2019年1月19日(土)開催 「めぐりあいJAXA 2019」--見上げて、見 下ろす--

2019年 1月 10日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

JAXA職員や専門家の解説後に、人工衛星の記録した画像を加工してサイレント映
画として観望するイベント「めぐりあいJAXA 2019」が今年も開催される。


人工衛星「だいち」が捉えた地球の”超”鳥瞰画像には、いつまでも見ていられる独特な魅力があります。テクノロジーが獲得した視線は、産業や防災など実用面で利用されています。一方、「そら」はつねに人間の空想の対象でもあります。想像”上”と書くのはなぜか。瞰”下”と書くのはなぜか。今年の「めぐりあいJAXA」では、アート映像作品に見られる「そら」への想いと、サイエンスが記録する「そら」からのメッセージを交錯させます。上へ下に、視線の小さな旅を映像作品上映とレクチャートーク、人工衛星画像から作成した大迫力の無声映画でお届けします。
映像作家・キュレーター澤隆志氏

日時:2019年1月19日(土) 
場所:調布市文化会館たづくり むらさきホール(東京都調布市小島町2-33-1) 
主催:公益財団法人調布市文化・コミュニティ振興財団
協賛:エミリーズバルーン株式会社
動画:五島一浩(映像作家)
DJ:JUN(80KIDZ)
企画:澤隆志(キュレーター)
URL: https://www.chofu-culture-community.org/forms/info/info.aspx?info_id=10835

© Conner Family Trust, San Francisco

上映:15:00-15:30
TAKE THE 5:10 TO DREAMLAND
ブルース・コナー 16mm(デジタル版上映)5分10秒
STUDIES OF CLOUDS OVER THE PACIFIC OCEAN
佐竹真紀 デジタル 9分40秒

©Maki Satake

レクチャートーク:15:30-17:00
衛星「だいち」について:度會英教 (宇宙航空研究開発機構)
観測画像の実用利用法:向井田明 (リモート・センシング技術センター)
観測画像の非・実用利用法:今和泉隆行(空想地図作家) 五島一浩(映像作家)


観望:17:00-17:30
人工衛星「だいち1号」が捉えた日本の地表、雲などなど、JAXAのアーカイブに眠る巨大な静止画を動画化し、サイレント映画としてじっくり観望。
(デジタル サイレント 30分予定)

Ranking

  • 1
    棚田康司展 日本古来の木彫技法「一木造り」
  • 2
    美しくておいしいキッチンのつくりかたとは?
  • 3
    nendo佐藤オオキ氏のパッケージデザインが光る、プレミアムバナナ
  • 4
    フーディーズ御用達のキッチンツール|Guys in the Kitchen#01
  • 5
    森田恭通“バブル”時計、オーデマ ピゲから世界限定発売
  • 6
    世界累計販売台数“1000万台”を突破した「ネスカフェ」コーヒーマシンに新モデル
  • 7
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 8
    夏を快適にすごす傑作「機能アイテムで雨対策」
  • 9
    賛否両論の問題作「ツリー・オブ・ライフ」
  • 10
    革新的なデザインフェア「Design Miami」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加