クリエーターの提案から、たった一つの贈り物を探しに

2007年 12月 14日 17:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 人に会うことの多いこの季節は、同時に贈り物をする機会も増える。東京・六本木のギャラリー、ル・ベインでは、贈り物をテーマにした企画展が開催されている。新しい提案の中から、女性向けの贈り物にちょっと気の利いた品々を紹介しよう。

 今回は11名のクリエーターが「プレゼントの可能性」について考え、さまざまな作品を出品した。

 「たくさんのものが溢れている現在、贈り物として、ちょっと気の利いたものを探している方はきっと多いと思います。そこで、クリエーターの方々に、型にはまらない、新しいプレゼントを提案してもらいました。ガラス・陶器・フェルト、紙と素材も多様です」(ギャラリー担当上野さん)

 あたたかみのあるフェルトの質感のバッグ。こちらは染色作家の毛房貴子の作品だ。羊毛を縮絨させて作るフェルト生地は、羊毛に水分と圧力、振動を加えながら作り上げていく。生地を裁断して縫い合わせる通常のバッグと違い、縫い目がないのが特徴だ。


「木立bag(小)」¥18,900

 「以前は普通の布を染めて作品を作っていました。普通の染色の場合は、最初に考えいた設計図通りのものが仕上がるのですが、フェルトは違う。考えながら、時には軌道修正をして作り上げていく。彫刻のようなところが面白い」と作者の毛房貴子。

 フェルト地の小物入れ。このようなマーブル柄にする時には、染色した数種類の羊毛を混ぜ合わせながら生地を作り上げていく。把っ手のかたちも絶妙。

「魔法使いの小箱」¥15,750

 短めのマフラーは、1箇所に開けられた穴に通すだけのシンプルなもの。張りのあるフェルト地は、首に巻いてみると立体感が出て、シンプルながら個性的な印象に。実際に着けてみると、フォルムの面白さが体感できる。


「anaマフラー」¥9,870

 羊毛自体の色味を生かしたナチュラルなものもよいが、贈り物にするなら、絶妙な中間色の色合いで染め上げられたカラーものに挑戦してはどうだろう?

Related article

  • B&B ITALIA、夏のアウトドア家具新作
    B&B ITALIA、夏のアウトドア家具新作
  • 深澤直人×老舗家具メーカー、マルニ木工 木のイスとテーブル
    深澤直人×老舗家具メーカー、マルニ木工 木のイスとテーブル
  • 建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
    建築家ピエール・シャローの知られざる魅力を公開
  • E&Yから二俣公一の新作「ハンモック」
    E&Yから二俣公一の新作「ハンモック」
  • 「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
    「Murakami - Ego」フクヘン現地レポート(前編)
  • 繊細で優美なペーパーアートの世界
    繊細で優美なペーパーアートの世界

Prev & Next

Ranking

  • 1
    元祖・アートの島には新作品がぞくぞく:瀬戸内国際芸術祭
  • 2
    限定100台、ランボルギーニ「アヴェンタドール・50 アニヴェルサリオ」
  • 3
    太陽王にマカロン、歴史の詰まったサン・ジャン・ド・リュズ
  • 4
    愛車と呼びたくなる新色、リモワの「サルサ レーシンググリーン コレクション」
  • 5
    大岩オスカール氏の作品が焼失:瀬戸内国際芸術祭
  • 6
    メゾンエルメスでディディエ・フィウザ・フォスティノ展
  • 7
    高層ビルとアート。再生された街、シカゴの魅力
  • 8
    世界最高のアートフェア「Art Basel」をプレビュー
  • 9
    真っ暗闇で“見える”もの「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」
  • 10
    濱田庄司の生誕120年記念展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加