今週末見るべき映画 「ヘアスプレー」

2007年 10月 19日 11:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつてヒットした映画をミュージカルに、そのミュージカルがまたヒットして、さらに映画化を、ということがある。最近では「プロデューサーズ」がこのパターンである。おなじ図式で作られた「ヘアスプレー」(ギャガ・コミュニケーションズ配給)を見た。


TM & (c)MM? New Line Productions, Inc. All Rights Reserved.

 もとの映画は、「ピンク・フラミンゴ」など、一連のカルト・ムービーで知られる監督ジョン・ウォーターズの1987年作品。これがブロードウェイでミュージカルになり、大ヒット。ニューヨークでも、なかなかチケットのとれない状態だったと聞く。ハリウッド・リメイクも当然の流れであろう。

 乗りのいい音楽、ダンスは、まさに60年代。肥満や黒人に対する差別との戦いがテーマではあるが、ダンスを伴った音楽がいきいきとして、とにかく、見ていて楽しいのである。しかも、単に、夢が実現するための努力を描くだけでなく、それが世の中のお役にたつようなものでなければならない、というテーマもあわせ持っている。

 主人公の女子高校生トレーシーを演じたニッキー・ブロンスキーは、屈託がなく、歌、ダンスともに達者である。アイスクリームを売っていた店員さんからの抜擢という。

 脇を固める役者がまたいい。もとの映画、ミュージカルともに、太ったヒロインの母親役は男優が演じるという伝統がある。なんと、ジョン・トラヴォルタが母親役を演じる。肥満体の特殊メイクで、これがなんともいい雰囲気で、画面に登場するだけで、見るものを楽しい気分にさせてくれる。これだけの演技をさらりと見せる俳優は、そう多くはない。

 トレーシーの父親がクリストファー・ウォーケン。夫婦で唄い踊るシーンは圧巻である。舞台やミュージカルの経験豊富なクリストファー・ウォーケンと変幻自在のジョン・トラヴォルタである。爆笑のうちに唄い踊られる「タイムレス・トゥ・ミー」は、見どころ聴きどころとなる。


TM & (c)MM? New Line Productions, Inc. All Rights Reserved.
 トレーシーのダンス仲間の一人にクイーン・ラティファが出ている。「シカゴ」でママ・モートンを演じた歌手、女優である。終盤、グループで唄う「ユー・キャント・ストップ・ザ・ビート」での、クイーン・ラティファは群を抜いて、うまい。

 ヘア・スタイルや衣装、舞台装置など、60年代の雰囲気を忠実に再現、のんびり、うきうき、ミュージカルと映画を同時に楽しめる。

【story】
 ボルチモアに住むトレーシー(ニッキー・ブロンスキー)は、ダンスと歌の大好きな女子高校生。かなりの肥満体ではあるが、まったく気にしない。おしゃれで活発、テレビのダンスと音楽番組「コーニー・コリンズ・ショー」の大ファンである。

 今朝も登校前に「グッドモーニング・ボルチモア」を、元気に唄い踊る。トレーシーの夢は友人とコリンズ・ショーのレギュラーになること。母親エドナ(ジョン・トラボルタ)は、テレビの歌番組なんてとんでもない、と反対するが、父親ウィルバー(クリストファー・ウォーケン)は、大きな夢を持て、とトレーシーを励ます。

 トレーシーの夢の実現を邪魔する意地悪な母娘が登場する。テレビ局の実権を握っているステージママ、ベルマ(ミシェル・ファイファー)は、事あるごとにトレーシーの夢を遮ろうとする。トレーシーがレギュラーに抜擢されると、母親エドナは、外の世界に刺激されたのか、娘の活動を応援するようになっていく。エドナのうきうきぶりがトレーシーを元気づける。

 やがて、コリンズ・ショーのヒロイン、ミス・ヘアスプレーを選ぶコンテストが近づいてくる。意地悪母娘の妨害が続く。しかも、ダンスの仲間たちと人種差別反対のデモに参加したことから、トレーシーは、警察から追われる身となっている。これまた、ベルマの謀略である。

 数々のピンチのなか、果たしてトレーシーは、栄冠を手に入れることができるのだろうか?!

10月20日(土)より、丸の内プラゼールほか、全国松竹・東急系にてロードショー

公式サイト

文/二井康雄

Related article

  • ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
    ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
  • 今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
    今週末見るべき映画「至高のエトワール ~パリ・オペラ座に生きて~」
  • 大英博物館プレゼンツ 北斎 【今週末見るべき映画】
    大英博物館プレゼンツ 北斎 【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「帰ってきたヒトラー」
    今週末見るべき映画「帰ってきたヒトラー」
  • "世界を変える"第15回東京フィルメックス 上映作品発表
  • アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発 【今週末見るべき映画】
    アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発 【今週末見るべき映画】

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 2
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 3
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • 4
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 5
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 6
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 7
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
  • 8
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 9
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 10
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加