2019年4月20日(土)「トム・サックス ティーセレモニー」展開催

2019年 1月 18日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京オペラシティ アートギャラリーで2019年4月20日(土)から「トム・サックス ティーセレモニー」展が開催されます。

ニューヨーク在住のトム・サックス(1966-)は、プラダのロゴで作られた便器、エルメスの包装紙によるマクドナルドのバリューセットなど、「手作り(ハンドメイド)の既製品(レディメイド)」とも評される奇抜な作品を制作し、世界各地で数多くの展覧会に参加。世界のスーパーブランドからも高く評価されています。

本展は、独自のまなざしで日本の文化に、深いリスペクトを向けるトム・サックスがティーセレモニー(茶会、茶道)に本格的に取り組む展覧会です。

外国人の彼の目に真新しく映る、楽しい日本の姿は、私たち日本人が見落としてきた価値観や世界観にあらためて気づかせてくれる貴重な機会となるでしょう。

【開催概要】
展覧会名:トム・サックス ティーセレモニー(英語表記:Tom Sachs: Tea Ceremony)
会期:2019年4月20日(土)~6月23日(日)
会場:東京オペラシティ アートギャラリー(東京都新宿区西新宿3-20-2-3F)
開館時間:11:00~19:00(金・土は11:00~20:00/いずれも最終入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝日の場合は翌火曜日)

入場料:一般 1,400円(1,200円)、大学・高校生 1,000円(800円)、中学生以下無料 ※( )内は15名以上の団体料金
主催:公益財団法人 東京オペラシティ文化財団/「トム・サックス ティーセレモニー東京展」実行委員会
協賛:日本生命保険相互会社
協力:相互物産株式会社
企画協力:小山登美夫ギャラリー


上段左:《Bonsai》2016 /《Stupa》2013 上段右:《Tea House》2011
下段左:《Ishidoro》2015 下段中:《Kabuto》2015 下段右:トム・サックスポートレート photo Mario Sorrenti
©Tom Sachs Courtesy of Tomio Koyama Gallery


トム・サックス
1966年ニューヨーク生まれ。ロンドンの建築学校とベニントン大学を卒業後、建築家フランク・ゲーリーの事務所で家具制作に携わる。世界各地で数多くの展覧会に参加。日本ではハローキティ誕生 30周年記念「KittyEX.」(2004年森美術館)に巨大なキティ像を出品して話題に。主な展覧会にニューヨークのイサム・ノグチ美術館での「Tom Sachs: Tea Ceremony」(2016)、「Nutsy's」(2003年グッゲンハイム美術館ベルリン)、ホイットニー美術館、オルブライト=ノックス美術館など。
ミラノサローネやヴェネチア・ビエンナーレ建築展への出品や、ナイキとのコラボレーションでも世界中から注目を集めた。

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    夏バテに効く、エジプト塩をつかったお料理4品
  • 3
    ポートランド発! DIYの精神から生まれたクラフトビールグラス
  • 4
    The Tastemakers & Co.が提案する 「古くてあたらしいこれからの日用品」
  • 5
    パリにみる、ファッションルックの競演(1)
  • 6
    革新的なデザインフェア「Design Miami」
  • 7
    華麗なる「TOYOTA 2000GT」ボンドカー
  • 8
    垂涎のアンティーク・コレクションが見られる着物展
  • 9
    新たな美味しいを発見。「GOOD NEIGHBORS' FINE FOODS」誕生
  • 10
    「LIFEPROOF」、iPhone5/5sケース「fré」「nüüd」新色を発売開始

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加