アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE

2007年 11月 9日 10:23 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Space for Your Future」という言葉をキーワードに集められた13カ国43組の作家たち。デザイン、プロダクト、美術、ファッション、映像、さまざまなジャンルで活躍している作家たちが一堂に会した。チーフキュレーターの長谷川祐子は、記者会見でこう語っていた。

 「『スペース』と言う言葉をキーワードにキュレーションをしました。今の時代、私たちは、身体、意識というバーチャルな世界、情報の世界、さまざなところにスペースという感覚を持っています。それを見直し、未来はどこにいくのかを作品を通して問い掛けます。また、アートとデザインの遺伝子を組み換えるというのは、さまざまなジャンルにわたって作品を作ること、そして、多彩なテクノロジーを駆使することで、その遺伝子を組み換えることができるという考えで展示を作りました」

 いくつかの作品を見ていこう。まずは、吹き抜けに展示されていた、大きな作品から。こちらは、建築家・石上純也の作品『四角いふうせん』だ。1400×730×1280cmという大きなアルミの構造体に、ヘリウムガスが充填されており、銀の物体はあちらこちらへと飛んでゆく。


 重さはなんと1トン、1千平米ものヘリウムガスが使われているのだそう。アルミの物体がゆらゆらと浮かんでいる姿に度肝を抜かれる。


 そして、浮いていく作品を、ひっかけ棒を持って追っかけている作家の姿は、私のココロを妙に和ませてくれた。


 部屋を出ると、DEMAKERSVANの大きなテーブルや、BLESSのサッカーゴールをモチーフにした映像作品が並んでいる。奥へと進んでいくと、たどり着くのが蜷川実花の作品だ。


 造花と金魚をモチーフとした、写真を空間全体に埋めつくすインスタレーション。どこを見まわしても、赤、赤、赤。ピンボケやブレ感を効果的に用いることで、被写体そのものよりも、色を感じさせる空間作りがされているのだそう。


 真っ赤な空間なのに、不思議と清涼感があり、気持ちのいい空間だった。その妙な浮遊感は、モチーフが金魚だからなのだろうか。

Related article

  • 森美術館で、視覚・聴覚・触覚のめくるめく体験
    森美術館で、視覚・聴覚・触覚のめくるめく体験
  • “ヘルノ”で究極の軽さを体感する/シーズンの始めにダウンを買う(2)
    “ヘルノ”で究極の軽さを体感する/シーズンの始めにダウンを買う(2)
  • 東大に安藤忠雄×柳舘功「UTカフェ ベルトレルージュ」
    東大に安藤忠雄×柳舘功「UTカフェ ベルトレルージュ」
  • グッドデザインエキスポ2009を最速プレビュー
    グッドデザインエキスポ2009を最速プレビュー
  • 伝統芸能×デザイン「落狂落笑 LUCKY LUCK SHOW」
    伝統芸能×デザイン「落狂落笑 LUCKY LUCK SHOW」
  • 今治市伊東豊雄建築ミュージアムが開館
    今治市伊東豊雄建築ミュージアムが開館

Prev & Next

Ranking

  • 1
    最新デザイナーズキッチン、ユーロクチーナ2010
  • 2
    Rの凄み+ゴルフの誠実=VWゴルフR|試乗レポート
  • 3
    Interview:エドワード・バーバー氏・ジャパンクリエイティブ
  • 4
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 5
    シンガポールビエンナーレに「マーライオン・ホテル」
  • 6
    アルフレックスの新作家具は、軽快でスマート
  • 7
    現代美術界の奇才、初の大規模個展「会田誠展:天才でごめんなさい」が森美術館で開催
  • 8
    ブルガリ最大の旗艦店「ブルガリ銀座タワー」オープン
  • 9
    携帯電話1号機も展示「MOBILE TIDE 2010」
  • 10
    来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加