ジャズ名盤講座第32回「 A&M+CTI」A&M19選!CTI19選!

2019年 4月 12日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ名盤講座

A&Mの魅力を味わう名盤19選




A&Mの魅力を味わう名盤19選

大名盤=A 名盤=B 人気盤=C 裏名盤=D 推奨盤=E

1.『ナット・アダレイ/ユー・ベイビー』D


★ファンキーでポップなアルバム
 兄キャノンボールの影に隠れていたナットにスポットライトをあてた作品。大ヒットした〈ワーク・ソング〉からもわかるように、彼には兄と比べても遜色のないファンキー・フィーリングが備わっていた。その個性をこれまで以上の形で引き出したのがこの作品。ストリングスや金管楽器も配したサウンドがいかにもA&M的で、それをバックにナットが《小粒でもピリリと辛い》持ち味を存分に発揮する。そこがなんともいえない魅力だ。

2.『ジョージ・ベンソン/シェイプ・オブ・シングス・トゥ・カム』B

★ウエスの後継者が真価を発揮
 ウエス・モンゴメリーの急死によって、予定されていたレコーディングに急遽抜擢されたのが無名に近かったベンソンである。そのときに吹き込まれたのがこの作品で、これによって彼は《ウエスの後継者》と呼ばれるようになった。ウエスの3部作同様、ここでもストリングスを多用したドン・セベスキーのアレンジが光る。そしてベンソンも期待によく応えた。表題曲や〈チャタヌガ・チュー・チュー〉などでの超絶技巧が度肝を抜く。

3.『ジョージ・ベンソン/ジ・アザー・サイド・オブ・アビー・ロード』B

★シンガーとしての魅力も味わえる
 ベンソンがビートルズの名盤をカヴァーした1枚。ジャケット写真が遊び心を伝えている。それまでにもたびたびヴォーカルを披露していた彼だが、このアルバムでは本格的なソウル・シンガーとしての魅力も表出されている。しかもギター・プレイは超一級品だし、これで人気が出なければどうかしている。そういうわけで、この作品は数年後に発表される『ブリージン』(ワーナー)の大ヒットを予兆させる1枚でもあった。

4.『オーネット・コールマン/ダンシング・イン・ユア・ヘッド』A

★プライムタイムによる初期の演奏が聴ける
 クリード・テイラーがCTIをスタートさせた以降もA&Mではジャズ作品を制作している。プロデューサーにエド・ミッシェルを迎えて制作された一連の作品は、それまでのA&M作品とはまったく違った硬派の内容に特徴があった。中でもコールマンを迎えた本作は衝撃の内容で世界中をアッといわせた。結成したばかりのプライムタイムによる演奏はエレクトリック・サウンドを前面に押し出したもので、いまでもその響きは斬新だ。

5.『ポール・デスモンド/サマータイム』B

★デスモンドの魅力が全開した名盤
 人気コンボのデイヴ・ブルーベック・カルテットを退団したデスモンドがA&Mと契約したことも当時は大きなニュースになった。ブルーベック時代にも彼はRCAで心地のいい響きを伴う作品を連発している。そういうサウンドならお家芸といえるのがA&Mだから、この契約も当然といえば当然だ。そして発表された1作目の本作では、デスモンドの透明感に溢れたアルト・サックスの音色がこれ以上ない美しさで迫ってくる。

6.『チャーリー・ヘイデン/クロースネス』A

★へイデンが残した最大の意欲作
 エド・ミッチェル・プロデュースによるこの作品は、ヘイデンにとって重要なミュージシャン4人とデュエットするという画期的な内容だった。参加したのは、オーネット・コールマン、キース・ジャレット、アリス・コルトレーン、ポール・モチアン。それぞれのプレイヤーとの共演で彼が多彩な音楽性を示す。そこにこのベース奏者の真髄が認められる。それにしてもキースとのデュエットで繰り広げられる深遠な世界は印象的だ。

7.『ジム・ホール/哀愁のマタドール』B

★『アランフェス協奏曲』の続編的な1枚
 ホールはCTIで『アランフェス協奏曲』を録音した翌年、その続編的な内容のアルバムをA&Mで残している。こちらはエド・ミッシェルが主宰するホライゾンとのコラボレーションだが、アレンジャーには同じドン・セベスキーを迎え、ホールが穏やかなプレイで持ち味を発揮する。聴きものは当然のことながら表題曲と〈アルビノーニのアダージョ〉のメドレー。アコースティックな響きを大切にするホールにとってこれは最良の選曲だ。

