『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ジャズ名盤講座第4回「パシフィック・ジャズ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

2018年 9月 28日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

パシフィック・ジャズの魅力を味わう名盤38選




ビギナー向け19選

大名盤=A 名盤=B 人気盤=C 裏名盤=D 推奨盤=E

1.『ローリンド・アルメイダ/ローリンド・アルメイダ・カルテット』D

★シャンクと組んだアルメイダの名作
 ボサノヴァが誕生する以前に、ブラジル出身のギタリスト、アルメイダがバド・シャンクを含むカルテットで吹き込んだブラジリアン・ジャズ。もともとクラシック・ギターの名手だけあって、アルメイダのプレイはそれほどジャジーなものではない。それでもウエスト・コースト派の錚々たるメンバーに囲まれたことで、ほどよいジャズ・テイストが醸し出される。ギターの素朴な響きがウエスト・コースト・サウンドと自然に溶け合う。

2.『チェット・ベイカー/チェット・ベイカー・シングス』A

★ベイカーを味わうにはこのアルバムから
 シンガーとしてもベイカーは魅力的だった。そんな彼が残した最良のヴォーカルがこの作品で味わえる。中性的でアンニュイなムードが呟くような歌唱と絶妙なマッチングを示す。ウエスト・コースト・ジャズの名手をバックにした歌心が見事だ。「マイ・ファニー・ヴァレンタイン」「マイ・バディ」「バット・ノット・フォー・ミー」といった代表的な名唱が網羅されているし、ベイカーのトランペット・プレイも随所で楽しめる。

3.『チェット・ベイカー・シングス&プレイズ』A

★『シングス』と並ぶベイカーの代表作
 ベイカーがシンガーとしてもトランペッターとしても個性的だったことを示した決定的な名作。絶妙なリリシズムを湛えたそのヴォーカルは、どんな歌をうたっても哀愁が漂う。一方トランペットを吹かせれば、洒落たニュアンスが歌心に解け込んで、これまた他の追随を許さぬ印象的な響きを醸し出す。ウエスト・コースト・ジャズが頂点を迎えつつあった時代に残された、もっとも豊穣な成果のひとつがこの作品で楽しめる。

4.『チェット・ベイカー/ジェームス・ディーン・ストーリー』E

★ベイカー人気にあやかって製作された
 クールな風貌と美男ぶりから“ジャズ界のジェームス・ディーン”と呼ばれたベイカーが、同名映画で使われた曲をジャズ・ヴァージョンとして演奏してみせたもうひとつのサウンドトラック・アルバム。ウエスト・コースト・ジャズ・シーンを代表する人気プレイヤーが結集したことから見事なジャズ作品に仕上がった。絶好調だった時代のレコーディングだけあって、ベイカーのプレイにも繊細この上ないリリシズムが表出されている。

5.『チェット・ベイカー/チェット・ベイカー・カルテット・フィーチャリング・ラス・フリーマン』B

★トランペッターとしてベイカーが真価を発揮
 ウエスト・コーストのジャズ・シーンを代表する人気者・名手が一堂に会していることでこの作品は見逃せない。リーダーシップを取るベイカーとフリーマンはいうにおよばず、リロイ・ヴィネガーもシェリー・マンも当時のシーンではそれぞれの楽器においてナンバー・ワンの存在だった。その4人が、この作品では知的でクールな響きのプレイを繰り広げる。トランペッターとしてのベイカーの存在感もたっぷりしめる素晴らしい1枚。

6.『クリフォード・ブラウン/ジャズ・イモータル』B

★珍しいウエスト・コースト派との共演を収録
 ブラウンがマックス・ローチと組んで双頭クインテットをロサンジェルスで結成したのは1954年春のこと。どちらもニューヨーク派のミュージシャンだったが、彼らはしばらくこの地で活動を継続していく。そんな時期に、ブラウンを中心にレコーディングされたのがこの作品。ウエスト・コーストを代表するミュージシャンとの共演ということで、ここでのブラウンはローチとのクインテット以上に張り切ったプレイを繰り広げる。

7.『ギル・エヴァンス/ニュー・ボトル・オールド・ワイン』D

★ギルのオーケストレーションが堪能できる
 パシフィック・ジャズには数は少ないものの、ニューヨーク派のミュージシャンによるレコーディングがいくつか残されている。それらはいずれも素晴らしい内容で、このオーケストラ作品も例外でない。ギルがマイルス・デイヴィスと組んで意欲的な作品を製作していた時期に残された1枚だが、ここでは先進的な音楽性から離れて、スタンダードの数々が取り上げられている。とはいえ、斬新なサウンドはこのひとならではのもの。

