『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

ジャズ名盤講座第6回「プレスティッジ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

2018年 10月 12日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ名盤講座



All About Prestige(ビギナー向け講座)



1.ビギナー向け講座

 ボブ・ワインストックがニュー・ジャズ(直後にプレスティッジと名義変更された)を設立したのは1949年のことだ。この時点で彼ははたちに過ぎなかった。しかしそれ以前からワインストックは父親の影響もあって、熱心なレコード・コレクターであり、それが嵩じて1945年からレコードの通販事業を始め、1948年にはマンハッタンの西47丁目で「ジャズ・レコード・センター」なるレコード店をオープンするまでになっていた。

 そのワインストックがレコード会社を興したのはケニー・クラークと知り合ったことによる。クラークは仕事でジャズ・クラブに向かう途中、いつも「ジャズ・レコード・センター」の前を通っていた。そんなある日、彼が店に入ってきて、外に設置したスピーカーから流れている音楽に対しお礼をいったのである。

「いつもいい音楽(ジャズ)を流してくれてありがとう」

 このひとことがきっかけで、ふたりは親しい友人になる。そしてそれがきっかっけで、クラークは多くのミュージシャンをワインストックに紹介するようになった。レーベルを興す気持ちになった一番大きな理由がこれである。そしてこの時期、もうひとりの重要な人物と彼は出会っている。ダイアル・レコードのロス・ラッセルだ。そのことについては、ワインストックのこんなコメントがある。

「わたしはダイアルが出したバード(チャーリー・パーカー)のレコードを、自分でも驚くほど多く売っていた。それでロス・ラッセルと親しくなったんだ。当時の彼はダイアルを閉鎖しようと考えていた。わたしはロスに、自分のレコード会社を始めたいと話していた。バードとディジーに関してはRCAが押さえていたので、彼らをレコーディングすることはできない。しかしマイルス・デイヴィスとリー・コニッツなら将来のバードとディジーになるかもしれない。それをさらに発展させようと、わたしはこのふたりにスタン・ゲッツも加えてみることにした。コニッツにアイディアを話したところ、レコーディングすることに同意してくれたんだ。わたしたちは準備を整え、最後の最後にレニー・トリスターノも起用することに決めた」

 こうしてワインストックは自身のレーベルをスタートさせたのである。マイルスはキャピトルとの契約が切れたところだった。ところが『クールの誕生』はあの時点で一般に受け入れられておらず、そのせいかどうかわからないが、彼はシーンから姿を消していた。誰もマイルスがどこにいるのかを知らない。そこでワインストックはシカゴの知人にマイルスを探してもらう。

 イースト・セントルイスの実家にマイルスが戻っていたと知るのは、プレスティッジ(ニュー・ジャズ)がスタートした直後のことだった。ワインストックは郵送で契約書を送り、サインされた書類が戻ってくると、今度はニューヨークまでの旅費を送金したという。

 マイルスがプレスティッジでレコーディングを始めるのは1951年からだ。そしてこのころから吹き込みの量が増えたプレスティッジで、ワインストックの仕事を手伝い始めたのが評論家のアイラ・ギトラーである。ソニー・ロリンズはその彼が初期に手掛けたアーティストのひとりだ。

「ボブはいつでもプレス(レスター・ヤング)とバードを自分のレーベルで録音したがっていた。その結果、プレスに関しては夢がかなわなかったけれど、偽名ながらバードはレコーディングすることができた。チャーリー・チャンという名前を使ったんだ」

 ギトラーの言葉である。そのレコーディングとは、マイルスが1953年に録音した『コレクターズ・アイテム』のことだ。

 もうひとり、この時期のワインストックにとって重要なアーティストがセロニアス・モンクである。ワインストックがモダン・ジャズに興味を持つきっかけを作った人物がモンクだった。それというのも、レコード店を経営していた当時、彼はブルーノートのレコードも数多く扱っていた。ブルーノートのオーナーであるアルフレッド・ライオンから直接仕入れていたのである。

「ある日、アルフレッドが自分の作った最初のモンクのSP盤を持ってきた。わたしは彼の判断を信頼していたから、もし彼が何かあるといえば、わたしはその言葉を信じることにしていた。とにかくモンクには魅了されてしまった。それで、彼が契約できる状況になったと知ってすぐにサインした。しかしレコードはまったく売れなかった」

 モンクがプレスティッジでレコーディングするようになったのは1952年のことだ。まだレーベルは黎明期にあった。ビジネスとしても、基盤はあやふやなもので、いつ潰れてもおかしくない状態だった。しかし、このころからイースト・コーストではジャズがブームを迎えるようになってくる。マイルスが中心になって始めたハード・バップに脚光が集まるようになってきたからだ。



Related article

  • ジャズ名盤講座第25回「Philips編」ビギナー向け19選!マスター向け19選
    ジャズ名盤講座第25回「Philips編」ビギナー向け19選!マスター向け19選
  • ジャズ名盤講座第37回「Candid+Black Lion & Freedom編」Candidの魅力を味わう名盤38選!Black Lion&Freedomの魅力を味わう9選!
    ジャズ名盤講座第37回「Candid+Black Lion & Freedom編」Candidの魅力を味わう名盤38選!Black Lion&Freedomの魅力を味わう9選!
  • ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
    ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!
  • ジャズ名盤講座第21回「サヴォイ編」
    ジャズ名盤講座第21回「サヴォイ編」
  • ジャズ名盤講座第18回「リバーサイド編 Part1」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第18回「リバーサイド編 Part1」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • ジャズ名盤講座第33回「Enja+Steeplechase」Enja24選!Steeplechase24選!
    ジャズ名盤講座第33回「Enja+Steeplechase」Enja24選!Steeplechase24選!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 5
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 6
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 7
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 8
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 9
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)
  • 10
    コスチュームデザイナー・ARAKI SHIRO(前篇)|『構築的耽美主義、目指すは世界』|Interview

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加