8.『アントニオ・カルロス・ジョビン/波』B

★ジョビンの魅力がゴージャスに表現される
 ボサノヴァの創始者ジョビンが世界的な注目を集めるようになったのは、クリード・テイラーがヴァーヴ時代にスタン・ゲッツと組んで盛んに彼の書いたボサノヴァ曲をレコーディングしたから。その後はジョビンの作品もリリースしたが、それに続いてアメリカで発売されたのがこの作品。自作の曲を、ジョビンは華麗なオーケストレーションをバックにピアノを用いて演奏する。ジャジーなムード・ミュージック的内容が素晴らしい。

9.『クインシー・ジョーンズ/スマックウォーター・ジャック』A

★ジョーンズのポップ路線がこれで開花した
 エマーシー/マーキュリーで優れたオーケストラ作品を連発していたジョーンズもA&Mに移籍してさらなる飛躍を遂げたひとり。エレクトリック・サウンドを駆使してのオーケストラは時代の最先端を行くものだった。その後にマイケル・ジャクソンのプロデューサーとなって特大のヒット・アルバム『スリラー』(エピック)などを出した彼の出発点といえるのがこの作品。豪華なメンバーを集めてのサウンドはいまも魅力的だ。

10.『タミコ・ジョーンズ/アイル・ビー・エニシング・フォー・ユー』E


★タミコの存在を世に知らしめた代表作
 ハービー・マンの秘蔵っ子シンガー、ジョーンズがソウルフルな魅力を発揮した好盤。ポップでソウルフルな伴奏を得て、彼女が存分にシャウトしてみせる。当時のヒット曲やポップスを中心に、ジャズのスタンダードまで網羅した選曲も楽しい。しかもバックはリチャード・ティー、エリック・ゲイル、チャック・レイニーなど、この手のサウンドでは最高峰のひとたちで固められている。そこに加えてストリングスもゴージャズに響く。

11.『チャールス・ロイド/ウェイヴス』D


★ロイドが到達した新境地
『フォレスト・フラワー』(アトランティック)でジャズ・ファンに強烈な印象を与えたロイドだが、その後は紆余曲折があって、さまざまな音楽を模索していた。そうしてたどり着いたのが、のちにワールド・ミュージックと呼ばれるようになる音楽の原点ともいえる世界だ。ここでのロイドは、実に素直にサックスを吹いている。影響を受けたジョン・コルトレーンの音楽に独自のリリシズムを溶け込ませたサウンドが強い余韻を与える。

12.『ハービー・マン/グローリー・オブ・ラヴ』D

★マンとA&Mの理想的なコラボレーション
 この時期のマンはポップスやソウル・ミュージックとの融合を盛んに試みていた。それだけにA&Mとのコラボレーションは彼にとっても望むところだった。当時はアトランティックとの契約があったものの、この作品だけは例外ということで、マンがドップリA&Mサウンドに溶け込んでいる。表題曲をはじめ、当時のソウル・ミュージックで代表されるヒット曲も盛り込んだこのアルバムも発足当時のA&Mに好セールスをもたらした。

13.『ウエス・モンゴメリー/ア・デイ・イン・ザ・ライフ』A

★ウエスの名をポップス・ファンにまで広めた
 A&MにおけるCTIシリーズの記念すべき第1作。このメガ・ヒットによってウエスの名は一躍世界中の音楽ファンの間で話題になった。秀逸なジャケット写真とデザインも評判を呼んだし、なによりイージー・リスニング調のオーケストラをバックにオクターブ奏法を駆使して弾かれるウエスのギター・ワークが素晴らしい。しかも演奏者は超一流のひとたちばかり。音質も最高で、すべての点で理想的なプロダクションが実現した。

