TalkLive動画:dublab.jp Radio Collective #183 “rings radio” @ excite cafe(18.10.25)

2018年 11月 19日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

毎月、excite cafeから生配信している、LAに拠点を持つインターネットラジオ団体「DUBLAB」の日本ブランチdublab.jpのラジオプログラム。10/25放送内のライブ動画をお届けする。




10月25日の放送は、ringsのレーベル・プロデューサーを務める原 雅明による番組 “rings radio” の第12回目です。今回は、 Ovallをはじめいくつものユニットで活動する他、ソロ・アルバム『Blurred』もリリースしたばかりのプロデューサー/ドラマーmabanua (マバヌア) さんをゲストに招きます。mabanuaの音楽性を形成してきたさまざまな音楽を紹介しながらのトークをお楽しみください。

dublab.jp Radio Collective #183 “rings radio”@ excite cafe
日時:2018年10月25日(木曜日)20:30〜22:00
labrat DJ : 原 雅明
Guest: mabanua
会場:excite cafe





■ Masaaki Hara
レーベルringsのプロデューサーやRed Bull Radio「Tokyo Tangents」の選曲、LAの非営利ネットラジオ局の日本ブランチdublab.jpのディレクター、DJも務め、都市や街と音楽との新たなマッチングにも関心を寄せる。新著『Jazz Thing ジャズという何か——ジャズが追い求めたサウンドをめぐって 』(DU BOOKS)。
www.ringstokyo.com
www.redbullradio.com/shows/tokyo-tangents



■ mabanua (マバヌア)
日本人ドラマー、プロデューサー、シンガー。
ブラック・ミュージックのフィルターを通しながらもジャンルに捉われないアプローチで全ての楽器を自ら演奏し、国内外のアーティストとコラボして作り上げたアルバムが世界各国で話題に。また、プロデューサーとして100曲以上の楽曲を手がけ、多数のCM楽曲や映画、ドラマ、アニメの劇伴も担当。
またToro y Moi、Chet Faker、Madlib、Thundercatなど海外アーティストとも多数共演。
さらに、Shingo Suzuki、関口シンゴとのバンド “Ovall” としても活動し、大型フェスの常連となる。
また、ビートメイカーBudamunkとのユニット “Green Butter”、タブラ奏者 U-zhaan と共に “U-zhaan × mabanua”、ASIAN KUNG-FU GENERATION 後藤正文のソロプロジェクト “Gotch BAND” のメンバーとしても活動中。

mabanua is a Japanese drummer, producer, and singer who has definitely made his mark in the Japanese music scene in the past 10 years. A multi-instrumentalist who has collaborated with some of the biggest starts in the J-pop music scene, to some of the dopest rappers in the underground scene. His production catalogue exceeds well over 100 songs. Not only has he been indispensable in the music scene, he has been responsible for creating music for film, television, and anime. In addition, he has played with a number of overseas artists such as Toro y Moi, Chet Faker, Madlib, and Thundercat. As a member of the Japanese band “Ovall”, he has played at some of biggest festivals here in Japan.


mabanua.com

Playlist:
1. Time Grove / Indopia (rings)
2. Slum Village / Tell Me (Barak)
3. J. Dilla / Jungle Love (Stones Throw)
4. Hawk House / Chill Pill (Experiment 2) (Virgin EMI)
5. Nick Hakim / Cuffed (ATO)
6. Unknown Mortal Orchestra / Hunnybee (Jagjaguwar)
7. College Feat. Electric Youth / A Real Hero (Sony)
8. Tennis / Night Vision (Communion)
9. Toro y Moi / Girl Like You (Carpark)
10. Childish Gambino / Feels Like Summer (Wolf+Rothstein)
11. Chvrches / Graffiti (Virgin EMI)
12. Fleet Foxes / Blue Ridge Mountains (Bella Union)
13. The Band / It Makes No Difference – Concert Version (Warner Bros.)
14. Flo Morrissey and Matthew E. White / Look At What The Light Did Now (Glassnote)
15. Cool Uncle / Game Over (Featuring Mayer Hawthorne) (Fresh Young Minds)
16. Electric Guest / Dear to Me (Downtown)
17. mabanua / Night Fog (origami PRODUCTIONS)


■DUBLABとは?
dublab.jpは、アメリカ、ロサンゼルスの非営利ネット・ラジオdublabの日本ブランチです。
dublabが長年に渡り親密な関係を築 いてきた日本で有志により 2012年に設立されました。
1999年に設立されたdublabは、アメリカのみならず、世界中に多くのリスナーを持ち、絶大な支持を集めてきました。
通常のラジオとは異なり、完全に自由に楽曲のセレクトを許されたdublabのDJたちが、ジャンルの壁を越え、カテゴラズできない音楽も積極的に紹介してきました。
また、音楽のみならず、アート、カルチャーを広めることを目的とする非営利団体として、アート展、フィルム・プロジェクト、イヴェント・プロデュース、レコード・リリースも手掛けています。
現在では、日本のdublab.jpの他に、ドイツのdublab.de、スペインのdublab.esの活動もスタートし、dublabの自由な理念は、ワールドワイドな拡がりを見せています。


dublab.jp Radio Collective #183 “rings radio” @ excite cafe(18.10.25)
[excite music]mabanua、自身の音楽性を形成したプレイリストを紹介/収録レポート

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 3
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 4
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • 5
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • 6
    フランス映画祭、見どころ|2015
  • 7
    ポイント倍率が最大3倍の新しいクレジットカード
  • 8
    今週末見るべき映画「おみおくりの作法」
  • 9
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 10
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加