ジャズ名盤講座第13回「コロムビア/CBS/エピック編パート2(1960-1979)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

2018年 11月 30日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ名盤講座

Columbia/CBS/Epicの魅力を味わう名盤38選




ビギナー向け19選

大名盤=A 名盤=B 人気盤=C 裏名盤=D 推奨盤=E

1.ビギナー向け19選
1.『レイ・ブライアント/コン・アルマ』C

★タイトル曲が人気の好盤
 一部のファンから高く評価されているレイ・ブライアントだが、本作のヒットで一躍人気ピアニストの仲間入りを果たした。ブルージーな要素をラテン・フレイヴァーに包んだ表題曲や「クバノ・チャント」をはじめ、「ラウンド・ミッドナイト」、「枯葉」、「C・ジャム・ブルース」などお馴染みの曲がこのひとならではのタッチで綴られる。平易な表現と豪快なアプローチ。そこにブルース・フィーリングも加味されたプレイが痛快に響く。

2.『セロニアス・モンク/ソロ・モンク』B

★モンクを聴くならソロ・アルバム
 特異な奏法と音楽性の持ち主であるピアニストがセロニアス・モンク。それだけに、彼の真髄はソロ・パフォーマンスにある。レギュラー・グループによる演奏も魅力的だが、自分の望むとおりに演奏ができる点ではソロ・ピアノにかなわない。生涯でモンクはソロ・アルバムを何枚か残している。いずれも名盤の誉れ高いが、後期の作品となったこの吹き込みもモンクス・ミュージックが100パーセント堪能できる点で必聴の1枚である。

3.『マイルス・デイヴィス/ESP』A

★ショーターが加わったコンボの初スタジオ作
 マイルス・デイヴィスのクインテットにウエイン・ショーターが加わったのは1964年夏のこと。グループは直後にライヴ盤の『マイルス・イン・ベルリン』(ソニー)を残し、年が明けた1月にこの作品を吹き込む。ショーターが加わったことで演奏が俄然フリー・ジャズ寄りになったことが、それまでのクインテットとは大幅に違う。1960年代黄金クインテットの初期作品ではあるが、この時点でグループのサウンドは傑出していた。

4.『ジョージ・ベンソン/イッツ・アップタウン』E

★若き日にベンソンが残した快作
 R&B畑でも才能を発揮し、ブラザー・ジャック・マクダフのバンドで売り出していたジョージ・ベンソン。その彼による、プレスティッジでのデビュー盤に続くリーダー作。スタンダードを中心にR&Bテイストも盛り込みながらのプレイは、のちのフュージョン・プレイの萌芽を思わせる。テクニシャンで知られる彼だけに、この初期作品でも驚異的なフレージングや聴かせどころがあちこちで認められる。そこに大物の片鱗を感じる。

5.『マイルス・デイヴィス/ビッチェズ・ブリュー』A

★ここからフュージョン時代が始まった
 大胆なエレクトリック・サウンドを追求していたマイルスが、この作品でひとつの完成形を示してみせた。複数のベース奏者やドラムス&パーカッション奏者を起用することで生み出されるポリリズム。複雑なビートの中で、ソロはむしろシンプルなフレーズで演奏されることが多い。しかもジャズでありながら、ロックであったりソウルであったりと、多彩な音楽性が投入されている。そこにマイルスならではの感性が息づいている。

6.『ジョン・マクラフリン/内なる炎』A

★満を持して結成したグループの1作目
 マイルス・デイヴィスのレコーディングで重要な役割を果たしていたギタリストのジョン・マクラフリンが、ついに自身のグループを結成した。ハードなロックに通じるサウンドとマイルス譲りの複雑なポリリズム。それを5人の腕達者が超絶的なプレイを通し、めくるめく展開の中で繰り広げる。その後に『マイアミ・ヴァイス』の音楽で当てるヤン・ハマーの、マクラフリンをも凌ぐ早弾きやビリー・コブハムの重量級ドラミングも最高!

