大英博物館プレゼンツ 北斎 【今週末見るべき映画】

2018年 3月 23日 08:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 葛飾北斎。江戸後期の浮世絵師だ。「富嶽三十六景」のなかの「神奈川沖浪裏」、「凱風快晴」や、世の森羅万象を描いた「北斎漫画」がつとに有名だ。

 北斎は、モネ、ドガ、ゴッホ、ピカソなど、著名な画家に多大の影響を与えた。その影響は画家だけではない。ドビュッシーは、北斎の「神奈川沖浪裏」を見て、交響詩「海」を作曲したという。


 このほど、北斎の人生とその画業に迫ったドキュメンタリー映画「大英博物館プレゼンツ 北斎」(東北新社配給)が公開される。北斎の人生とその画業を讃えて、たいへん刺激的なドキュメンタリーだ。大英博物館のキュレーターのティム・クラークや、北斎の研究者のロジャー・キースなど、北斎に詳しい多くの人たちが、北斎絵画を紹介し、その絵に込められた意味を解説していく。「凱風快晴」にカメラを据え、8K技術を駆使して、細部をクローズアップする。描かれた雲の細部の新しい発見に驚くシーンは、エキサイティングだ。

 圧巻は、昨年の5月、大英博物館で開催された「Hokusai:Beyond the Great Wave」という展示だ。美術史学者のアンドリュー・グラハム・ディクソン、陶芸作家のグレイソン・ペリーらによる詳しい解説とともに、大英博物館に案内される。臨場感たっぷりで、展示会場にいるようだ。

 北斎は1760年生まれ。幼いころからのスケッチ好き。1778年、浮世絵師、勝川春草の門下となり、版木を彫ることから始め、さまざまな画法を学ぶ。当初、「春朗」名で、岩井半四郎や瀬川菊之丞といった歌舞伎役者や、吉原の花魁たちの浮世絵を描く。

 イギリス生まれで、アメリカで活躍している有名なアーティストのデイヴィッド・ホックニーは言う。「北斎はピカソのような神童だった」と。


 やがて北斎は、川柳にあわせた挿し絵や、滝沢馬琴の「椿説弓張月」などの戯作の挿し絵を描き、人気を博する。
 11代将軍、徳川家斉から、絵を描くように請われた北斎は、長く継いだ紙に藍を引き、雄鶏の足に朱を塗って歩かせる。「竜田川の秋の紅葉」と北斎。

 1812年、北斎は名古屋の友人宅に滞在。龍や娼妓をはじめ、さまざまな絵を描く。これが、のちに「北斎漫画」の基になる。ただ漫然と描くことからの命名だ。



 「北斎漫画」のコレクターが、日本の印刷会社と共同で、「北斎漫画」のデジタル・アーカイブを製作している。「北斎漫画」には、さまざまな人物、動植物、歴史的な出来事、自然現象、妖怪など、およそ森羅万象、多くのスケッチが描かれている。ホックニーも驚嘆する。「あらゆるもの、あらゆる人を観察した。そのスケッチはすばらしい、美しい。常に新鮮だ」と。


 還暦をすぎた北斎は、「画狂老人」と名乗る。オランダ人の依頼で、日本の暮らしの風景を捉えた絵を描く。突然、嵐に見舞われる旅人たちに閃光が走る。すでに北斎は、光の処理、遠近法など、いままでの日本画とは異なる手法を身につけている。

 1820年代。北斎に個人的な試練が襲う。軽い脳卒中になる。2人目の妻が亡くなる。賭事で借金が増える。北斎は、「誰が訪ねてこようとも、私は炬燵から離れない。疲れたら傍らの枕をとって眠る。眠りから醒めたら、筆をとって描き続ける」と書き記す。


 1830年代。北斎は、「富嶽三十六景」に着手する。このなかの代表作が、外国では「グレート・ウェーブ」と呼ばれている「神奈川沖浪裏」だ。遠くの富士山、周囲に爪を立てているような雄大な波、漁師たちの人間の営みが、一枚の絵で表現される。


 NHKの8Kカメラが、大英博物館に入る。やはり「富嶽三十六景」のなかの「凱風快晴」、俗称「赤富士」で描かれた雲をクローズアップする。雲の上下が微妙に異なる描き方に驚く。

 90歳で亡くなった北斎の残した言葉がいい。「6歳の頃から物の形を写したいという欲求があった。50歳頃から私の絵は頻繁に発行されてきた。しかし70歳になるまで私の描いた絵は、注目に値しない。73歳になって、何とか、植物や木々の成長、鳥や動物、昆虫、魚の構造が理解できるようになった。こうして80歳になった時には、さらに向上していたいものである。90歳で事物に内在する法則をもっと見抜けるようになり、100歳の時には、私の作品で神聖な状態を達成し、110歳では全ての点やひと筆が、さも生きているようになるだろう」

 映画は、北斎の晩年の作品を紹介する。掛け軸に描いた「虎」と「龍」。最晩年に描いた「富士越龍図」。富士山の麓から黒煙がたちのぼる。黒煙のなかに描かれた白龍が、天に翔上がっていく。死を前にした北斎は言う。「あと5年あれば本当の絵師になれた」。

 天才北斎の魅力を、過不足なく伝えきった傑作ドキュメンタリーだ。(文・二井康雄)

<作品情報>
「大英博物館プレゼンツ 北斎」
(C)Documentary film and guide to exhibition film (C)British Museum
BIG COMIC Manga images in documentary (C)Shogakukan

2018年3月24日(土)、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー
公式サイト

Related article

  • 今週末見るべき映画「最高の人生の見つけ方」
    今週末見るべき映画「最高の人生の見つけ方」
  • 注目の「特別招待作品」~第13回東京フィルメックス~
    注目の「特別招待作品」~第13回東京フィルメックス~
  • "世界を変える"第15回東京フィルメックス 上映作品発表
  • 今週末見るべき映画「家族の四季 愛すれど遠く離れて」
    今週末見るべき映画「家族の四季 愛すれど遠く離れて」
  • 今週末見るべき映画 「朝食、昼食、そして夕食」
    今週末見るべき映画 「朝食、昼食、そして夕食」
  • 今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」
    今週末見るべき映画「クリスマス・ストーリー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    チャールズ&レイ・イームズ夫妻の哲学をひもとく「essential EAMES(エッセンシャル・イームズ)」展開催
  • 2
    メルセデス「SLKシリーズ」がフルモデルチェンジ
  • 3
    スペインとイヌイット文化の融合から生まれた天然石ジュエリー
  • 4
    今週末見るべき映画「バーン・アフター・リーディング」
  • 5
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場
  • 6
    現代骨董 直球勝負。「古道具その行き先 −坂田和實の40年−」
  • 7
    村上隆の版画作品展覧会「版画が好きで造って来ました」
  • 8
    「マレンコ」がミニサイズを限定販売
  • 9
    高級コンフィチュール「ベルベリー」秋の新作カフェメニュー
  • 10
    モダントラッドと建築家の家具―2つのデザイナーズチェア

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加