アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌

2007年 6月 18日 10:15 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 20世紀を代表する写真家として知られるアンリ・カルティエ=ブレッソン(1908-2004)。その人生の最晩年に自らも企画・構成に関わった回願展「アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌」展が6/19より東京国立近代美術館にて開催される。会期は8/12まで。


【《サレルノ、イタリア》 1933年】(c)Henri Cartier-Bresson / Magnum Photos


 「決定的瞬間」をとらえた写真家として知られるフランスの写真家アンリ・カルティエ=ブレッソン。1952年に自身初となる写真集「逃げるイメージ(Image a la sauvette)」を発行した。その写真集の表題がアメリカでは「決定的瞬間(The Decisive Moment)」だったことから、彼の作品の代名詞として広まったという。

 日常のなかの一瞬の光景を、忘れがたいイメージとして結晶させる作品は、同時代の写真表現に大きな影響を与え、1950年代の日本においても、作品が紹介されると大きな反響を呼んだ。レンジファインダーのライカを愛用していたことでも有名だ。

【《サン=ラザール駅裏、パリ、フランス》 1932年】(c)Henri Cartier-Bresson / Magnum Photos


 本展は、アンリ・カルティエ=ブレッソン財団の設立を記念して、2003年4月にパリにて開幕し、バルセロナなどヨーロッパを巡回、この度、日本に上陸した。初期の作品から代表作まで、貴重なヴィンテージ・プリントを含む写真作品を中心に、幼少期のファミリー・アルバムなど初公開の資料類、そして、絵画への深い関心を物語る油彩や素描を含む、約450点の作品を展示する。

お問い合わせ:東京国立美術館 tel.03-5777-8600(ハローダイヤル)


取材/高畑尚樹

Related article

  • チタンボディの限定モデル「ライカD-LUX5 チタン」
    チタンボディの限定モデル「ライカD-LUX5 チタン」
  • ライカのデジタルプロジェクター「プラドビット D-1200」
    ライカのデジタルプロジェクター「プラドビット D-1200」
  • クラスカで「DOと岡尾さんで考えた 竹皮編み展」
    クラスカで「DOと岡尾さんで考えた 竹皮編み展」
  • ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • 今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」
    今週末見るべき映画「ローマ環状線 めぐりゆく人生たち」
  • 今週末見るべき映画「プロミスト・ランド」
    今週末見るべき映画「プロミスト・ランド」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ダイソンの新製品は、蛇口と一体型の「ハンドドライヤー」です
  • 2
    リビング・モティーフの2011年クリスマスギフト
  • 3
    Thank You ! ヴァージン アトランティック航空(5)/LOVE 英国、LOVE ロンドン
  • 4
    街の文具店「カキモリ」/蔵前・鳥越、つくり手の顔が見える街(1)
  • 5
    BMW最新コンセプトにデジタルテクノロジー満載
  • 6
    一見の価値あり!「ボストン美術館浮世絵名品展 北斎」
  • 7
    ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿 【今週末見るべき映画】
  • 8
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 9
    フォトギャラリー:イタリアの美しいタイル「ビザッツァ東京」
  • 10
    南西フランス、ミディ・ピレネーへの旅(1)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加