TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」

2007年 11月 12日 13:43 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 1987年に発足した、東京タイプディレクターズクラブ(略称:Tokyo TDC)。TDCでは、タイポグラフィをテーマにした企画展の開催や、本の出版、セミナーの開催等、国内外のデザイナー同士の情報交換、そして新たな表現の場として活動を続けてきた。

 Tokyo TDCの発足20周年を記念して、国内外から錚々たるデザイナーが集結し、ウェブサービス「BCCKS(ブックス)」とコラボレーションのもとにエキシビションを開催する。BCCKSとは、ウェブ上で雑誌や書籍、絵本や写真集、日記などの本(ブック)が簡単に作れるようになるサービスである。

 エキシビション名は『33冊のブックと、77枚の絵はがき展』。“33冊のブック”は、日本を代表するグラフィックデザイナーの面々やTDCと関係の深い海外デザイナーたちが、先の「BCCKS」サービスを利用し、web上で閲覧できる「webブック」と、実際に手にとって購入できる「printブック」を発表する。

 「webブック」の方はもちろん、インターネットを介して誰もが閲覧可能。「printブック」の方は、青山ブックセンター本店やTSUTAYA TOKYO ROPPONGI等、デザイン系に強い書店やミュージアムショップなどで販売される予定。

 いくつかの作品をチラ見してみよう。まずはトップページから。

 小さく浮いているアイコン(本の表紙)にカーソルを当てると、本の内容のサマリーを見ることができる。そして興味を持ったらクリック。すると、その作品を最後まで読むことができるのだ。

 中島英樹のprintブックの表紙イメージ。

 中島氏は、昨年発売された、作品集『CLEAR in FOG』(ロッキング・オン)でADC年刊の原弘賞を受賞。雑誌『CUT』や、坂本龍一のCDジャケットなどのデザインで、グラフィックとタイポグラフィが巧みに組み合わされた、クールで潔いデザインが特徴である。タイトルは『Essay in Idleness』とある、吉田兼好の『徒然草』だ。徒然草をどう料理するのか、楽しみだ。

 中村至男の本文ページより。「t」の文字が人の体になり、胃袋の中に「dc」が。消化されたら何が出てくるのだろうか…

 佐藤雅彦との共著『勝手に広告』や、ゲームソフト『IQ』、明和電機の一連のアートディレクションを担当する中村氏が見せる、タイポグラフィを使った実験とは?

Related article

  • 世界限定仕様、ホワイトカラーバージョンのBeoSound 9000
    世界限定仕様、ホワイトカラーバージョンのBeoSound 9000
  • ドイツデザインのランドリー、ミーレから
    ドイツデザインのランドリー、ミーレから
  • DESIGNTIDE TOKYO 2009、メイン会場レポート(1)
    DESIGNTIDE TOKYO 2009、メイン会場レポート(1)
  • 必見の「ウィリアム・エグルストン:パリ—京都」
    必見の「ウィリアム・エグルストン:パリ—京都」
  • Design Tide 2007 レポート
    Design Tide 2007 レポート
  • 名建築家の意外なアイテムも 「アーキテクトメイド」展
    名建築家の意外なアイテムも 「アーキテクトメイド」展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ユルゲン・ベイが提案する、新しいオフィスのあり方
  • 2
    コンペティションの9作品を紹介━第13回東京フィルメックス
  • 3
    今週末見るべき映画「消えた画 クメール・ルージュの真実」
  • 4
    梅最中/梅花亭 by Tokyo的 男の手土産
  • 5
    トレードマークは手錠、バッグブランド「カフス」
  • 6
    東京・有楽町に阪急MEN'S TOKYOがオープン
  • 7
    メタフィス新作、ユニークな1人用の電気鍋など
  • 8
    ブルーマン再び! 「BLUE MAN GROUP IN TOKYO」再演
  • 9
    何気なく、みずみずしい日常の瞬間を描くナターシャ・ロウ
  • 10
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加