8.『ジム・ホール/ジャズ・ギター』A

★ホールの出世作にして代表的なアルバム
 ジャズ・ギターの第一人者としていまも創造的な活動を続けているホールが若き日に残した傑作。ウエスト・コースト・シーンの精鋭として注目を集めていた時代の吹き込みだけあって、随所で創造的なアプローチが認められる。ギター〜ピアノ〜ベースというオールド・ファッションな編成もホールの意気込みを伝えるもので、彼が敢えてこのスタイルに固執してギターの新たな可能性を追求してみせたところに注目したい。

9.『チコ・ハミルトン/ブルー・サンズ』A

★室内楽を思わせるジャズがクールに響く
 傑作ジャズ・ドキュメンタリー映画『真夏の夜のジャズ』にフィーチャーされていた「ブルー・サンズ」のオリジナル・ヴァージョンを収録したハミルトン・クインテットによる代表的な1枚。この映画とこの曲によってハミルトンの名もいっきに高まった。フルートやチェロをフィーチャーした特徴的な演奏は“室内楽ジャズ”と呼ばれ、小編成ながらウエスト・コーストならではの瀟洒で小粋なアンサンブルを大きな特徴としたものだ。

10.『ジャズ・クルセイダーズ/ウー・ハー』C

★フュージョンの到来を感じさせる人気盤
 1960年代に入ると、パシフィック・ジャズにも黒人ミュージシャンの進出が目立つようになってくる。中でも抜群の人気を誇ったのがジャズ・クルセイダーズで、彼らのソウルフルでファンキーなサウンドは、本拠地の西海岸を中心に広く全米で反響を巻き起こした。ポップでダンサブルなサウンドは、ジャズ・ファンの間で支持されただけにとどまらない。その親しみやすい演奏を網羅しているのが、人気絶頂時に残されたこの作品。

11.『ランバート・ヘンドリックス&ロス/ザ・スインガー』B

★ヴォーカリーズの最高峰が至芸を披露
 ヴォーカリーズは有名ジャズ・ミュージシャンが残したアドリブ・フレーズに歌詞をつけて歌う手法のこと。それにハーモニーまでつけてコーラス化してみせたのがランバート・ヘンドリックス&ロス。マイルス・デイヴィスとホレス・シルヴァーのソロを取り上げた「フォア」や、マイルスとチャーリー・パーカーが歴史的なソロを繰り広げた「ナウズ・ザ・タイム」などが、名うてのミュージシャンをバックにコーラス化されている。

12.『ジョン・ルイス/グランド・エンカウンター』A

★東西を代表するミュージシャンが共演
 モダン・ジャズ・カルテットのジョン・ルイスとパーシー・ヒースが西海岸を代表するミュージシャンと共演した“イースト・ミーツ・ウエスト”的作品。ルイスは東海岸で活躍するピアニストながら、アンサンブルを重視する音楽性に特徴があった。それだけに、ウエスト・コースト・ジャズとも相性がよかったことをこの作品は実証している。取り上げたのはスタンダード・ナンバーで、それを素材に独自のサウンドを追求したアルバム。

13.『チャーリー・マリアーノ/ビューティーズ・オブ1918』D

★西海岸で活躍したパーカー派による名盤
 マリアーノにジェリー・ドジオンというふたりのアルト・サックス奏者をフロントに据えたセクステット作品。どちらもチャーリー・パーカーに影響を受けているだけに、一卵性双生児的なアルト・バトルが繰り広げられる。とはいっても、東海岸で盛んに演奏されていたビバップの響きとはかなり違う。ヴァイブのヴィクター・フェルドマンやピアノのジミー・ロウルズが参加したことで、洒落たアンサンブルも随所で楽しめるからだ。

14.『ジェリー・マリガン/オリジナル・ジェリー・マリガン・カルテット』A

★ウエスト・コースト・ジャズの原点が聴ける
 10インチ盤で発売された1作目にボーナス・トラックを加えたオリジナルのマリガン・カルテットによる初期演奏集。モザイク盤で陽の目を見た「ヘイグ&ヘイグ」をはじめ、それまで他の作品に分散されていた演奏が纏められたことはファンにとって有り難い。マリガンとチェット・ベイカーのコンビネーションが当時の東海岸におけるサックス&トランペットのコンビネーションとまったく違う響きになっている点も要注目。

