仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール

2008年 5月 13日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「僕は森を育てるように、アイデアを育てている」というのは、フランスのコンテンポラリーアート界の鬼才、ファブリス・イベール。彼は、1997年のベネチア・ビエンナーレで、フランス館をテレビ局の収録スタジオに変身させ、実際にテレビ番組を放送するという思いもよらない発想で、見事、最年少で金獅子賞を受賞した。

 日本では、2001年にワタリウム美術館で個展を開いたほか、05年に新国立劇場で行われた、振付師プレルジョカージュのバレエ『Les 4 saison(四季)』の舞台美術と衣装を手がけたり、06年の大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレにも出品している。絵画、造形、マルチメディア、インスタレーションなどさまざまな手法を巧みに用い、奇抜なコンセプトで毎回私たちを驚かせてくれる。

 現在、東京・渋谷区神宮前のワタリウム美術館では、ファブリス・イベールの個展「たねを育てる展」が開催中だ。会場(2F)に入ると、まずはテディ・ベアがお出迎え。


「テディ・ベア(Ted Hyber)」(2008)という作品だ。ファブリス・イベールは、作品名などに、言葉遊びを用いることが多い。これもそのひとつである。テディベアと、彼の名前イベール(Hyber)をかけているのだ。

 そして奥には「野菜男」が。「エム・アイ・ティ・マン(Mit Man)」(2008)。野菜を素材にして、人体彫刻を作り上げている。


もちろん遠くから見ても、近寄ってみても、すべての素材は野菜なのだが、やっぱり人間に見えてしまう。なんだかおかしみが込み上げてくる作品だ。

Related article

  • Red Bull Music Academy主宰。知覚の極限に迫る、池田亮司展
    Red Bull Music Academy主宰。知覚の極限に迫る、池田亮司展
  • 桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
    桃太郎の鬼ヶ島にインストールされた現代アート:瀬戸内芸術祭
  • ヴェルナー・パントンの「干草の山」とは?
    ヴェルナー・パントンの「干草の山」とは?
  • ビブリオファイル Cruising 10月のおすすめ
    ビブリオファイル Cruising 10月のおすすめ
  • 世界の一流とアジアの新鋭が集う、香港アートの旅
    世界の一流とアジアの新鋭が集う、香港アートの旅
  • Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)
    Interview:気鋭の映像作家の創造の源を探る/ミシェル・ゴンドリーの世界(1)

Prev & Next

Ranking

  • 1
    2本の紐で編み上げられた、革新的なスニーカー『UNEEK』
  • 2
    今週末見るべき映画「ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実」
  • 3
    ミラノの街で太陽光の新しい提案が輝いた!パナソニック現地報告
  • 4
    今週末見るべき映画「ナショナル・ギャラリー 英国の至宝」
  • 5
    今週末見るべき映画「マダム・イン・ニューヨーク」
  • 6
    世界で最も知られる日本の建築運動「メタボリズム」って?
  • 7
    太宰府 竈門神社新社務所計画プロジェクト。Wonderwall 片山正通氏、ジャスパー・モリソン氏インタビュー。
  • 8
    ウィメンズ|色彩溢れるパリスナップ(3)
  • 9
    元フランスの一流メゾン革職人が来日、受注会開催
  • 10
    最新リノベ物件事情、東京・目黒の「マンション雅叙苑」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加