空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展

2008年 3月 12日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 世界350カ国以上の美術館やギャラリーにおける展示で紹介されてきた、ジョエル・マイロウィッツ。彼は1938年にニューヨークで生まれ、62年からカラーでストリートのスナップを撮り始めた。1976年からは、35ミリのカメラを8X10に持ち替え、カラーネガフィルムでの撮影を開始、アメリカン・ニューカラーの雄と言われる存在だ。


 今回のテーマは『The Elements: Air/Water Part 1』。

 これらの作品を作るきっかけとなったのは、2007年7月にジョエル・マイロウィッツがフロリダで、オリンピックの飛び込み選手たちのビデオ監督をしていた時のことだという。


Related article

  • 23日からホンマタカシ写真展「about a girl」
    23日からホンマタカシ写真展「about a girl」
  • 今週末見るべき映画「タンゴ・リブレ 君を想う」
    今週末見るべき映画「タンゴ・リブレ 君を想う」
  • 東京発のアートフェア「G-tokyo 2010」開催中
    東京発のアートフェア「G-tokyo 2010」開催中
  • ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表
    ハイメ・アジョンが巨大なチェスボードを発表
  • 世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
    世界最大の現代美術展「ドクメンタ(13)」レポート
  • 冷戦時代のストリートが主戦場、写真家・北島敬三展
    冷戦時代のストリートが主戦場、写真家・北島敬三展

Prev & Next

Ranking

  • 1
    クリエイターの合同展示会「For Stockists Exhibition」
  • 2
    パリで苦闘した明治・大正画家たちの展覧会、第一部が好評のうちに終了
  • 3
    食のセレクトマーケット「FUKUSHIMAYA TASTING MARKET」
  • 4
    写真との幸福で理想的な関係。「梅佳代展 UMEKAYO」
  • 5
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 6
    落合多武個展「スパイと失敗とその登場について」
  • 7
    今週末見るべき映画「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」
  • 8
    今週末見るべき映画「ゴーストライター」
  • 9
    岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売
  • 10
    ホンダ、伝説のスポーツカー「NSX」の新型プロトモデルを発表

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加