15.『ジェリー・マリガン/カリフォルニア・コンサーツVol.1』B

★マリガン・カルテットによるカレッジ・ライヴ
 チェット・ベイカーが抜けたあと、マリガンは後任のトランペッターにジョン・アードレーを迎え、引き続きピアノレス・カルテットを継続させる。その時期にこのライヴ・レコーディングは残された。他のメンバーもレッド・ミッチェルとチコ・ハミルトンに一新され、ベイカーというスターは抜けたものの、バンド自体は以前にも増して魅力的な演奏を繰り広げるようになった。ソロの緻密な構成にも磨きがかかり、絶頂期を思わせる。

16.『ジョー・パス/ジャンゴに捧ぐ』A

★パスの代名詞的な作品
 スイング時代にステファン・グラッペリと共に一世を風靡したギタリストのジャンゴ・ラインハルトに捧げたこの吹き込みは、パスにとって最重要作品のひとつに数えられている。ジョン・ピサノをサイド・ギターに迎えたのもジャンゴのスタイルを踏襲したものだ。全編にわたって彼に通じる哀愁を帯びたギター・プレイが堪能できるのも嬉しい。とはいっても、ジャンゴのコピーではなく、あくまでパスの個性を横溢させたプレイが続く。

17.『ビル・パーキンス/ジャスト・フレンズ』B

★パーキンスが残した貴重な吹き込みを収録
 パーキンスは実力の割に大きな評価を受けないまま終わってしまった。しかしここに記録されたアート・ペッパーとの2サックス・クインテットおよびハンプトン・ホーズを含むこれまた2サックス・クインテットによる2セッションを聴けば、素晴らしさはわかるはず。どちらもパーキンスが洒落たヘッド・アレンジを施し、いかにもウエスト・コースト・ジャズらしい作りになっている。名手に囲まれて彼が本領を発揮した1枚である。

18.『アニー・ロス/アニー・ロスは歌う』A

★マリガン〜ベイカーの黄金コンビが復活
 人気コーラス・グループ、ランバート・ヘンドリックス&ロスの一員として知られるウエスト・コースト・ジャズの歌姫ロスが残した最高傑作。何といっても5曲でジェリー・マリガン〜チェット・ベイカーによるピアノレス・カルテットが再結成されているところに興味は向かう。ジャジーな伴奏を得て、ロスが飛びきりご機嫌な歌唱を披露するところも聴きもの。ハスキーながらクールなムードを湛えた彼女のヴォーカルが印象に残る。

19.『バド・シャンク/バド・シャンク・カルテット』B

★シャンクが絶頂期に残した代表作
 ウエスト・コースト・ジャズを代表するアルト奏者シャンクの代表的な1枚。ピアニストのクロード・ウィリアムソンが中心となったトリオをバックに、ワン・ホーン・カルテットでシャンクが独特のモダニズムを披露する。彼のサウンドはクールな響きの中にウォームな表現を混在させたもので、そうしたスタイルがこの作品ではナチュラルな表情を示す。スタンダード半分、ジャズ・オリジナル半分というレパートリー構成も興味深い。



Related article

  • ジャズ名盤講座第30回「Concord編」ビギナー向け14選!マスター向け14選!
    ジャズ名盤講座第30回「Concord編」ビギナー向け14選!マスター向け14選!
  • ジャズ名盤講座第34回「Capitol編」Capitolの魅力を味わう名盤ビギナー向け24選!マスター向け24選!
    ジャズ名盤講座第34回「Capitol編」Capitolの魅力を味わう名盤ビギナー向け24選!マスター向け24選!
  • ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • Selim Slive Elementz 第2弾 Live Recording音源 Ultra Vybeより発売
    Selim Slive Elementz 第2弾 Live Recording音源 Ultra Vybeより発売
  • ジャズ名盤講座第23回「MPS編」
    ジャズ名盤講座第23回「MPS編」
  • ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第4回「パシフィック・ジャズ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 2
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 3
    デザインマイアミ/バーゼル2010 詳細レポート
  • 4
    大人のためのあみぐるみ。タカモリ・トモコさんインタビュー。
  • 5
    フォトギャラリー:プレミアムコンパクト・クロスオーバー「XC60」
  • 6
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 7
    新型グランツーリスモ「フェラーリ・カリフォルニア」価格発表
  • 8
    アラン・デュカスの“パリのお気に入り”が体験できる1週間
  • 9
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 10
    はじめてのおもてなし 【今週末見るべき映画】

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加