7.『キース・ジャレット/エクスペクテイションズ』D

★見落とされがちなキースの名盤
 キース・ジャレットの作品中では異色の1枚。レギュラー・カルテットにギターとパーカッションを加え、曲によってはストリングスとブラス・セクションも配してスケールの大きな演奏が展開される。しかも4ビートにこだわっていないところが興味深い。マイルス・デイヴィスのグループに参加していた経験がこういう音楽を創出させたのか。キースの繊細な音楽性とダイナミズムが面白い形で融合しているところに一聴の価値がある。

8.『オーネット・コールマン/アメリカの夜』D

★コールマンによる壮大な音楽抒情詩
 オーネット・コールマンは作曲家としても優れた才能の持ち主である。その彼がすべてのアイディアを結集して完成させたオーケストラ作品。ここにはジャズの枠を超えた前衛音楽のあらゆる要素が詰め込まれている。実験的なサウンドであるのはいうまでもない。しかし不思議な落ち着きや穏やかさも伴っている。それはコールマンが奇をてらった音楽を作りあげたのではなく、交響楽団との演奏という様式を有効な形で取り入れたからだ。

9.『ビル・エヴァンス/ライヴ・イン・トーキョー』B

★待望の初来日をアルバム化
 待ちに待ったビル・エヴァンスの初来日をとらえたこのライヴ・アルバムでは、彼がステージでもスタジオ録音と同じ質のリリシズムを発揮することが証明されている。代表的なレパートリーを中心にしたプログラムだが、すべてが新鮮な響きに溢れている。トレードマークのリリカルなタッチとトリオが一体となって演奏するインタープレイ。ホールでの演奏ながら、まるで小さなジャズ・クラブで聴いているような緊密感がスリリング。

10.『ハービー・ハンコック/ヘッドハンターズ』A

★ファンク・ブームを招来させた記念碑的作品
 それまでフリー・ジャズにも視野を向けていたハービー・ハンコックが、一転してブラック・ファンクを取りあげた。シンセサイザーを大胆に駆使したサウンドと躍動感溢れるビート。ヴォーカルこそないものの、このアルバムはジャズ・ファンのみならずポップス・ファンにまで受け入れられてベストセラーを記録する。そして、これによってミュージク・シーンにはファンク・ブームが到来する。シンプルなビートはいま聴いても心地いい。

11.『エラ・フィッツジェラルド/ライヴ・アット・カーネギー・ホール』A

★さまざまな編成をバックに魅力を爆発させる
「ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル」でのライヴ・レコーディング。晴れの舞台ということもあって、懐かしのチック・ウェッブ楽団が再編成されたり、オールスターズやレギュラーの伴奏陣であるトミー・フラナガン・トリオがついたりと、エラ・フィッツジェラルドの魅力がさまざまな形で味わえる。したがってレパートリーも彼女のオールタイム・ヒット的なもので、この2枚組があれば魅力のすべてが味わえる趣向。

12.『ウエイン・ショーター/ネイティヴ・ダンサー』C

★ワールド・ミュージックの原点となった1枚
 ウェザー・リポート時代にウエイン・ショーターが残した唯一のソロ・アルバム。ブラジルの国宝的シンガー、ミルトン・ナシメントを迎えたレコーディングは、ワールド・ミュージックなどという言葉がなかった時代にそうした音楽を追求した先駆的な内容になっている。天使の歌声を思わせるナシメントのヴォーカルがなんと無邪気で透明感に溢れていることか。それに対し、ショーターもソプラノ・サックスで美しい響きを醸し出す。

13.『スタン・ゲッツ/ゲッツ・ジルベルト・アゲイン』D

★あれから12年目の邂逅
 スタン・ゲッツがジョアン・ジルベルトとボサノヴァの名盤として聴き継がれている『ゲッツ=ジルベルト』(ヴァーヴ)を吹き込んだのは1963年のこと。それに続くスタジオ録音がここに実現した。ゲッツのクールなテナー・サウンドはボサノヴァのリズムによく似合う。ジルベルトの口ずさむように歌われる朴訥とした弾き語りにも円熟味が加わり、深い味わいが増した。シンプルで軽やかで、そしてどこか物悲しい。そこが印象的。

14.『ジャコ・パストリアス/ジャコ・パストリアスの肖像』A

★天才がその才能を遺憾なく発揮
 ジャコ・パストリアスの登場によってエレクトリック・ベースの可能性がいっきに広がった。同時にフュージョン自体も変わってしまったほど、彼の登場は衝撃的だった。その画期的なプレイと奏法を網羅したのがこのデビュー作。完全無欠のソロ・ピースとなった「ドナ・リー」をはじめ、エレクトリック・ベースでこれだけ多彩で奔放なプレイを表現したひとは、あとにも先にもジャコしかいない。それほどこれは重要な1枚。

