傑作、問題作を撮り続けている韓国のキム・ギドク監督の新作だ。北朝鮮の漁師が、ある事故が原因で国境線を越えてしまう。漁師は韓国の警察に捕まり、拷問を受ける。亡命を強要された漁師は、必死の覚悟で北に戻るが、さらに過酷な運命が待ち受けている。何かと秘密のヴェールに包まれる北朝鮮だが、キム・ギドク監督が、体制に翻弄される漁師をどう描くか、開幕を飾るにふさわしい力作だ。

(C)2016 KIM Ki-duk Film. All Rights Reserved.

 クロージング作品は、やはり特別招待作品の「大樹は風を招く」(香港・2016年)。舞台は、中国返還前夜の香港。実在した3人のギャングが、ある噂から運命が一変する。監督は、ジョニー・トーが主宰する映画祭の受賞監督3人が起用され、3つのパートを分担しての演出となる。フランク・ホイ、シェヴォンズ・アウ、ヴィッキー・ウォンの3人。

(C)2016 Media Asia Film International Limited All Rights Reserved

 コンペティションは10作品。アジアの個性ある新鋭監督の新作がズラリと並ぶ。いずれも2015年、2016年の製作になる。この10作品の中から、最優秀作品賞、審査員特別賞が授与される。

Related article

  • 今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
    今週末見るべき映画「ユゴ 大統領有故」
  • 今週末見るべき映画「ビルマVJ 消された革命」
    今週末見るべき映画「ビルマVJ 消された革命」
  • 今週末見るべき映画<番外編>「ヴァチカン美術館 天国への入口」
    今週末見るべき映画<番外編>「ヴァチカン美術館 天国への入口」
  • 今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
    今週末見るべき映画「地球でいちばん幸せな場所」
  • 今週末見るべき映画「ウォールフラワー」
    今週末見るべき映画「ウォールフラワー」
  • 今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」
    今週末見るべき映画「バツイチは恋のはじまり」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2日は「ピエール・エルメ・パリ」の初売り限定福袋
  • 2
    今週末見るべき映画「母よ、」
  • 3
    ブリーカー コレクション/コーチ、洗練のメンズアイテム(2)
  • 4
    今もっとも注目すべき作家・名和晃平「シンセンス」
  • 5
    赤い美容成分配合の エフ キューブ アイ12
  • 6
    イ・ブル展「この不条理な世界に抵抗したい」
  • 7
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 8
    1960年代の建築運動「メタボリズム」を一望、15日まで
  • 9
    ヘネシー×フューチュラの数量限定アートボトルが発売
  • 10
    メッセージ 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加