ジャズ名盤講座第19回「リバーサイド編 Part2」ビギナー向け19選!マスター向け19選!

2019年 1月 11日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ名盤講座

Riversideの魅力を味わう名盤38選



2.マスター向け19選

大名盤=A 名盤=B 人気盤=C 裏名盤=D 推奨盤=E

1.『アート・ブレイキー・アンド・ザ・ジャズ・メッセンジャーズ/ウゲツ』C

★『キャラヴァンと対を成す快作
 絶頂期の3管メッセンジャーズがニューヨークの人気ジャズ・クラブ「バードランド」で残したライヴ作品。意欲的な若手を擁した3管メッセンジャーズがハード・バップ〜新主流派の路線で熱いライヴ・パフォーマンスを繰り広げる。ウエイン・ショーターやフレディ・ハバードなど頭角を現しつつあったメンバーを集めたことでメッセンジャーズ・サウンドもいつも以上に大胆に響く。いまも色褪せぬ「ウゲツ」の名演も聴きもの。

2.『ウエス・モンゴメリー/ボス・ギター』B

★ラインと組んだウエスが快演を聴かせる
 オクターヴ奏法によってジャズ・ギターの可能性を拡大したウエス・モンゴメリーが、過小評価されていたオルガンの名手メル・ラインと組んでソウル・フィーリングを横溢させたプレイを披露する。「酒とバラの日々」や「そよ風とわたし」の快演をはじめ、「カナディアン・サンセット」はジャズとして異例のヒットを記録したし、「ベサメ・ムーチョ」のポップな表現もこのひとならでは。ウエスの親しみやすいプレイが魅力の1枚。

3.『エディ・ジェファーソン/レター・フロム・ホーム』B

★隠れた名シンガーの魅力が満喫できる。
 エディ・ジェファーソンはジャズマンのアドリブに歌詞をつけて歌うヴォーカリーズの第一人者。作品の数は多くないが、シンガーズ・シンガーとして多くの歌手から尊敬されてきた。その彼がリバーサイドで残した唯一の作品がこれ。相変わらずの芸達者ぶりでさまざまな曲に挑んでみせる。タイトル曲はジュニア・マンスのナンバーで、歌詞はプロデューサーのオリン・キープニュースが担当。ジョー・ザヴィヌルの参加も興味深い。

4.『エルヴィン・ジョーンズ/エルヴィン』E


★売り出し中のエルヴィンによる力作
 ジョン・コルトレーンのカルテットに参加して大きな注目を浴びるようになったエルヴィン・ジョーンズがリバーサイドで残した唯一の作品。嬉しいのはハンクとサドの兄ふたりが名を連ねていることだ。この兄弟は3者3様で演奏のスタイルが違う。しかしエルヴィンはふたりの音楽性を認めつつ、独自のポリリズミックなドラミングでリーダーシップを発揮する。とくにハンクとアート・デイヴィスからなるトリオでの彼が見事。

5.『クリフォード・ジョーダン/スペルバウンド』E

★アーシーなプレイが魅力の1枚
 クリフォード・ジョーダンはブルーノートで3枚の作品を発表して人気を確立し、次いでリバーサイドに移ってきた。ここではのちにレギュラー・カルテットのメンバーとなるピアノのシダー・ウォルトンとドラムスのアル・ヒースが参加しており、ジョーッダンのプレイに合ったバッキングをいたるところで聴かせてくれる。ワン・ホーンで豪快にテナー・サックスを吹き鳴らす彼のプレイはソニー・ロリンズの痛快さに通じている。

6.『ジェームス・クレイ/ザ・サウンド・オブ・ザ・ワイド・オープン』E


★幻のテナー奏者による幻の1枚
 テキサス・テナーの流れを汲むジェームス・クレイは、その力量に比して残されたレコーディングの数が著しく少ない。それだけにリバーサイドでこの作品を吹き込んでいたのは不幸中の幸いだ。ここでは同じくテキサス・テナーとして知られるデヴィッド・ニューマンとのサックス・バトルが楽しめる。どちらも豪快でソウルフル。ウイントン・ケリー〜サム・ジョーンズ〜アート・テイラーのリズム・セクションのサポートも文句なし。

7.『ジュニア・マンス/アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』C

★マンスによるご機嫌なクラブ・ライヴ
 派手さはないが、ブルース・フィーリング豊かなピアノ・プレイを聴かせるのがジュニア・マンス。この作品にはもっとも得意にしていたトリオ編成でニューヨークの「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演したときのベスト・パフォーマンスが収録されている。素朴な味わいを横溢させたソウル・フィーリングはこのひとならでは。マンスのプレイに寄り添うラリー・ゲイルスとベン・ライリーのサポートもブルージーな雰囲気を盛りあげる。