15.『ウェザー・リポート/ヘヴィー・ウェザー』C

★ジャコ在籍時代のWRによる最高傑作
 大ヒットした「バードランド」をはじめ、ジャコ・パストリアスの真髄が堪能できる「お前のしるし」と「ティーン・タウン」の聴ける前半3曲が圧巻。彼が在籍していた時代にウェザー・リポートが残した作品はすべてが素晴らしい。中でも、このアルバムは最初の3曲があるだけで永遠にその輝きが色褪せないものになった。リーダーのジョー・ザヴィヌルにしてもウエイン・ショーターにしても、やりたいようにやっているのがいい。

16.『リターン・トゥ・フォーエヴァー/浪漫の騎士』C

★ディメオラを含む第2期RTFの代表作
 ハードなロック色の濃い第2期リターン・トゥ・フォーエヴァーによる作品中では、もっとも穏やかな表現が強調された1枚。タイトルどおりのロマンティックなサウンドで全編が貫かれている。とはいえ、アル・ディメオラ、スタンリー・クラーク、そしてレニー・ホワイトを擁していた時期の吹き込みである。強力でスピーディなサウンドを随所に盛り込んでの演奏は、いつもと同じで魅力的だ。超絶技巧の饗宴も相変わらずお見事。

17.『デクスター・ゴードン/ホーム・カミング』B


★アメリカに戻ったゴードンのライヴ作
 長い欧州生活を経て、デクスター・ゴードンはニューヨークにも居を構えるようになった。それを記念して「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演したときのライヴを収録した2枚組。この後しばらくレギュラー・メンバーを務めるウディ・ショウを含むクインテットがハード・バップに根ざした名演を繰り広げる。時代はフュージョン真っ盛りだったが、こうした演奏がハード・バップ・リヴァイヴァルの機運を盛り上げたことも見逃せない。

18.『ハービー・ハンコック/ニューポートの追想』B

★ハンコックのそれまでを振り返ったライヴ
 1976年の「ニューポート・ジャズ・フェスティヴァル」からのライヴ。このときはハービー・ハンコックの足跡をたどる企画で、マイルス・デイヴィス・クインテット(マイルスは不参加)、『セクスタント』バンド、『ヘッドハンターズ』バンドなど、興味深いユニットが再結成された。とりわけマイルス・クインテットの再結成は大きな反響を呼び、これがきっかけでV.S.O.P.が結成され、翌年と1979年に世界ツアーが実現している。

19.『VSOP/テンペスト・イン・ザ・コロシアム』E

★1977年の日本公演を収録
 1976年にニューヨークで開催されたハービー・ハンコックのコンサートから生まれたスーパー・ユニット。マイルス・デイヴィス・クインテットにいた4人にフレディ・ハバードを加えたメンバーが、マイルスやハンコックの『処女航海』(ブルーノート)などからのレパートリーを演奏する。フュージョンの嵐が吹き荒れていた時代に、フュージョンの人気者だった彼らが本格的な4ビート・ジャズをプレイしたことも価値が大きい。




Related article

  • ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第9回「ヴァーヴ編(その2)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • ジャズ名盤講座第17回「デッカ編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第17回「デッカ編」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • ジャズ名盤講座第11回「ヴィー・ジェイ編」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
    ジャズ名盤講座第11回「ヴィー・ジェイ編」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • ジャズ名盤講座第23回「MPS編」
    ジャズ名盤講座第23回「MPS編」
  • ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 2
    フォトギャラリー:吉岡徳仁「セカンド・ネイチャー」展
  • 3
    美山荘(京都・花背)/美味しい宿、美味しい旅(1)
  • 4
    ビジネスマンの節電対策! 夏を快適にすごす傑作50選
  • 5
    アラーキーこと荒木経惟の、世界最大のポラロイドカメラを使用した写真展が開催
  • 6
    話題の『ローズベーカリー 銀座』を体験
  • 7
    腕に光る釘。モダンアートなカルティエ新作「ジュスト アン クル」
  • 8
    ボッティチェリらの名作が集結、ウフィツィ美術館展
  • 9
    トーネットの名作、ブラック&ホワイトの記念モデル
  • 10
    さらりとした貫禄。VWトゥアレグV6|試乗レポート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加