『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

生誕120年 ル・コルビュジエの展覧会が5/26から

2007年 5月 16日 11:27 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 今年、生誕120年となる近代建築の始祖、ル・コルビュジエ。建築家であり画家であった、コルビュジエの多彩な才能に迫る「ル・コルビュジエ展:建築とアート、その創造の軌跡」が東京・森美術館で開催される。会期は5月26日から9月24日まで。

【ル・コルビュジエ 1950年 (c)FLC】

 コルビュジエといえば、パリ郊外の「サヴォワ邸」に代表される近代的な建築が特徴だ。1931年に完成した「サヴォワ邸」は、20世紀を代表する建築のひとつに数えられ、フランスの歴史的建造物にも指定されている。

【サヴォワ邸】

 日本では瓦屋根、木製の壁が普通だった時代にコルビュジエは鉄、コンクリート、ガラスを駆使し、斬新な建築を提唱した。2006年、最後の作品「フィルミニ教会」が完成し、世界各地にある作品を世界遺産に登録しようという動きもフランスを中心に盛り上がってきている。

 建築家として名を馳せたコルビュジエだが、そのキャリアのスタートは建築家ではなく画家だった。

「毎日私の生活の一部をデッサンにあてた。デッサンすることと、絵を描くことを決して止めなかった。私の仕事と探求の鍵は、そこにしかない」と言葉を残したように、建築家になっても事務所へ向かう前、アトリエに寄り、絵を描き、彫刻制作にいそしむことをスタイルとし、建築のインスピレーションの源だったといわれている。

 10のセクションで構成される本展。最初のセクションでは、パリのアトリエをギャラリー内に実寸大で再現し、建築のルーツともいえる“アーティスト/ル・コルビュジエ”に焦点をあてて絵画を中心に展示する。

【赤いバイオリンのある静物・1920年 100x81cm、油彩、カンヴァス (c)FLC】


 セクション中間に位置する、マンションの元祖といえる「マルセイユのユニテ・ダビタシオン」1戸分の実寸大再現は最大の見どころ。労働者階級のために作られ、郵便局や学校、ホテルまでも備える。ひとつの都市のように設計され、建物から出なくても暮らすことができるという。

【マルセイユのユニテ・ダビタシオン 模型 所蔵:ル・コルビュジエ財団 (c)FLC】

Related article

  • NYのグラフィティーアーティスト、スティーブン・パワーズ日本初個展
    NYのグラフィティーアーティスト、スティーブン・パワーズ日本初個展
  • イタリアの名デザインが伊勢丹新宿店に集合
    イタリアの名デザインが伊勢丹新宿店に集合
  • 新世代クリエイターによる、iida 2010夏モデル
    新世代クリエイターによる、iida 2010夏モデル
  • 日本のグラフィックデザイン2009 トークイベントリポート
    日本のグラフィックデザイン2009 トークイベントリポート
  • ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」
    ミラノサローネ2010「ロッサーナ・オルランディ」
  • ミラノサローネ2010プレビュー、カッシーナはフランコ・アルビニ復刻
    ミラノサローネ2010プレビュー、カッシーナはフランコ・アルビニ復刻

Prev & Next

Ranking

  • 1
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 2
    若手書家の最新個展、華雪ノ展示『雨日』が開催中
  • 3
    ミラノサローネ2010、トピックス総まとめ「世界編」
  • 4
    今年最も行くべきエキシビション「the new market」
  • 5
    クルーズ新世紀(1)~船長インタビュー|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 6
    今週末見るべき映画「雪の轍(わだち)」
  • 7
    建築家ピーター・マリノに聞く、エルメネジルド ゼニア 新宿店
  • 8
    4週間で肌質を変える美容液、アモーレパシフィック
  • 9
    お家で作る、大人のためのアイスキャンディー
  • 10
    プジョーがブランド創業200周年、記念モデルも

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加