仏現代アートの鬼才、ファブリス・イベール

2008年 5月 13日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「僕は森を育てるように、アイデアを育てている」というのは、フランスのコンテンポラリーアート界の鬼才、ファブリス・イベール。彼は、1997年のベネチア・ビエンナーレで、フランス館をテレビ局の収録スタジオに変身させ、実際にテレビ番組を放送するという思いもよらない発想で、見事、最年少で金獅子賞を受賞した。

 日本では、2001年にワタリウム美術館で個展を開いたほか、05年に新国立劇場で行われた、振付師プレルジョカージュのバレエ『Les 4 saison(四季)』の舞台美術と衣装を手がけたり、06年の大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレにも出品している。絵画、造形、マルチメディア、インスタレーションなどさまざまな手法を巧みに用い、奇抜なコンセプトで毎回私たちを驚かせてくれる。

 現在、東京・渋谷区神宮前のワタリウム美術館では、ファブリス・イベールの個展「たねを育てる展」が開催中だ。会場(2F)に入ると、まずはテディ・ベアがお出迎え。


「テディ・ベア(Ted Hyber)」(2008)という作品だ。ファブリス・イベールは、作品名などに、言葉遊びを用いることが多い。これもそのひとつである。テディベアと、彼の名前イベール(Hyber)をかけているのだ。

 そして奥には「野菜男」が。「エム・アイ・ティ・マン(Mit Man)」(2008)。野菜を素材にして、人体彫刻を作り上げている。


もちろん遠くから見ても、近寄ってみても、すべての素材は野菜なのだが、やっぱり人間に見えてしまう。なんだかおかしみが込み上げてくる作品だ。

Related article

  • 森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
    森山大道の初期マガジンワークより幻の名作写真シリーズ
  • カンヌ・レポート2:「ある視点」。カンヌ映画祭コンペティション以外の部門について
    カンヌ・レポート2:「ある視点」。カンヌ映画祭コンペティション以外の部門について
  • バスキアのアートと融合した革新的ウォッチ
    バスキアのアートと融合した革新的ウォッチ
  • 「オバケ」と「パンツ」と「お星さま」どれが好き?
    「オバケ」と「パンツ」と「お星さま」どれが好き?
  • 野村仁回顧展「変化する相—時・場・身体」
    野村仁回顧展「変化する相—時・場・身体」
  • 冬のパリの楽しみ方。フレッシュに生まれ変わったギャラリー・ラファイエットへ
    冬のパリの楽しみ方。フレッシュに生まれ変わったギャラリー・ラファイエットへ

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    秋のデザイン祭り、サテライト会場を厳選ピックアップ!
  • 3
    今週末見るべき映画「ローマ法王の休日」
  • 4
    ビブリオファイル Cruising 12月のおすすめ
  • 5
    長野県浅間温泉「界 松本」、花とハーブの美肌プログラム
  • 6
    フィンランドデザインで埋め尽くされる10日間
  • 7
    good juice|家族と働く人を応援する、コールドプレスジュース
  • 8
    フォトギャラリー:iPadスリーブ「F23 iPAD SLEEVE」
  • 9
    デンマークの名作が一堂に 「クラシックファニチャーコレクション」
  • 10
    ミラノサローネで発表のヤマギワ新作照明が東京に

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加