8.『ジョージ・ラッセル/エズセティックス』B

★ラッセルが独自のジャズをクリエイト
 リディアン・モードの探求でジャズ史に燦然と輝く実績を残した作・編曲家兼ピアニストのジョージ・ラッセルが持てる力のすべてを投入して吹き込んだ意欲作。ドン・エリス、エリック・ドルフィー、デイヴ・ベイカーといった創造的なミュージシャンを含むセクステットがモード・イディオムに基づいた斬新な演奏を繰り広げる。ラッセルの場合、オーケストラもいいが、このくらいの編成のコンボによる演奏でも創造性が輝きを放つ。

9.『チャーリー・バード/ブルース・ソナタ』A

★誰もが認めるバードの最高傑作
 アコースティック・ギタリストのチャーリー・バードが人気を呼ぶのはスタン・ゲッツと組んでボサノヴァのアルバムを吹き込んでから。しかしそのアルバム『ジャズ・サンバ』(ヴァーヴ)のレコーディングより1年前に録音されたこの作品によって、バードはジャズ・ギタリストとして最高の1枚を完成させていた。クラシックの味わいを含ませながらも独特のブルース・フィーリングを加味した演奏が唯一無二の存在を思わせる。

10.『バリー・ハリス/アット・ザ・ジャズ・ワークショップ』B

★ハリスがビバップの真髄を聴かせるライヴ盤
 バド・パウエル直系のビバップ・ピアニスト、バリー・ハリスがサンフランシスコの名門ジャズ・クラブ「ジャズ・ワークショップ」で熱気溢れるライヴを展開。派手な人気には恵まれなかったものの、心あるジャズ・ファンから熱い支持を受けてきた魅力的なプレイがここに甦る。レギュラー・メンバーのサム・ジョーンズとルイ・ヘイズをしたがえたトリオで演奏するパーカーの愛奏曲。それらを中心にしたレパートリーが小気味よい。

11.『ハロルド・ランド/ウエスト・コースト・ブルース』C


★ランドが残したもっとも有名な作品
 西海岸在住のハード・バッパーともいうべきテナー・サックス奏者がハロルド・ランド。その彼が、ダイナミックなプレイではひけを取らないギタリストのウエス・モンゴメリーと共演した。どちらもハードにドライヴをするのが得意なプレイヤーだ。それだけに、豪快な演奏が丁々発止と繰り広げられる。ホーン・ライクなソロで真価を発揮するウエスが、自分のリーダー作以上に溌剌としたフレージングを重ねているのが聴きもの。

12.『ビル・エヴァンス/インタープレイ』B

★クインテットでインタープレイの境地を追求
 トリオで活動することの多かったビル・エヴァンスが、当時としては珍しいクインテットでレコーディングした。トレードマークともいえるインタープレイをさまざまな楽器で試みようという趣向である。気心の通じたジム・ホールを含むクインテットによる演奏は、いつものトリオに比べて迫力を感じさせる。そこがまた魅力に繋がった。中でもこの作品で一番人気の高い「あなたと夜と音楽と」での全員がひとつになったプレイが見事。

13.『ビル・エヴァンス/ハウ・マイ・ハート・シングス』A

★スタンダードを中心に洒落た演奏を披露
 交通事故死を遂げたスコット・ラファロに代わってチャック・イスラエルを迎えたビル・エヴァンス・トリオによる名盤。先に発売された『ムーンビームス』と同じ3つのセッションから選ばれた演奏は、いずれもトリオならではのインタープレイを重視したもの。イスラエルの当意即妙なサポートもラファロの穴を埋めている。失意から立ち直りつつあったエヴァンスの穏やかな表現が胸を打つ。と同時に、新たな意欲も感じられる1枚。

14.『ベヴ・ケリー/イン・パーソン』B


★個性派シンガーがライヴで魅力を爆発
 サンフランシスコの「ザ・コーヒー・ギャラリー」でライヴ・レコーディングされたベヴ・ケリーの代表的なアルバム。スイング・モダン派のテナー・サックス奏者ポニー・ポインデクスターをフロントに据えたワン・ホーン・カルテットをバックに、彼女が個性的なヴォーカルを聴かせる。テクニックより表現力で歌う唱法によって評判を呼んだケリーが、この作品ではインティメートな雰囲気の中で魅力的な持ち味を遺憾なく発揮する。

