ジャズ名盤講座第25回「Philips編」ビギナー向け19選!マスター向け19選

2019年 2月 22日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ名盤講座



All About Philips



1.ビギナー向け講座

 フィリップス・レコードの本体はオランダで1891年に創立された電球工場に端を発している。ザルトボメル出身のヘラルド・フィリップスが創業者で、この工場は従業員20名でスタート。その後に同社が生産する電球がヨーロッパ各地で好調なセールスを記録するようになり、会社は拡大。電球以外にも手を伸ばし、ラジオ、蓄音機、電気通信装置などで次々と成功を収め、1920年代には総合的なエレクトロニクスのメーカーとしてヨーロッパを代表する企業になった。

 フィリップスの音楽部門Philips Phonografische Industries(PPI)ことフィリップス・レコードが設立されたのは1950年である。世界の主要電気メーカーの中でもっとも高い収益率を誇るようになっていた親会社が、オーディオ製品の販売促進の一環としてレーベルはスタートを切った。基本的にはクラシックが中心だが、しばらくしてからジャズを含むそれ以外の音楽にも力を入れるようになる。

 黎明期の1950年代は、アメリカのコロムビア・レコードのイギリス支社が音源の供給をしてカタログ数を伸ばしたが、それらの大半もクラシックの作品だった。このころ、米コロムビアがフィリップスのクラシック音源を販売するために設立したのがエピック・レコードである。

 フィリップスがジャズ・ファンに強い印象を与えた初期の作品には、フランスの作・編曲家でピアニストのミシェル・ルグランが1958年にニューヨークでマイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスたちを含むオーケストラでレコーディングした『ルグラン・ジャズ』がある。フィリップスがヨーロッパ、コロムビアがアメリカでこの作品を発売したのは、前記した業務提携があったからだ。

 その後の経緯についても触れておこう。フィリップス関連で重要なレーベルのひとつにフォンタナがある。実際にレコーディングを開始するのは1960年代に入ってからだが、こちらは1950年代末にオランダ・フィリップスが傍系レーベルとして設立したものだ。そして、1961年にはマーキュリー・レコードと業務提携を結び、以後アメリカではヨーロッパで制作されたフィリップスの音源がマーキュリーから発売される(最終的にはフィリップスが同社を吸収)。

 1962年になるとドイツ・グラモフォン(DGG)と業務提携したことからDGG/PPIグループの一員となり、合弁企業のフォノグラム・レコードがスタート。 さらに、1972年にはフォノグラムがポリドール・レコードと統合され、ポリグラムの傘下に入る。 そのポリグラムは1988年にMCAと統合。以後はユニバーサルミュージックグループを作り、フィリップスはその一部に入る。 またフィリップス・クラシック・レコードは、現在ユニバーサルミュージックのデッカ・レコードに統合されている。

 ジャズに関していうなら、クラシックのように決まったシリーズもなければ音楽的な路線にも一貫したものが見当たらない。行き当たりばったり的な制作が目立つため、《フィリップスのジャズ》というくくりでキチンと評価されたことはほとんどないといっていい。しかも、当初はオランダに本拠地が置かれていた制作本部もやがてヨーロッパ各地へと広がっていったため、さまざまな国からフィリップス・レーベルを用いた作品が発表されるようになった。いい例が、先にあげた『ルグラン・ジャズ』で、この場合はフランス盤がオリジナルということになるのだろうか。






Related article

  • ジャズ名盤講座第20回「ワーナー・ブラザーズ編」
    ジャズ名盤講座第20回「ワーナー・ブラザーズ編」
  • ジャズ名盤講座第7回「プレスティッジ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第7回「プレスティッジ」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 10月27日銀座le septにて小川隆夫『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』発売記念イベント開催
    10月27日銀座le septにて小川隆夫『ビバップ読本 証言で綴るジャズ史』発売記念イベント開催
  • ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
    ジャズ名盤講座第3回「ブルーノートPart3(4100~4423番)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フィンランドを代表する、サンテリ・トゥオリ日本初個展
  • 2
    いったいどれが自分? 「“これも自分と認めざるをえない”展」
  • 3
    セレブも愛用、フェンディ「クレイジー カラット」の魅力
  • 4
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 5
    中島かずき氏インタビュー|どんなときでも、とりあえず手を動かす
  • 6
    構造デザイナー、セシル・バルモンドの世界
  • 7
    旧軽井沢にオーガニックフレンチ「アマンダンリーフ」
  • 8
    米国No.1のエネルギーバー「CLIF BAR」ついに日本初上陸!
  • 9
    マネのミューズで在り続けた、女流画家ベルト・モリゾ
  • 10
    マンダリン オリエンタル 東京の22人のソムリエが、お気に入りワインを紹介

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加