誰も見たことのない東京の風景を切り取った写真集

2008年 8月 11日 00:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 写真家・石塚元太良。くっきりと写る壁と背景に溶け込んでいくようなポートレートを対比させた『WWWWW』(青幻社)、アラスカの美しい風景の中にあるパイプラインを追った『PIPELINE ALASKA』等、明確なコンセプトのもとで想像力豊かな作品を発表し、注目を集めている写真家の一人である。

 世界中を旅し、その風景を独自の視点でフィルムに刻んできた写真家の石塚元太良が、次に着目したのは、生まれ育った東京の街だった。東京の血脈のように張り巡らされている河川にカヌーを浮かべ、シャッターを切る。

 その写真をまとめた写真集『INNER PASSAGE』の発売を記念し、ギャラリーホワイトルームトウキョウで、写真展がスタートした。


日本橋川(左)、水道橋の神田川(右)



古川、港区の金杉橋(左)、神田川、水道橋(右)


 最初に雑誌で彼の写真を見た時には、普通に「きれいな景色だな」とぼんやりと眺めてしまった。ゆらゆらと揺らめく水面にビルや植物が写り込み、その上にビュンと高速道路が走っている。古くから人の生活には欠かせない水脈としての川のゆらぎと、その周りを覆い尽くすようなビシッとしたコンクリートの曲線。その対比が面白かった。

 そして、水面に写り込む街と水面から見上げる街は、いつも自分が見ている東京の街と比べて、とても美しい風景に見えてしまったのだ。絶えず流れてゆく川によって風景そのものが浄化されてしまったのか。この風景は本当に東京なのか?という疑問さえ覚えてしまう。


神田川、江戸川橋(左)、神田川、お茶の水聖橋(右)

 堤防によって遮断されてしまい、遥か下の方を流れる東京の川。そこから街を見上げると、遥か向こうに人や建物が見える。もはや人の生活は感じられず、その水の流れは見知らぬどこかへと続いてゆく。8/25まで。


個展「INNER PASSAGE」
 ~8月25日まで
 ギャラリー ホワイト ルーム トウキョウ
 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE 3F
 お問い合わせ:tel.03-5774-191


写真集『INNER PASSAGE』¥2,800
 お問い合わせ:エスプレ tel:03-3496-8501

取材/上條桂子

Related article

  • PUMA×バイオメガの九谷焼バイク
    PUMA×バイオメガの九谷焼バイク
  • 「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
    「世紀末芸術」の旗手、フェルディナント・ホドラー展
  • 今週末見るべき映画「ディオールと私」
    今週末見るべき映画「ディオールと私」
  • フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(3)
    フォトギャラリー:デザインタイドトーキョー メイン会場(3)
  • 伊勢丹新宿店でISETAN JAPAN SENSES
    伊勢丹新宿店でISETAN JAPAN SENSES
  • ホンマタカシ氏の建築写真展、金沢で21日まで
    ホンマタカシ氏の建築写真展、金沢で21日まで

Prev & Next

Ranking

  • 1
    鈴木理策が語るセザンヌの魅力
  • 2
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」
  • 3
    レイバン 伝説のサングラスが復活
  • 4
    「オルセー美術館展2010—ポスト印象派」 見どころは?
  • 5
    Works/デザイン|革新し続けるデザイナー 吉岡徳仁(2)
  • 6
    ジャズ名盤講座第2回「ブルーノート~4000番台編」ビギナー向け15選!マスター向け23選!
  • 7
    ジャズ名盤講座第31回「Muse+Xanadu編」Muse19選!Xanadu19選!
  • 8
    あのクリエイターに今、ききたいこと。深澤直人さん〈プロダクトデザイナー〉
  • 9
    森本千絵のルーツを巡る。『en°木の実』展レポート
  • 10
    「フォション」超限定企画のエクレア、価格は時価

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加