15.『ベン・ウェブスター/ソウル・メイツ』E

★ザヴィヌルの参加が興味深い
 だみ声を思わせる独特の音色を持つベン・ウェブスターのモダンな演奏集。バックを務めているのが、キャノンボール・アダレイのグループにいたジョー・ザヴィヌルとサム・ジョーンズ、そして他のメンバーがフィリー・ジョー・ジョーンズにサド・ジョーンズとくれば、いったいどんな演奏が繰り広げられているのかといった興味が湧く。モダン派を集めたクインテットでマイ・ペースぶりを発揮するウェブスターのソロが素晴らしい。

16.『ボビー・ティモンズ/イン・パーソン』C

★ティモンズがトリオでクラブ・レコーディング
 ジャズ・メッセンジャーズを見事に再生させた大ヒット曲「モーニン」の作曲者として一躍有名になったボビー・ティモンズが実力者のふたり、ロン・カーターとアル・ヒースを迎えてニューヨークのジャズ・クラブ「ヴィレッジ・ヴァンガード」に出演。「モーニン」と並ぶヒット曲の「ダット・デア」をはじめ、ソウルフルなタッチで料理した「枯葉」「時さえ忘れて」「朝日のようにさわやかに」などのスタンダードで魅力を発揮する。

17.『マーク・マーフィー/ラー』B

★マーフィーといえばまずこの作品から
 いまも充実した作品をコンスタントに発表しているマーク・マーフィーの代表的な吹き込み。洒落たセンスでさらりと歌いこなすスタイルは黒人ながら白人シンガーを思わせる。いうならばメル・トーメの黒人版といったところか。この作品では小型オーケストラをバックに、「マイルストーン」や「ドゥードリン」といったジャズ・オリジナルまで取りあげる。ピアニストもビル・エヴァンスとウイントン・ケリーが参加する豪華版だ。

18.『ミルト・ジャクソン・アンド・ウエス・モンゴメリー/バグス・ミーツ・ウエス』B

★ジャクソンとウエスが快演を聴かせる
 ソウルフルなプレイに個性を発揮するミルト・ジャクソンがオクターヴ奏法のウエス・モンゴメリーと一期一会の出会いを果たした。この手のセッションでは欠くことのできないウイントン・ケリー〜サム・ジョーンズ〜フィリー・ジョー・ジョーンズのリズム・セクションもリーダーのふたりにぴったりの好サポートを示す。いつになくウエスがソウルフルなギターを弾くのは、野性味たっぷりのジャクソンに強く触発されたからか。

19.『リー・モーガン/テイク・トゥエルヴ』E

★ブルーノート以外で残した推奨盤
 天才トランペッターと呼ばれていた時期のリー・モーガンがジャズランドで残した輝かしいハード・バップ・アルバム。ジャズ・メッセンジャーズでファンキー・ジャズ〜モード・ジャズを追求していた彼がハード・バップの快演を連続させる。クリフォード・ジョーダンやバリー・ハリスなど親しいミュージシャンに囲まれ、モーガンがリラックスした快演を披露。天才の呼び声に恥じない閃きに富んだソロがジャズの醍醐味を感じさせる。

>「ジャズ名盤講座」バックナンバー



Related article

  • ジャズ名盤講座第31回「Muse+Xanadu編」Muse19選!Xanadu19選!
    ジャズ名盤講座第31回「Muse+Xanadu編」Muse19選!Xanadu19選!
  • ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • ジャズ名盤講座第20回「ワーナー・ブラザーズ編」
    ジャズ名盤講座第20回「ワーナー・ブラザーズ編」
  • ジャズ名盤講座第4回「パシフィック・ジャズ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第4回「パシフィック・ジャズ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • ジャズ名盤講座第29回「Fantasy+Milestone編」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
    ジャズ名盤講座第29回「Fantasy+Milestone編」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • ジャズ名盤講座第21回「サヴォイ編」
    ジャズ名盤講座第21回「サヴォイ編」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    インテリア・キッチンなら男も主役|Guys in the Kitchen#02
  • 2
    CESで話題!プレゼンテーションに使える、超小型無線マウス
  • 3
    アランフエスの麗しき日々 【今週末見るべき映画】
  • 4
    今週末見るべき映画Part 2 「アルマジロ」
  • 5
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 6
    目にした美しさ、そのままに。「SIGMA dp2 Quattro」
  • 7
    「アルファ ロメオ・ジュリエッタ」が日本初公開
  • 8
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • 9
    【速報】 銀座三越  「ISETAN MITSUKOSHI DESIGN WEEK 2013」
  • 10
    ブライダルジュエリー「BRILLIANCE+」、銀座ショールームがオープン

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加