要注目のル・コルビュジエ関連企画

2007年 6月 15日 13:06 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 生誕から120年を迎えた20世紀建築の巨匠、ル・コルビュジエ。それに関連した展覧会や企画が都内で相次いで行われている。

 2006年に完成した、ル・コルビュジエ最後の作品「サン・ピエール教会」。その完成に辿り着く、プロセスを追いながら教会の魅力を紹介するという「ル・コルビュジエ:フィルミニの教会-光の軌跡-」展が7月6日まで東京・新宿の「ギャルリー・タイセイ」(新宿センタービル17F)にて行われている。入場は無料。


 サン・ピエール教会は、フィルミニ(フランス中部でリヨンから1時間半ほど)の街の再開発として、1960年に建設が計画され、ル・コルビュジエにとって、ロンシャンの礼拝堂、ラ・トゥーレットの修道院に続く、3番目の宗教建築設計であった。

 しかし、建設開始から脆弱な地盤のため、建設費がかさみ、予定されていた教会堂の高さを50mから34mに変更を迫られた。しかも、彼の没後、コンクリートの基礎部分ができただけで工事が頓挫し、約20年間も放置されていたという、陽の目を見ない、未完の作品だったのである。

【サン・ピエール教会】

 2003年になってようやく建設が再開し、2006年に完成した。東側の壁面には小さい明かり取りの穴が開けられ、西側は西日を取り入れる緑色の四角い明り取り、塔頂部には黄色と赤の大きな明かり取りが設けられた。

 このため、午前中は祭壇背面から光が無数の帯となって差込み、祝祭のような空間を作り出す。また、夕方には西日が塔中段に開けられた筒状の明り取りを通して、静かに祭壇の十字架を照らし出す。紆余曲折を経て完成した「サン・ピエール教会」は光の教会ともいえるのだ。

 本展では、時間の経過によって変わる光の効果を映像でも紹介。教会堂だけでなく、周辺の建築物との調和を考えた構成にも迫り、ル・コルビュジエ最後の作品を余すところなく伝える。

Related article

  • ジュエリーのように輝くガラスのアート、ジャン=ミシェル オトニエルの日本初個展
    ジュエリーのように輝くガラスのアート、ジャン=ミシェル オトニエルの日本初個展
  • ミラノサローネ2011プレビュー、「カッシーナ新作」
    ミラノサローネ2011プレビュー、「カッシーナ新作」
  • 【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ
    【告知】第四回ヘンタイ美術館|今回は、マネ・モネ・ドガ
  • 東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展
    東京に舞い降りた「雪」の世界、曽根裕展
  • 銀座シャネルにて「ピエール ポラン展」開催
    銀座シャネルにて「ピエール ポラン展」開催
  • フランス映画祭2008、今年も開催!
    フランス映画祭2008、今年も開催!

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    Go East! #01:上野のミュージアムショップにエクステンション?
  • 4
    CLASKA Gallery & Shop
  • 5
    2×4日本初の展覧会「IT IS WHAT IT IS」
  • 6
    ビブリオファイル Cruising 2月のおすすめ
  • 7
    カッシーナ初のアウトドアコレクション
  • 8
    フォトギャラリー:「F1 疾走するデザイン」展
  • 9
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 10
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加