岩井俊雄×YAMAHAのTENORI-ONが発売

2008年 4月 28日 14:25 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 待ちに待った日本での発売が決定した。その名は、「TENORI-ON(テノリオン)」。名前の通り、自分の手の中で音がどんどん重なり、美しいハーモニーとなって飛び出ていく、次世代の音楽インターフェースだ。昨年よりイギリスでテストマーケティングがスタートし、高い評価を得ていたが、いよいよ5月12日より、日本でも発売されることが発表された。


 ヤマハと共同で開発を手がけたのは、メディアアーティストの岩井俊雄氏だ(下写真左)。


 氏は、坂本龍一氏とのコラボレーション作品では国際的な賞を受賞し、世界的なメディアアーティストとして活躍する一方で、ウゴウゴルーガのCG制作や、実娘のために作った手作り玩具の作り方を著した『いわいさんちへようこそ!』など、親しみやすい作品も多数発表している。さまざまな作品を通じて、音と光(映像)を巧みに操り、鑑賞者にいままで味わったことのない視聴覚体験をさせてくれる。

 テノリオンは、デザインも、機能も、奏でる音も、すべてが新しい電子楽器である。インターフェースとして、16個×16個のLEDボタンが配列されており、それを押すことで演奏ができる。ピアノの鍵盤やギターの弦のようなものは存在しない。なので、楽譜というものが存在せず、音符が読めない人でもコードが分からない人でも、はたまたリズム感がない人でも、直感でボタンに触れるだけで演奏ができるような仕組みになっている。ボタンの配列は、縦軸(垂直)が音階、横軸(水平)が時間を表す。


 



 両手で本体を持ち、自分の好きなタイミングでボタンを押すと、音のボタンが光り、長押しをするとその音階が自動演奏される(Pushモード)。また、ボタンの上に指を滑らせると、描いた線は繰り返し再生されたり(Drawモード)、配置した音から光が落ちて跳ね返って新しいルズムを紡ぎ出したり(Bounceモード)。さらに、音色、ループスピード、テンポ、音量などは、インターフェースの両サイドにあるファンクションボタン(L・Rボタン)を使って、簡単に操作ができる。

Related article

  • ノート感覚で持ち歩ける次世代モバイルバッテリー
    ノート感覚で持ち歩ける次世代モバイルバッテリー
  • 今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
    今週末見るべき映画「めぐり逢わせのお弁当」
  • クラスカで「DOと岡尾さんで考えた 竹皮編み展」
    クラスカで「DOと岡尾さんで考えた 竹皮編み展」
  • 第15回東京フィルメックス。作品一挙紹介
    第15回東京フィルメックス。作品一挙紹介
  • ムービー:YouTubeとグッゲンハイム美術館がコラボ
    ムービー:YouTubeとグッゲンハイム美術館がコラボ
  • ムービー:キヤノン「NEOREAL」
    ムービー:キヤノン「NEOREAL」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ドイツデザインの巨匠、ディーター・ラムス展
  • 2
    リサ・ラーソンのプロダクトを作り続ける工房を訪問。フランコ氏インタビュー
  • 3
    伊・マセラティ×英・B&W、オーディオ登場
  • 4
    ミラノ、モルティーニ新作 ダークホースはロン・ジラード
  • 5
    IFFTインテリアライフスタイルリビング、11月2日から
  • 6
    銘酒「Ohmine」 を誕生させた秋山剛志氏に聞く―Bamboo Stylus duoで生まれる「伝え方」
  • 7
    東京・赤坂に新感覚のドーナツショップ「Neyn」
  • 8
    アストンマーティンから2ドア新型スポーツGT「ヴィラージュ」
  • 9
    堂島リバービエンナーレ2011 レポート
  • 10
    エクレアの祭典「FAUCHONエクレアウィーク」、日本初上陸

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加