刀剣における日本の伝統美を映し出す職人技 日本橋三越本店で河内國平個展「光=映=日本刀」

2017年 3月 23日 19:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本橋三越本店で刀鍛冶の現代の名匠の一人である河内國平氏の個展が2017年3月29日から始まる。

 刀匠・河内國平氏は、大阪で、江戸時代より15代続く400年の歴史ある伝統を継承する名工。1941年、第十四代刀匠河内守國助の次男として生まれ、大学卒業後、日本刀五箇伝のひとつである、相州伝を継承する人間国宝宮入昭平に入門し刀鍛治の技を会得。1972年独立、現在は奈良県東吉野村に鍛刀場を構える。

撮影 宮田昌彦

撮影 宮田昌彦

 高松宮賞、文化庁長官賞、毎日新聞賞など数々の賞を獲得しながら、1984年に技の探究のため別流派である備前伝を習うため人間国宝隅谷正峯に再入門。近年、鎌倉・室町時代の備前伝の古刀に多くみられ江戸時代以降無くなっていた「映り」という地紋の再現に成功して2014年には刀剣界の最高賞である「正宗賞」を受賞した。
 日本橋三越で國平氏の展覧会が開催されるのは、昨年に引き続き今回は二度目で、本展には、國平氏の新作が20振りほど展示、販売される。

Related article

  • 日本橋三越本店でジャズのある暮らしを楽しむ 「〜JAZZのある暮らし〜 JAZZ WEEK」日本橋三越本店
    日本橋三越本店でジャズのある暮らしを楽しむ 「〜JAZZのある暮らし〜 JAZZ WEEK」日本橋三越本店
  • 和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
    和紙デザイナー佐藤友佳理、「呼吸する和紙」で伝統に革新を
  • 「nuri WASARA」が提案する漆の新たな可能性
    「nuri WASARA」が提案する漆の新たな可能性
  • ジノリの食器がオートクチュールのアートピースに
    ジノリの食器がオートクチュールのアートピースに
  • 19世紀パリの世界、ラデュレ日本橋店「サロン・ド・テ」
    19世紀パリの世界、ラデュレ日本橋店「サロン・ド・テ」
  • 優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市
    優れた手業が一同に、2008 CCJ クラフト見本市

Prev & Next

Ranking

  • 1
    オリーブの樹は呼んでいる【今週末見るべき映画】
  • 2
    新技術ヒューマン・セーフティ搭載「ボルボS60」
  • 3
    斬新な九谷焼 「上出・九谷・惠悟展 九谷焼コネクション」
  • 4
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 5
    速報・ミラノで世界最高のデザインを見る―家具見本市やイベントが開催
  • 6
    カルテルから吉岡徳仁デザイン「AmiAmi」が登場
  • 7
    ミラノサローネ2015|Vol.1 代表ブランドの展示を直球レポート
  • 8
    希有な体験を生み出す光の空間|吉岡徳仁 ガラスの茶室-光庵
  • 9
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 10
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加