2018年9月28日(金) 「Play(遊び)」をキーワードに都市の未来を考えるクリエイティブな国際会議「Making the City Playable 2018」開催!

2018年 9月 20日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 英国の公的な国際文化交流機関であるブリティッシュ・カウンシル(所在地:東京都新宿区、駐日代表:マット・バーニー)は、英国ブリストルのメディアセンター、ウォーターシェッド(WATERSHED)と連携し、国際会議「Making the City Playable 2018」を9月28日に東京で開催します。

 本国際会議は、ウォーターシェッドが2012年に立ち上げた、「遊び」を通して都市と人が出会うグローバルなイノベーションプラットフォーム、「Playable City」プログラムの一環で開催されるもので、英国外で初めて開催されます。当日は、国内外で活躍するスピーカーが登壇するほか、8ヶ国の約30名のクリエイター、プロデューサー、研究者なども参加し、基調講演やプレゼンテーション、パネルディスカッションなどを通して、未来の都市のあり方をグローバルな視点で議論します。午後のプログラムでは、ウォーターシェッドが展開している世界のクリエイティブ・プロデューサー育成プログラム、『クリエイティブ・プロデューサー・インターナショナル』の参加者たちがファシリテーターを務めるワークショップを通して、東京におけるPlayable Cityの可能性を探ります。さらに今年の6月、Playable City Tokyo 2018レジデンスプログラムに参加して、東京で滞在リサーチを行った英国の2人のクリエイターが、リサーチから生まれたアイデアを発表します。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向け、世界の注目が高まる東京。変わりゆく東京をもっと自由に、遊び心と創造性の溢れる街へと進化させるヒントを発見する機会となる国際会議です。



【Making the City Playable 2018開催概要】

日時:2018年9月28日(金)10:00-17:45(09:30 受付開始)
会場:ステーションコンファレンス万世橋4階(404ABC)
定員:100名(要事前申し込み)
参加費:3,000円(昼食付、日英同時通訳あり)
お申込方法:申し込みオンラインフォーム (https://peatix.com/event/424005)よりお申し込みください
申し込み締め切り日:9月27日または、定員になり次第締め切り

主催:ブリティッシュ・カウンシル、ウォーターシェッド
共催:JKD Collective株式会社
特別協力:ライゾマティクス・アーキテクチャー、東日本旅客鉄道株式会社
助成:公益財団法人東京都歴史文化財団アーツカウンシル東京

Webサイト: https://www.britishcouncil.jp/programmes/arts/playablecity/conference-2018/details


スピーカー

・クレア・レディントン(ウォーターシェッド、CEO/クリエイティブ・ディレクター、UK)
・齋藤 精一(株式会社ライゾマティクス、代表取締役社長)
・若林恵(blkswn publishers、代表)
・ティーン・ベック(アーティスト、リサーチャー、UK)
・マテアス・ポルソン(Counterplay Festival、デンマーク)
・ジョー・ヴェレント(Unlimited、 プログラム・シニア・プロデューサー、UK)
・田中元子(株式会社グランドレベル、代表取締役社長)
・三輪 美恵(東日本旅客鉄道株式会社、執行役員 事業創造本部 新事業・地域活性化部門部長 兼 品川まちづくり部門部長)

グラフィックファシリテーター:やまざき ゆにこ
(敬称略・登壇順)


スピーカープロフィール

クレア・レディントン(Clare Reddington)
2004年よりウォーターシェッドに勤務。パーヴェイシブ・メディア・スタジオやPlayable Cityなどの創造的なテクノロジープログラムの立ち上げを担った。2014年にはクリエイティブ・ディレクターに就任し、スタジオ部門、エンゲージメント部門、映画部門を統括。2018年にCEOに就任。世界中の文化機関、学術研究者、クリエイターと連携し、インクルージョン(社会包摂)の推進、人材支援、新しいアイデアの創出に携わる。過去に 「REACT」プロジェクトのエグゼクティブ・プロデューサー、西イングランド大学の客員教授などを務める。現在はエマ・ライスが率いるカンパニー「ワイズ・チルドレン」(Wise Children)の会長のほか、ロイヤル・シェクスピア・カンパニーとシアター・ブリストルのボードメンバーを務める。 http://www.watershed.co.uk

齋藤 精一 (Seiichi Saito)
1975年生まれ。建築デザインをコロンビア大学建築学科(MSAAD)で学び、2000年からNYで活動を開始。帰国後の2006年にライゾマティクスを設立。現在、株式会社ライゾマティクス代表取締役、京都精華大学デザイン学科非常勤講師。2013年D&AD Digital Design部門審査員、2014年カンヌ国際広告賞Branded Content and Entertainment部門審査員。2015年ミラノエキスポ日本館シアターコンテンツディレクター、六本木アートナイト2015にてメディアアートディレクター。グッドデザイン賞2015-2017審査員。2018年グッドデザイン賞審査委員副委員長。2020年ドバイ万博日本館クリエイティブアドバイザー。 http://architecture.rhizomatiks.com/  

