アートとデザインを横断、SPACE FOR YOUR FUTURE

2007年 11月 9日 10:23 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Space for Your Future」という言葉をキーワードに集められた13カ国43組の作家たち。デザイン、プロダクト、美術、ファッション、映像、さまざまなジャンルで活躍している作家たちが一堂に会した。チーフキュレーターの長谷川祐子は、記者会見でこう語っていた。

 「『スペース』と言う言葉をキーワードにキュレーションをしました。今の時代、私たちは、身体、意識というバーチャルな世界、情報の世界、さまざなところにスペースという感覚を持っています。それを見直し、未来はどこにいくのかを作品を通して問い掛けます。また、アートとデザインの遺伝子を組み換えるというのは、さまざまなジャンルにわたって作品を作ること、そして、多彩なテクノロジーを駆使することで、その遺伝子を組み換えることができるという考えで展示を作りました」

 いくつかの作品を見ていこう。まずは、吹き抜けに展示されていた、大きな作品から。こちらは、建築家・石上純也の作品『四角いふうせん』だ。1400×730×1280cmという大きなアルミの構造体に、ヘリウムガスが充填されており、銀の物体はあちらこちらへと飛んでゆく。


 重さはなんと1トン、1千平米ものヘリウムガスが使われているのだそう。アルミの物体がゆらゆらと浮かんでいる姿に度肝を抜かれる。


 そして、浮いていく作品を、ひっかけ棒を持って追っかけている作家の姿は、私のココロを妙に和ませてくれた。


 部屋を出ると、DEMAKERSVANの大きなテーブルや、BLESSのサッカーゴールをモチーフにした映像作品が並んでいる。奥へと進んでいくと、たどり着くのが蜷川実花の作品だ。


 造花と金魚をモチーフとした、写真を空間全体に埋めつくすインスタレーション。どこを見まわしても、赤、赤、赤。ピンボケやブレ感を効果的に用いることで、被写体そのものよりも、色を感じさせる空間作りがされているのだそう。


 真っ赤な空間なのに、不思議と清涼感があり、気持ちのいい空間だった。その妙な浮遊感は、モチーフが金魚だからなのだろうか。

Related article

  • クリエイティブホテル「新宿グランベルホテル」12月グランドオープン
    クリエイティブホテル「新宿グランベルホテル」12月グランドオープン
  • 斬新的で強いスピリットは不変、Y'sが40周年を記念した期間限定ショップを展開
    斬新的で強いスピリットは不変、Y'sが40周年を記念した期間限定ショップを展開
  • パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
    パリの街角vol.8『ユリスとジョン with シンスケ』
  • ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 7月のおすすめ
  • 大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • カンボン通りで生まれた新しいファッション、「リトル ブラック ドレス」
    カンボン通りで生まれた新しいファッション、「リトル ブラック ドレス」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 2
    長山智美のムームー日記SP「ノートン先生のアート展」
  • 3
    2017年3月末、銀座の「ソニービル」閉館。壁の装飾パーツをチャリティ販売
  • 4
    究極の映像と音、バング&オルフセン「BeoVision 7-55」
  • 5
    「パティスリー キハチ」の2014クリスマスケーキ、予約開始
  • 6
    初の長編映画「ムーミン 南の海で楽しいバカンス」が公開
  • 7
    建築家・谷尻誠 meets オルセー美術館展2010
  • 8
    ミラノサローネ、キッチンにルネッサンス時代が始まる?
  • 9
    250周年を迎えたバカラより、涼しげな日本限定グラスを
  • 10
    “華”のある男靴、ルイ・ヴィトンの新作

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加