14.『ウエス・モンゴメリー/ダウン・ヒア・オン・ザ・グラウンド』C

★死後に発表された移籍2作目
 ウエスは『ア・デイ・イン・ザ・ライフ』が大ヒットしているさ中に急死する。しかしその作品に続く吹き込みが完了していたことは不幸中の幸いだ。内容は1作目同様にストリングス・オーケストラと共演したポップなイージー・リスニング作品。こちらも大ヒットしたことはいうまでもない。そしてA&Mはこれらのレコーディングで未発表だった演奏を集め3枚目の『ロード・ソング』も発表。これまた人気の高い1枚になっている。

15.『ジェリー・マリガン/ジ・エイジ・オブ・ステム』E


★マリガンがA&Mで残した隠れた名盤
 バリトン・サックスの第一人者マリガンの作品もA&Mには残されていた。彼はアレンジャーとしても優れた資質の持ち主で、この作品ではそちらの面にもスポットライトがあてられている。豪快でスピーディなプレイはまるでテナー・サックスを吹いているようだ。マリガンが残した作品の中ではどちらかといえば見落とされがちな1枚である。しかし内容は充実しているし、彼の真骨頂がさまざまな形で表現されている点は無視できない。

16.『ミルトン・ナシメント/カレージ』C


★ナシメントが全貌を現したアルバム
 クリード・テイラーがブラジルのミュージシャンに強い関心を寄せていたことは、アメリカでまったく無名だったナシメントを起用し、いち早くアルバムを吹き込ませていたことからもわかる。ミラクル・ヴォイスの持ち主である彼に思い通りのレコーディングをさせたこの作品は、いまではあまり話題にのぼらないが、傑作と呼んでおかしくない内容を誇っている。ブラジル音楽の新しい流れを伝えている点でもこの作品は重要だ。

17.『タンバ4/二人と海』E

★ジャズ作品としても傑出した内容を誇る
 このグループをブラジル以外の国で紹介したのもA&Mの功績だ。ボサノヴァを演奏するカルテットだが、それだけにとどまらず、タンバ4は優れた即興演奏集団でもあった。ジャズ作品として聴いても十分立派な内容で、ルイス・エカが弾くピアノとオルガンは実に魅力的な響きを有している。とりわけジョビンが書いた〈オ・モロ〉とバーデン・パウエル作の〈コンソレーション〉ではどちらも8分以上におよぶ熱演が展開される。

18.『ワルター・ワンダレイ/ホエン・イット・ワズ・ダーン』D

★A&Mサウンドでワンダレイが魅力を発揮
 ワンダレイもクリード・テイラーがヴァーヴ時代に育てたブラジル人ミュージシャンのひとり。その彼がA&Mに移籍して放った1作目がこの作品だ。ヴァーヴ時代はジャジーな響きも前面に打ち出していたが、こちらではレーベル・カラーを反映してか、もっとポップなサウンドに主体が置かれている。これまたストリングスとの共演だが、それでも本格的なブラジル音楽になっているところがワンダレイとテイラーのセンスのよさだ。

19.『K&JJ/イスラエル』E


★名コンビが異色のアルバムを録音
 カイ・ウィンディングとJ.J. ジョンソンの作品までA&Mは作っていた。この秀逸なトロンボーン・チームはビバップの時代からハード・バップ全盛期にかけて幾多の名演を残している。どこからどう見ても硬派なジャズ・ユニットを起用してA&Mがどんな作品を作るのか──結果は弦楽四重奏やハープなどを駆使し、室内楽的ジャズ作品に仕上げてみせた。しかもエリック・ゲイルハービー・ハンコックまで参加させているのだから流石。






Ranking

  • 1
    インドの現代アートを堪能する。 「Urban Narratives ―ある都市の物語―」
  • 2
    ザハによる世界初の試み、ニール・バレット青山店
  • 3
    ショコラとSANSYO(山椒)のセンセーション
  • 4
    「D-BROS」が2013年カレンダーを販売開始
  • 5
    光の滴が落ちるかのよう、カナダから幻想的な照明「ボッチ」
  • 6
    この1冊で堪能する、「大人」のリアルなキッチンインテリア
  • 7
    ジャズ名盤講座第12回「コロムビア/CBS/エピック編パート1(1917-1959)」ビギナー向け19選!マスター向け19選!
  • 8
    「新型MINI コンバーチブル」試乗レポート
  • 9
    新型「プリウス」、38.0km/Lで価格は205万円から
  • 10
    長く使い続けるソファ|イタリア、フレックスフォルム

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加