若林恵(Kei Wakabayashi)
1971年生まれ。編集者。ロンドン、ニューヨークで幼少期を過ごす。早稲田大学第一文学部フランス文学科卒業後、平凡社入社、『月刊太陽』編集部所属。2000年にフリー編集者として独立。以後,雑誌,書籍、展覧会の図録などの編集を多数手がける。音楽ジャーナリストとしても活動。2012年に『WIRED』日本版編集長就任、2017年退任。2018年、黒鳥社(blkswn publishers)設立。著書『さよなら未来』(岩波書店・2018年4月刊行)。http://blkswn.tokyo/

ティーン・ベック(Dr. Tine Bech)
デンマーク、オーフス生まれ、現在ロンドンに在住。分野横断的な活動を展開するアーティスト、「遊び」を専門とする博士。過去に携わった事業や機関:オーフス欧州文化首都事業、ライト・シティー・ボルチモア(Light City Baltimore)(米国)、ロンドン五輪「カルチュラル・オリンピアード」、ロンドン・ブリッジ・ライブアート・フェスティバル(London Bridge Live Art Festival)、デジタル・アート展「On the Edge」(デンマーク)、イスラエル博物館、SIGGRAPH 「Art Gallery」展(ロサンゼルス)、ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(ロンドン)、シェイクスピアが晩年を過ごした住居「ニュー・プレイス」(英国、ストラットフォード・アポン・エイボン)、QVメルボルン(オーストラリア)、Playable City Recife(ブラジル)など。 http://www.tinebech.com/

田中元子(Motoko Tanaka)
株式会社グランドレベル代表取締役。1975年茨城県生まれ。2004年大西正紀と共にクリエイティブユニットmosaki(モサキ)を共同設立。建築やデザインなどの専門分野と一般の人々とをつなぐための建築コミュニケーター・ライターとして、主にメディアやプロジェクトづくりを行う。2013年日本建築学会教育賞(教育貢献)受賞。2014年より「アーバンキャンプ」「パーソナル屋台」等のワークショップを全国に展開。2016年株式会社グランドレベルを設立。2018年「喫茶ランドリー」をオープン。
主な著書に『マイパブリックとグランドレベル —今日からはじめるまちづくり』(2018|晶文社)、『建築家が建てた妻と娘のしあわせな家』(2014|エクスナレッジ)。 http://glevel.jp/ 

ジョー・ヴェレント(Jo Verrent)
「アンリミテッド」(障害のあるアーティストを支援する世界最大規模のコミッションプログラム)のシニア・プロデューサー。アーツカウンシル・イングランドのノーザン・アドバイザリーパネルのメンバー。ライト・ムーブス・フェスティバル・オブ・スクリーンダンス(Light Moves Festival of Screendance)の最優秀賞を受賞し、各国を巡回展示するルーク・ペルとの共同制作ビデオ・インスタレーション《テイク・ミー・トゥ・ベッド》(Take Me to Bed)を制作。コスモポリタン誌の「Woman of Achievement」賞を受賞。 http://www.joverrent.com

マテアス・ポルソン(Mathias Poulsen)
メディア・スタディーズの修士号を取得、現在はコンサルタント、クリエイティブプレイ・ファシリテーターとして活動。
「プレイ・アクティビスト」を自称し、「遊び」を社会に普及させていくための新しいイニシアチブの開発やコミュニティーの醸成に積極的に取り組んでいる。「遊び」や「遊び心」を探求し、育む独自の場としてデンマークの国際フェスティバルCounterPlayを立ち上げ、「遊び」に特化したナショナル・シンクタンクを設立。 http://www.mathiaspoulsen.com/

三輪 美恵(Mie Miwa)
1989年に東日本旅客鉄道株式会社に入社、商業施設の開発、リニューアル、マーケティング及び商業コンサルティング業務を担当。JR東日本グループである株式会社アトレ 取締役 マーケティング開発部長として、駅ビルの大規模リニューアルや新規開発等、多数の案件を手掛け、同 常務取締役 成長戦略室長として海外戦略の展開も行う。2017年から、執行役員として事業創造本部において、新規事業展開や地域活性化、品川新駅(仮称)周辺のまちづくりや新たなくらしづくりを担当している。


ブリティッシュ・カウンシルについて
ブリティッシュ・カウンシルは、1934年に設立された英国の公的な国際文化交流機関です。世界100以上の国と地域で英国と諸外国の文化交流活動を推進しています。日本では60年以上の歴史を誇り、教育と文化を通じて、英国と日本を結ぶ架け橋になることを目指しています。
ウェブサイト: www.britishcouncil.or.jp

Ranking

  • 1
    吉岡徳仁によるスワロフスキー旗艦店が銀座に
  • 2
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 3
    パリの街角vol.1『モンマルトルの丘で。島田順子、KYOKO親子withシンスケ』
  • 4
    インタビュー:マリオ・ベリーニ、名作誕生を語る
  • 5
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 6
    機能充実の次世代型スマートウォレット、『Silo』のMesh Card
  • 7
    フォトギャラリー:吉岡徳仁デザイン「iida X-RAY」
  • 8
    メルセデス・ベンツ「SLシリーズ」7年ぶりに大幅改良
  • 9
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 10
    人と土地のエネルギーを享受する別府の温泉×アート「混浴温泉世界2012」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加