デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」

2008年 10月 27日 19:50 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車や家電製品など、リサイクルを意識して素材や構造が見直されている今。その製品が、どのようにリサイクルされているのか? ということに関心が高まってきた。そんな中、家電ブランドのデロンギが、リサイクルとチャリティー、そしてアートを融合したプロジェクト「Re-Art Charity Project」をスタートした。

 デロンギといえば、オイルラジエターヒーターが有名なのはご存じの通り。ちなみに、そのヒーター、2007年度の実績では、総リサイクル率が98.2%(重量比実績)にも及ぶのだ。これは、1996年にスタートした、デロンギユーザーの不要品をメーカーが回収・分別・分解を行い、リユースするという「回収・再資源化システム」によるもので、環境問題に取り組むメーカーの本気度がよく分かる。

 さて、「Re-Art Charity Project」であるが、写真にある「ブラッシュド アルミニウム コレクション」のパワーブレンダーを再利用して、アクセサリーを制作し、オークション形式で販売。その収益金を「Masiela Trust Fund(マシエラ トラスト ファンド)」に寄付する、というプロジェクトだ。

No.9 De’Longhi Logo Series Necklace(左/リアルオークションにて出品)、No.47 De’Longhi Logo Series Bolo Ties(下/オンラインオークションにて出品)、No.23 De’Longhi Logo Series Key Holder(右上/オンラインオークションにて出品)。写真奥のパワーブレンダーは¥23,000。

 造形作家の櫻井正一氏の手によって、宝飾品として甦ったアイテムは全部で88アイテム。そのうち、8アイテムには、ボツワナ産のダイヤモンドをあしらい、“リサイクル”の域を超えたモノになっている。

 なぜ、ボツワナ? かというと、ボツワナ共和国の平均寿命は世界一短く、なんと35歳なのである(2006年、国連調べ)。平均寿命が長いといわれる日本は82.1歳。その差、実に47.1歳! 寿命の差は、医療や生活環境の差だといわれているが、それにしても驚くべき数字である。そんな、ボツワナ共和国の生活環境を改善するという意味が、今回のプロジェクトに込められているのだ。

Related article

  • さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
    さまざまな体験からみちびかれるアート|ホンマタカシ「Seeing Itselfー見えないものを見る」
  • スター・ウォーズ展|世界初公開のアート作品が展示!
    スター・ウォーズ展|世界初公開のアート作品が展示!
  • ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
    ケータイで芸術は可能なのか?ケータイ写真展
  • Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
    Interview: ヤノベケンジ、ステンドグラス「Sun Child」
  • NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
    NYストリートの歴史とカルチャーを感じる、ブルース・ダベンポートJrの展覧会。
  • クラチカ ヨシダ 表参道 にて先行&限定販売
    クラチカ ヨシダ 表参道 にて先行&限定販売

Prev & Next

Ranking

  • 1
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 2
    瀬戸内海を切り開く?「ファスナーの船」:瀬戸内国際芸術祭
  • 3
    世界初公開のカチナ!「倉俣史朗とエットレ・ソットサス」
  • 4
    ブルガリ「B.zero1」のアニッシュ・カプーア バージョン
  • 5
    東京デザイナーズウィーク2008 レポート(2)
  • 6
    フランス映画祭、見どころ|2015
  • 7
    今週末見るべき映画「おみおくりの作法」
  • 8
    背筋がゾゾッとする彫刻。「小谷元彦展:幽体の知覚」展
  • 9
    ヌード!ヌード!ヌード!篠山紀信がビルジャック
  • 10
    北欧雑貨が揃う「北欧デザインハウス」が、表参道ヒルズに

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加