三宅一生ディレクション「XXIc.- 21世紀人」

2008年 4月 3日 10:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 さらに歩みを進めると、ロボットのような人間のような形のオブジェがさまざまなポーズをとっている姿がある。藤原大+イッセイ ミヤケ クリエイティブルームによる『ザ・ウィンド』は、昨年の秋に発表された「DYSON A-POC」というシリーズに端を発し制作されたものだ。

イッセイ ミヤケ クリエイティブルーム『ザ・ウィンド』


 「DYSON A-POC」というのは、ダイソンクリーナーのパーツを一度すべて分解し、それぞれの部品を服のパーツに置き換えたシリーズだ。作品は、2つのブースに分かれており、「DYSON A-POC」の制作工程が分かるよう、使用されたパーツとそこから起こされた紙のパターンが並べて展示されていた(下写真)。


 「ここに展示されているのは、実物の2分の1の型紙になります。最初の工程としては、ダイソンのクリーナーをすべて分解して『この部分はスカートに使える』とか、『ここはジャケットに』とスタッフ全員で想像を膨らませていきます。そして、そのフォルムを実際の服に仕立てるためにパターンを起こします。モチーフに使われている柄やポケットの形、『DYSON A-POC』で使用されているすべてのフォルムはダイソンのクリーナーのパーツを再構成したものです。それがA-POCの技術で1枚の布になって織り上げられていくのです。今回の展示に合わせて、洋服を着るボディ(=人体)をすべてダイソンのパーツで仕上げました。ボディのポーズは、パスタを食べていたり、新聞を読んでいたり、子どもを抱いていたり、すべて日常の風景をモチーフにしています」(イッセイ ミヤケ クリエイティブルーム) 


 ダイソンのクリーナーという一つのプロダクトは、人が身にまとう衣服となり、衣服を身にまとう人体となって再構成される。それは、モノが溢れあらゆる表現が出尽くしたように思える現代において、既存の情報を再構成し新しい表現を探っていく。まさに今の時代のものづくりの考え方を表していると言えよう。そして、「ザ・ウィンド」(=風)というテーマには、ファッションとアート、デザインを縦横無尽に駆け巡る、そして時には前から、時には後ろから吹いてくる風のようにさまざまな局面から物事を見据えるという意味が内包されているのだ。

Related article

  • フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
    フォトギャラリー:「DESIGN TOUCH Exhibition 夢を叶えるデザイン展」
  • ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
    ローリー・シモンズのレアな映画「悔恨のミュージック」
  • 作られ続ける道具たち「日本の荒物 松野屋とSyuro 」
    作られ続ける道具たち「日本の荒物 松野屋とSyuro 」
  • 空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
    空気と水の関係を問う、ジョエル・マイロウィッツ個展
  • 伝統芸能×デザイン「落狂落笑 LUCKY LUCK SHOW」
    伝統芸能×デザイン「落狂落笑 LUCKY LUCK SHOW」
  • 今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」
    今週末見るべき映画「ビリー・エリオット ミュージカルライブ/リトル・ダンサー」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    「絵画の在りか」を探す、若手ペインター展
  • 2
    iPod nanoをアップデート、縦型で17,800円より
  • 3
    初のAMG専用モデル 「メルセデス・ベンツ SLS AMG」
  • 4
    10月6日より第33回 国民文化祭、第18回 全国障害者芸術「おおいた大茶会」開催!
  • 5
    黒と白の新・水栓美学、ドイツのグローエ社から
  • 6
    映像の身体性を問う「恵比寿映像祭」、26日まで
  • 7
    F1級の超軽量・高性能、オーデマ ピゲ2010年新作
  • 8
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 9
    25日から必見の「Exhibition : Lighting Art」
  • 10
    ルイーズ・キャンベルの新作照明

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加