走るリキテンシュタイン? BMWアート・カー展

2008年 3月 21日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 かつてル・マン24時間耐久レースを走った、アートなクルマがあった。下の写真はMoMAでもお馴染みの現代アメリカアートの巨匠、ロイ・リキテンシュタインが、1977年にペイントしたレーシングカー。BMW320i group 5 racing version / 1977である。


【ロイ・リキテンシュタイン BMW320i group 5 racing version / 1977】

 BMWでは、現代アートの巨匠たちが手がけたアート・カーを日本に集めて展示する「透明なスピード~BMWアート・カー展」を4月11日から開催する。会場は東京・六本木ヒルズの森アーツセンターギャラリー。展覧会の空間構成を手がけるのは、建築家の青木淳。BMWのクルマが持つ「スピード」を、目で見て、感じる、視覚表現にどう置き換えられるのかも見どころだ。

 BMWのアート・カーコレクションの第一号は、アメリカの彫刻家アレクサンダー・カルダーによる、BMW3.0 CSLである。1975年、カルダーが、美術競売人でレーシングドライバーでもあった友人のエルベ・ポーランのためにペイントしたものだった。

【アレクサンダー・カルダー BMW3.0 CSL / 1975】

 針金を使った動く彫刻「モビールアート」で知られるカルダーが、自動車=「オートモービル」をアートにした、その行為もまたコンセプチュアルで興味深い。このクルマは、フランスのル・マン24時間耐久レースを走ったという。その後もBMWのクルマを使ったアートペイントは行われ、のちにこの試みはBMWが継続し、現在に至っている。

Related article

  • オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
    オバマ大統領の左腕に光る、ダイバーズ時計とは?
  • ルイス・ハミルトン、情熱の指針「グランドカレラ」を語る
    ルイス・ハミルトン、情熱の指針「グランドカレラ」を語る
  • 新進気鋭のアーティストLing Meng世界初個展|Specimens of Time -時間の標本-
    新進気鋭のアーティストLing Meng世界初個展|Specimens of Time -時間の標本-
  • 写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
    写真家 濱田英明がうつしだすニーシングの世界
  • ラミーサファリ、2009年限定カラーは「オレンジ」
    ラミーサファリ、2009年限定カラーは「オレンジ」
  • アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」
    アニッシュ・カプーアによる、ブルガリ「B.zero1」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 2
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 3
    今週末見るべき映画「グラン・トリノ」
  • 4
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 5
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 6
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 7
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
  • 8
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 9
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 10
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加