三宅一生ディレクション「XXIc.- 21世紀人」

2008年 4月 3日 10:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに進むと、デュイ・セイドによる『スティックマン』が佇み、身体というものについて考えさせられる。そして、奥ヘと歩みを進めると、日本初公開となるイサム・ノグチの『スタンディング・ヌード・ユース』が立ちはだかる。

イサム・ノグチ『スタンディング・ヌード・ユース』

 中国近代絵画の巨匠画家・斉白石のもとで修業をしたノグチが取り組んだのは、人間の裸体像だ。東洋と西洋の間で揺れる自我を見つめ直すのに格好のモチーフが人体だったのだろう。およそ100点ほど作成されたうちの一点がこの男性裸体像だ。静かに立っている男性の内部には、力強い線が走っている。人間そのものが持っている、内に秘めたエネルギーを感じずにはいられない。

 パッと会場が明るくなって、現れるのはnendoによる『キャベツチェア』だ。ディレクターの三宅氏曰く「nendoは難しいお題を出せば出すほど、さらりとやってのけてくれる希有な人」というnendoに突きつけられたテーマは、「『プリーツ プリーズ』の製造工程で出てくる紙を用いた作品」だ。


nendo『キャベツ・チェア』

 そして、21世紀の新しいものづくりという本展に通ずるテーマがある。素材とテーマが決められた上での作品。それは、ごくごくシンプルな椅子を作ることだった。紙を重ねて筒状に巻き、根元を固定して上部分から紙を割いて開いていく。チアガールが使うポンポンを作る要領に近いのだろうか。プリーツ状になった紙はふんわりと重ねられていき、丸い椅子となって生まれ変わった。家具作りの方法論を覆す、新しい椅子といえる。

Related article

  • 人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展
    人は日々変わり続ける「トランスフォーメーション」展
  • 混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
    混沌という状況の中から生まれてくるアート 「大竹伸朗展 ニューニュー」
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(4)
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(4)
  • ジョージ・ネルソンの大規模展、国内初開催
    ジョージ・ネルソンの大規模展、国内初開催
  • 現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
    現代アートの最先端から次世代の「視点」を見る、森美「六本木クロッシング2013展」
  • 公園や路地がミュージアムに「代官山インスタレーション」
    公園や路地がミュージアムに「代官山インスタレーション」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    フォトギャラリー:新型iPad・Apple TV、日本でも公開
  • 2
    「湾生回家」 【今週末見るべき映画】台湾生まれの日本人「湾生」を通じ日台を描く
  • 3
    今週末見るべき映画「世紀の光」
  • 4
    大人のためのグラフィカルなモビール「FRAMES」
  • 5
    今週末見るべき映画「鑑定士と顔のない依頼人」
  • 6
    新型「iPhone 4」発表、フロントカメラに高解像度ディスプレイ
  • 7
    今週末見るべき映画「リスボンに誘われて」
  • 8
    ミラノでのお披露目「ジャパンクリエイティブ」ついに発動
  • 9
    「アナログは疲れますね」 JNTHEDというアーティスト
  • 10
    こねずに簡単、もちもちパンが焼ける「ストウブ」の新定番

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加