生誕100年記念、チャールズ・イームズの写真展

2008年 5月 27日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 チャールズ&レイ・イームズと言えば、わが国でもデザイン家具の火付け役となっただけではなく、さまざまなデザイン、アート活動が評価される偉大なデザイナーだ。


photo by Lucia Eames ©2008 Eames Office LLC
 チャールズが生誕100年を迎えたのを記念して「チャールズ・イームズ写真展100 images × 100 words 偉大なるデザイナーのメッセージ」が東京・六本木のアクシスギャラリー開催中だ。イームズと言えば映像作品や実験的なデザインワークも知られているが、写真だけの展覧会というのは意外にも初めて。

 興味深いのは、発表するための写真としてではなく、記録資料として撮られた未発表の写真ばかりだという点。膨大な数の中から100点を選び出すのは、気が遠くなるような作業だったと言う。その写真は見ているだけでイームズの「眼」を追体験できる。


Interior, Eames House [early 1950s] ©2008 Eames Office LLC
 壁面ではなく、空間に吊るように展示された写真は、その裏にイームズの言葉が記してあり、2倍楽しむことができる。会場構成は廣村正彰。雑然としたアトリエ、当時の工業製品のクローズアップ、和服の足もと、旅先の風景など、撮影対象も様々だが、大きくぶれたピント、くすんだ色、天然色カラー、モノクロと、撮り方も一様に定めず、感じたままに撮ってゆくイームズの眼がリアルに迫ってくる。

 特に印象的なのが、イームズハウスの日常を切り取った何気ないカット。ホーローのキッチンシンクの中にふせられた、ぽってりと厚いパステルカラーの器たち。


Ktichen sink, Eames House [ca. 1955] ©2008 Eames Office LLC
 パンにゆで卵、煮た果物が慎ましやかに並ぶ、清潔な朝の食卓。あの偉大なデザイナー夫妻も、仕事以外の時間は、温かく心和む時間を過ごした家族だったのだと再認識させられる。

 会場ではフィルムも上映。決して大きな会場ではないが、空間全体がイームズの写真に包まれた、落ちつく展示となっている。6月8日まで。

チャールズ・イームズ写真展
100 images × 100 words 偉大なるデザイナーのメッセージ

 アクシスギャラリー
 東京都港区六本木5-17-1 AXISビル4F
 開催中~6月8日(日)Open.11:00~19:00(最終日は17:00まで)

取材/本間美紀

Related article

  • シトロエン新型C5、“ザハ”的なるデザインとは
    シトロエン新型C5、“ザハ”的なるデザインとは
  • 「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」幻のデザイン
    「イッセイ ミヤケ×エットーレ・ソットサス」幻のデザイン
  • 15日まで、ホンマタカシ写真展「Seeing Itself 建築写真編」
    15日まで、ホンマタカシ写真展「Seeing Itself 建築写真編」
  • シンプルさを究極まで追求、スクエアストリートウォッチ
    シンプルさを究極まで追求、スクエアストリートウォッチ
  • ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
    ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
  • 名古屋の
    名古屋の"天空の城"、トーヨーキッチンスタイル本社がリニューアル

Prev & Next

Ranking

  • 1
    タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート
  • 2
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 3
    クルーズ新世紀(2)~ism世代のマイシップ|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 4
    フィリップ・スタルクデザイン、高機能ヘッドフォン『Parrot Zik』
  • 5
    今週末見るべき映画「スノーピアサー」
  • 6
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 7
    BMWのSUV、X5とX6に「Mモデル」追加
  • 8
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加