アートの常識を覆した若者たち「ビューティフル・ルーザーズ」

2008年 7月 29日 10:15 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 「アートって誰の物なんだろう?」 偉い芸術家や批評家のためのものなのか、美術大学を出たエリートのものなのか。そうじゃない、アートはみんなのものであり、そして誰のものでもないのだ。この映画は、そんな単純なことを改めて認識させてくれた。


 8/2(土)から東京・渋谷の渋谷シネマライズ他で公開される、映画『BEAUTIFUL LOSERS(ビューティフル・ルーザーズ)』は、アートの常識を覆した、あるムーヴメントにフィーチャーしたドキュメンタリー作品。この公開に合わせて、ラフォーレミュージアムでは登場するアーティストの作品が一堂に会すグループ展を開催する。


 舞台は90年代のアメリカ。スケートボード、サーフィン、パンク、ヒップホップ、グラフィティ…、自分たちの好きな音楽や遊びで時間を潰すために、ストリートに集まる若者たち。時間と体力をもてあまし、世間ではLOSERS(落ちこぼれ)のレッテルを貼られている彼らを変えたもの、それが「創作」である。

 彼らを創作へと駆り立てたのは、アーロン・ローズ。NYに小さなギャラリー「ALLEGED(アレッジド)」(1992~2002)を構え、退屈している彼らに創作の場を与えた。そこに集まったメンバーに共通していたのは、美術教育を受けていないこと。

 キーワードは「D.I.Y(Do it yourself)」の精神。自分たちで作品を作り、自分たちで展示をし、自分たちでネットワークを広げてムーブメントを作り上げていく「手作り」の心だ。

 まるで子どもの落書きのような、彼らのピュアな創作意欲と遊び心にユニークな批判精神が盛り込まれたアートワ−クは、ストリートから広がっていき、世界のアートシーンで注目を集めるようになる。彼らは、それまであったアートへの認識 -金持ちのための崇高なもの- という概念を覆し、スケーターやグラフィティライター、ミュージシャンといったストリートキッズたちに浸透させたのだ。

Ranking

  • 1
    天然の黄金色が美しい、奇跡のような植物のジュエリー
  • 2
    ハイメ・アジョン来日、伊勢丹新宿店×デザインタイド
  • 3
    ひとときも飽きることがない|ワン&オンリー・リーティラ|モルディブ
  • 4
    今週末見るべき映画「バレエに生きる ~パリ・オペラ座のふたり~」
  • 5
    今週末見るべき映画「マリア・カラスの真実」
  • 6
    GoogleがVRヘッドセット「Cardboard」を発表
  • 7
    ジャン・レノ主演、IWC「ポルトギーゼ」映画上映パーティ
  • 8
    次世代のロフト「有楽町LOFT」が1日オープン
  • 9
    気分はヨーロッパのキッチン? 日立の新しい大型冷蔵庫
  • 10
    ドイツの現代美術家、レベッカ・ホルンの日本初個展

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加