今週末見るべき映画「いつか眠りにつく前に」

2008年 2月 23日 09:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

【Story】
 老女アン(ヴァネッサ・レッドグレイヴ)は、ベッドに横たわり、うなされたように、たびたび「ハリス」という名前を口にする。二人の娘がそばにいる。姉のコンスタンス(ナターシャ・リチャードソン)と妹のニナ(トニ・コレット)にとっては、はじめて聞く名前である。さらにアンは「ハリスと私がバディを殺した」と。驚く二人。

 40数年前のロングアイランド州ニューポート。歌手を目指し、ニューヨークで勉強中のアン(クレア・デインズ)は、学生時代の親友ライラ(エイミー・ガマー)の結婚介添えのために、ニューポートにやってくる。裕福なウィッテンボーン家の娘ライラの挙式は、ニューポートにある豪華な別荘で行われる。


 アンにひそかな思いを寄せるライラの弟バディ(ヒュー・ダンシー)は、アンに屋敷を案内し、クリス(パトリック・ウィルソン)を紹介する。クリスは使用人の息子で、いまは医者になっている。アンとクリスは、一目でお互いを意識することになる。

 挙式を前に、ためらうライラ。バディは姉の初恋の相手がクリスで、いまもクリスを愛していることを知っている。アンは、望まないことなら、今からでもやり直せる、とライラを励ますが、ライラは現実を受け入れる。


 バディはアンに思いを打ち明けるが、アンはその気持ちのないことを告げる。

 お祝い事があると、別荘の崖から海に飛び込む習慣がある。酔ったバディは自殺するかのように、服を来たまま飛び込む。浮かびあがってこない。クリスが飛び込むが、バディは見つからない。心配するアンの背後にバディが現れる。アンは怒りながらバディを諭す。「あなたの人生を生きて」と。

 その夜、アンはクリスと一夜を過ごす。酔ったバディが車にはねられたことも知らずに。罪の意識から、アンはクリスとは別の人生を選ぶことになる。

 アンは、憧れた歌手になったものの、クラブ歌手である。父親の違う二人の娘を、必死で育てあげる。それぞれ、別の人生を歩んだアンとクリスが、たまたま出会う。短い出会いがゆえに、切ない。そして死の迫った今、アンの脳裏によみがえるのは、クリス。二人の娘に語りかけるアンの言葉とは・・。

2/23(土)日比谷みゆき座他全国ロードショー
いつか眠りにつく前に | ウーマンエキサイト シネマ

文/二井康雄

Related article

  • 今週末見るべき映画「チリの闘い」
    今週末見るべき映画「チリの闘い」
  • 今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
    今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
  • 今週末見るべき映画「コマンダンテ」
    今週末見るべき映画「コマンダンテ」
  • 今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 今年の上映作品を発表―第14回東京フィルメックス
    今年の上映作品を発表―第14回東京フィルメックス
  • 今週末見るべき映画「クィーン」「輝ける女たち」
    今週末見るべき映画「クィーン」「輝ける女たち」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「世界報道写真展 2011」圧倒的な事実を見よ
  • 2
    都市における新しい宿泊のカタチ「9h:ナインアワーズ展」
  • 3
    山中俊治ディレクション「骨」展
  • 4
    【レポート】第二回ヘンタイ美術館、「やりすぎバロック」編
  • 5
    今週末見るべき映画Part 1 「セデック・バレ」
  • 6
    今週末見るべき映画「ファンタスティック Mr.FOX」
  • 7
    カルティエLOVEシークレットライブから、動画
  • 8
    アマダナがポケットビデオカメラ「SAL」を発売
  • 9
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 10
    メディア・アートの歴史から今を読み解く「オープン・スペース」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加