仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール

2008年 5月 13日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「僕は森を育てるように、アイデアを育てている」というのは、フランスのコンテンポラリーアート界の鬼才、ファブリス・イベール。彼は、1997年のベネチア・ビエンナーレで、フランス館をテレビ局の収録スタジオに変身させ、実際にテレビ番組を放送するという思いもよらない発想で、見事、最年少で金獅子賞を受賞した。

 日本では、2001年にワタリウム美術館で個展を開いたほか、05年に新国立劇場で行われた、振付師プレルジョカージュのバレエ『Les 4 saison(四季)』の舞台美術と衣装を手がけたり、06年の大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレにも出品している。絵画、造形、マルチメディア、インスタレーションなどさまざまな手法を巧みに用い、奇抜なコンセプトで毎回私たちを驚かせてくれる。

 現在、東京・渋谷区神宮前のワタリウム美術館では、ファブリス・イベールの個展「たねを育てる展」が開催中だ。会場(2F)に入ると、まずはテディ・ベアがお出迎え。


「テディ・ベア(Ted Hyber)」(2008)という作品だ。ファブリス・イベールは、作品名などに、言葉遊びを用いることが多い。これもそのひとつである。テディベアと、彼の名前イベール(Hyber)をかけているのだ。

 そして奥には「野菜男」が。「エム・アイ・ティ・マン(Mit Man)」(2008)。野菜を素材にして、人体彫刻を作り上げている。


もちろん遠くから見ても、近寄ってみても、すべての素材は野菜なのだが、やっぱり人間に見えてしまう。なんだかおかしみが込み上げてくる作品だ。

Related article

  • 服部一成の仕事展「服部一成二千十年十一月」
    服部一成の仕事展「服部一成二千十年十一月」
  • 「恵比寿映像祭」の今年のテーマは「Public⇄Diary」。 さまざまな角度から記録と記憶を検討する。
    「恵比寿映像祭」の今年のテーマは「Public⇄Diary」。 さまざまな角度から記録と記憶を検討する。
  • 今週末見るべき映画「ビッグ・アイズ」
    今週末見るべき映画「ビッグ・アイズ」
  • 「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
    「豊島美術館」環境、アート、建築の融合:瀬戸内国際芸術祭
  • 今週末見るべき映画「イーダ」
    今週末見るべき映画「イーダ」
  • パートナーと使いたい、シックな「ル・クルーゼ」新作
    パートナーと使いたい、シックな「ル・クルーゼ」新作

Prev & Next

Ranking

  • 1
    香港にビジネス向け新ホテル、 east(イースト)
  • 2
    ドイツからデザイン バス・シャワーシステム
  • 3
    女は二度決断する 【今週末見るべき映画】
  • 4
    【レポート】第三回ヘンタイ美術館、「理想と現実、どちらがヘンタイか」
  • 5
    ヴィトラからジョージ・ネルソン幻の時計が発売に
  • 6
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 7
    カンヌ・レポート3:河瀬直美監督凱旋、シネフォンダシオンの平柳敦子監督受賞
  • 8
    E&Yから二俣公一の新作「ハンモック」
  • 9
    シャネルの新たなエレガンス「No19 プードレ」誕生
  • 10
    厳選15ギャラリーによるアートフェア「G-tokyo 2010」開催

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加