ジャズ名盤講座第36回「United Artists+Solid State編」United Artistsの魅力を味わう名盤9選!Solid Stateの魅力を味わう9選!

2019年 5月 10日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

ジャズ名盤講座

United Artistsの魅力を味わう名盤9選




大名盤=A 名盤=B 人気盤=C 裏名盤=D 推奨盤=E

1.『アート・ブレイキー&ザ・ジャズ・メッセンジャーズ/スリー・ブラインド・マイス』A

★充実のメッセンジャーズ・サウンドが聴ける
 ジャズ・メッセンジャーズが2管から3管にフロントを拡大した直後、ハリウッドのジャズ・クラブで実況録音したアルバム。現在では未発表演奏集も登場してコンプリート化されているが、内容はこのオリジナル盤に収録されていた演奏が見事。若手の逸材だったフレディ・ハバードやウエイン・ショーターの瑞々しいプレイに加え、バックでどっしりと構えて触発的なドラミングを聴かせるブレイキーの姿もご機嫌。これぞ傑作ライヴ。

2.『ボブ・ブルックマイヤー&ビル・エヴァンス/アイヴォリー・ハンターズ』B

★《ピアニスト》ブルックマイヤーが聴ける
 派手なところがないためトロンボーン奏者として大きな注目は集めなかったが、ボブ・ブルックマイヤーはヴァルブ・トロンボーンの名手として知るひとぞ知る存在。その彼がここではリリカルなプレイにかけては天下一品の表現力の持ち主、ビル・エヴァンスとピアノ・デュエットを繰り広げる。知的なプレイで聴くものを唸らせてくれる彼らが選んだのはお馴染みのスタンダードばかり。ブルックマイヤーのピアノ・プレイも実に創造的。

3.『アル・コーン&ズート・シムズ/ハーフノートの夜』C

★ニューヨークの人気クラブで実況録音
 ここにはアル・コーンとズート・シムスがチームとして活動することに意欲を燃やしていたころの演奏が収められている。ライヴということもあって、ソロ・スペースもタップリで、テナー・サックス・チームによる充実したプレイが楽しめる。しかも後半の2曲には売り出し中のアルト・サックス奏者フィル・ウッズが加わり、3サックスによるバトルが展開されていく。三者三様、丁々発止と繰り広げられるやり取りもライヴならでは。

4.『デューク・エリントン/マネー・ジャングル』A

★エリントンがピアノ・トリオで残した傑作
 オーケストラのリーダーとして、また膨大なオリジナルを残した作曲家として、デューク・エリントンの名前は永遠不滅である。それらに比べるとあまり語られないが、ピアニストとしても彼は独特のスタイルの持ち主だった。エリントンのピアノ・プレイに焦点を当てた作品は多くない。しかし、いかに優れたピアニストであったかはこの作品が証明している。彼の信奉者であるチャーリー・ミンガスとマックス・ローチのサポートも絶妙。

5.『アート・ファーマー/モダン・アート』A

★エヴァンスのファンキー・プレイもご機嫌
 1950年代にアート・ファーマーが残した大傑作。盟友ベニー・ゴルソンの参加とアレンジを得て、ファーマーがファンキーでソウルフルなプレイを繰り広げる。ファーマーといえばウォームな歌心に定評のあるトランペッターだが、ここではひたすらホットでソウルフルなブローを繰り広げる。加えてもうひとつの聴きどころがビル・エヴァンスとの共演だ。このようにファンキーなセッションに彼が顔を出した例はほかにない。

6.『ビル・エヴァンス/アンダー・カレント』A

★一卵性双生児のようなデュエット
 ビル・エヴァンスにジム・ホールという、クールで知的なプレイヤーが心ゆくまでデュエットで対話した傑作。リリシズムを横溢させたピアノで評判を呼んでいたエヴァンスと、ナチュラルな音色で独特の表現を切り開いていたホールが、たったふたりの演奏ながら奥の深い多彩な表情を示す。のぼり調子の時期にあった両者だけに、個々の創造性においてもインタープレイの点においても名セッションと呼ぶに相応しい広がりを示す。

7.『ミルト・ジャクソン/バグス・オパス』D

★盟友と組んでジャクソンが真価を発揮
 モダン・ジャズ・カルテットで演奏するミルト・ジャクソンも素晴らしいが、彼の個性を存分に堪能したければ自身がリーダーとなった作品を聴くに限る。中でもこのアルバムはジャクソンの作品群の中では比較的埋もれた1枚だが、ベニー・ゴルソンとアート・ファーマーのフロントにトミー・フラナガンを中心にしたリズム・セクションを迎えたセクステットがブルージーな響きを醸し出す。ソウルフルなジャズ好きには堪らない1枚。

8.『ズート・シムズ/イン・パリス』E

★リラックスしたブローイング・セッション
 ハードにスイングするテナー・サックスを吹かせたらズート・シムズの右に出るものはいない。その醍醐味を存分に味わわせてくれるのがこの作品。タイトルどおりパリで吹き込まれたこのアルバムにつき合うピアニストはフランスのジャズ評論家として著名なアンリ・ルノー。彼のプレイがズートに対して遜色ないところも聴きものになっている。そしてなによりリーダーがリラックスしてダイナミックなブローを展開する姿が好ましい。

9.『ランディ・ウエストン/リトル・ナイルス』C

★タイトル曲で代表される名盤
 デューク・エリントンとセロニアス・モンクから影響を受けたピアニストのランディ・ウエストンだけに、この作品でも強力なタッチが大きな特徴になっている。それでいて全編に流れるのはトーン・ポエムを思わせる穏やかな雰囲気。すべての曲が3拍子か6拍子で書かれているところに、ウエストンの詩的な表現を試みようとする意図が強く感じられる。随所で登場するジョニー・グリフィンのテナー・プレイもいい味を出している。





Related article

  • ジャズ名盤講座第29回「Fantasy+Milestone編」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
    ジャズ名盤講座第29回「Fantasy+Milestone編」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • 2019年1月19日(土)、2019年2月14日(木)「ジャズ名盤講座」連載中!小川隆夫 ONGAKUゼミナール
    2019年1月19日(土)、2019年2月14日(木)「ジャズ名盤講座」連載中!小川隆夫 ONGAKUゼミナール
  • ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
    ジャズ名盤講座第10回「ヴァーヴ編(その3)」ビギナー向け9選!マスター向け9選!
  • ジャズ名盤講座第21回「サヴォイ編」
    ジャズ名盤講座第21回「サヴォイ編」
  • ジャズ名盤講座第30回「Concord編」ビギナー向け14選!マスター向け14選!
    ジャズ名盤講座第30回「Concord編」ビギナー向け14選!マスター向け14選!
  • ジャズ名盤講座第35回「Roost+Roulette編」Roostの魅力を味わう名盤14選!Rouletteの魅力を味わう14選!
    ジャズ名盤講座第35回「Roost+Roulette編」Roostの魅力を味わう名盤14選!Rouletteの魅力を味わう14選!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加