アート気分で走る、ボルボC30グラフィックカー

2008年 8月 13日 23:00 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 自分好みのグラフィックを選んでクルマをカスタマイズできる、「C30 グラフィックカー」がボルボから登場した。今年はファッションでも、“アート”なデザインがトレンドとなっているが、ついにクルマも自由にアートできる時代に。


 「C30 グラフィックカー」は、約20種類のデザインパターンを施したフィルムから、好みのパターンを選んで「ボルボC30」の既存のボディに自由に組み合わせることができる。今回、日本に上陸したグラフィックカーは、小枝、バタフライ、レインボーなど北欧らしい自然モチーフ柄や、ドットなどのポップなグラフィックなど全6種類。

 街を走ればさり気なく視線を集めるデザインは、Tシャツ感覚で気軽に楽しめる。というのも、このグラフィックは粘着性のフィルムになっており、飽きたら剥がすこともできるのだ。

 これまでいわゆる“アートカー”というと、それこそコレクターしか手に入れられない特別なものというイメージがあったが、この「C30 グラフィックカー」はアートな気分をもっと身近に楽しむことができる。とくに未来感覚の個性的なテールゲートを持つボルボC30のスタイルは、街でも目立つ“印象派”となりそうだ。


Related article

  • キャンピングカーで生活する「モダン・ノマド」
    キャンピングカーで生活する「モダン・ノマド」
  • 20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
    20日まで、フセイン・チャラヤン初の大規模個展
  • 吉岡徳仁氏による「PLEASE HELP JAPAN」
    吉岡徳仁氏による「PLEASE HELP JAPAN」
  • 50周年を迎えた「ソメスサドル」の新機軸
    50周年を迎えた「ソメスサドル」の新機軸
  • レクサスの特別仕様「LFA ニュルブルクリンク パッケージ」
    レクサスの特別仕様「LFA ニュルブルクリンク パッケージ」
  • 今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」
    今週末見るべき映画「イミテーション・ゲーム エニグマと天才数学者の秘密」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    タブーを打ち破った1台・日産GT−R、試乗レポート
  • 2
    今週末見るべき映画「スノーピアサー」
  • 3
    ミラノサローネ2010、新デザイナーの起用 フレデリシア
  • 4
    BMWのSUV、X5とX6に「Mモデル」追加
  • 5
    「ピエールマルコリーニ・エクレア」販売スタート
  • 6
    ゴンドリーの原点、ミュージック・ビデオBEST10/ミシェル・ゴンドリーの世界(2)
  • 7
    クルーズ新世紀(2)~ism世代のマイシップ|ダイヤモンド・プリンセスの楽しみ方
  • 8
    フィリップ・スタルクデザイン、高機能ヘッドフォン『Parrot Zik』

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加