デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」

2008年 10月 27日 19:50 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車や家電製品など、リサイクルを意識して素材や構造が見直されている今。その製品が、どのようにリサイクルされているのか? ということに関心が高まってきた。そんな中、家電ブランドのデロンギが、リサイクルとチャリティー、そしてアートを融合したプロジェクト「Re-Art Charity Project」をスタートした。

 デロンギといえば、オイルラジエターヒーターが有名なのはご存じの通り。ちなみに、そのヒーター、2007年度の実績では、総リサイクル率が98.2%(重量比実績)にも及ぶのだ。これは、1996年にスタートした、デロンギユーザーの不要品をメーカーが回収・分別・分解を行い、リユースするという「回収・再資源化システム」によるもので、環境問題に取り組むメーカーの本気度がよく分かる。

 さて、「Re-Art Charity Project」であるが、写真にある「ブラッシュド アルミニウム コレクション」のパワーブレンダーを再利用して、アクセサリーを制作し、オークション形式で販売。その収益金を「Masiela Trust Fund(マシエラ トラスト ファンド)」に寄付する、というプロジェクトだ。

No.9 De’Longhi Logo Series Necklace(左/リアルオークションにて出品)、No.47 De’Longhi Logo Series Bolo Ties(下/オンラインオークションにて出品)、No.23 De’Longhi Logo Series Key Holder(右上/オンラインオークションにて出品)。写真奥のパワーブレンダーは¥23,000。

 造形作家の櫻井正一氏の手によって、宝飾品として甦ったアイテムは全部で88アイテム。そのうち、8アイテムには、ボツワナ産のダイヤモンドをあしらい、“リサイクル”の域を超えたモノになっている。

 なぜ、ボツワナ? かというと、ボツワナ共和国の平均寿命は世界一短く、なんと35歳なのである(2006年、国連調べ)。平均寿命が長いといわれる日本は82.1歳。その差、実に47.1歳! 寿命の差は、医療や生活環境の差だといわれているが、それにしても驚くべき数字である。そんな、ボツワナ共和国の生活環境を改善するという意味が、今回のプロジェクトに込められているのだ。

Related article

  • スウェーデン発「デザイン・バーベキューガスグリル」
    スウェーデン発「デザイン・バーベキューガスグリル」
  • 今週末見るべき映画「KANO―カノ―」
    今週末見るべき映画「KANO―カノ―」
  • 「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
    「静けさのなかにみえる、未来への道筋」 トーマス・バイルレ インタビュー
  • 清水久和が世界に放つ 「フルーツ」
    清水久和が世界に放つ 「フルーツ」
  • 青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
    青山スパイラルの中に巨大な“巣”が出現?NUMEN / For USEの企み
  • バーナード・リーチに再注目!9月1日から展覧会開催
    バーナード・リーチに再注目!9月1日から展覧会開催

Prev & Next

Ranking

  • 1
    今週末見るべき映画「ローマ法王の休日」
  • 2
    開館記念展11日まで、アキバの新しい顔「3331 Arts Chiyoda」
  • 3
    世界的なパティシエがやっている“町のお菓子屋さん”
  • 4
    今週末見るべき映画「シャドー・ダンサー」
  • 5
    「ババグーリ」の新作小物は早くも夏の香り
  • 6
    バンコクから世界へ。20周年のマンゴツリーが横浜に
  • 7
    ラトビアから届いた、温もり溢れるギフトをクリスマスに
  • 8
    一瞬の情景を切り取る。 高性能コンパクトデジタルカメラ、ライカX2が登場
  • 9
    いま観るべき芝居『わが星』|劇団ままごと劇作家・柴幸男インタビュー
  • 10
    人類の進化と衣服の歴史「杉本博司 ハダカから被服へ」展が開催中

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加