デロンギがジュエリーを発売?「Re-Art Charity Project」

2008年 10月 27日 19:50 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 自動車や家電製品など、リサイクルを意識して素材や構造が見直されている今。その製品が、どのようにリサイクルされているのか? ということに関心が高まってきた。そんな中、家電ブランドのデロンギが、リサイクルとチャリティー、そしてアートを融合したプロジェクト「Re-Art Charity Project」をスタートした。

 デロンギといえば、オイルラジエターヒーターが有名なのはご存じの通り。ちなみに、そのヒーター、2007年度の実績では、総リサイクル率が98.2%(重量比実績)にも及ぶのだ。これは、1996年にスタートした、デロンギユーザーの不要品をメーカーが回収・分別・分解を行い、リユースするという「回収・再資源化システム」によるもので、環境問題に取り組むメーカーの本気度がよく分かる。

 さて、「Re-Art Charity Project」であるが、写真にある「ブラッシュド アルミニウム コレクション」のパワーブレンダーを再利用して、アクセサリーを制作し、オークション形式で販売。その収益金を「Masiela Trust Fund(マシエラ トラスト ファンド)」に寄付する、というプロジェクトだ。

No.9 De’Longhi Logo Series Necklace(左/リアルオークションにて出品)、No.47 De’Longhi Logo Series Bolo Ties(下/オンラインオークションにて出品)、No.23 De’Longhi Logo Series Key Holder(右上/オンラインオークションにて出品)。写真奥のパワーブレンダーは¥23,000。

 造形作家の櫻井正一氏の手によって、宝飾品として甦ったアイテムは全部で88アイテム。そのうち、8アイテムには、ボツワナ産のダイヤモンドをあしらい、“リサイクル”の域を超えたモノになっている。

 なぜ、ボツワナ? かというと、ボツワナ共和国の平均寿命は世界一短く、なんと35歳なのである(2006年、国連調べ)。平均寿命が長いといわれる日本は82.1歳。その差、実に47.1歳! 寿命の差は、医療や生活環境の差だといわれているが、それにしても驚くべき数字である。そんな、ボツワナ共和国の生活環境を改善するという意味が、今回のプロジェクトに込められているのだ。

Related article

  • 未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結
    未来を担う36組のアーティストが、森美術館に集結
  • 今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
    今週末見るべき映画「涙するまで、生きる」
  • 柴田文江デザインの温もりを感じさせるプロダクト
    柴田文江デザインの温もりを感じさせるプロダクト
  • Interview:フォトグラファー・Hiro Kimura|俺だからこそ、見せてくれるその人の顔を撮り続けたい
    Interview:フォトグラファー・Hiro Kimura|俺だからこそ、見せてくれるその人の顔を撮り続けたい
  • 眼鏡作家・ヤマシタリョウが創る『江戸金枠「鏡花」展』が始まる
    眼鏡作家・ヤマシタリョウが創る『江戸金枠「鏡花」展』が始まる
  • 音楽をカジュアルに楽しめる「バルーン型」スピーカー
    音楽をカジュアルに楽しめる「バルーン型」スピーカー

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ミラノサローネとは一体何なのか?━世界最大のデザインイベント
  • 2
    木の名作椅子「HIROSHIMA」が生まれる現場を訪ねる。 マルニ木工・本社工場レポート
  • 3
    今週末見るべき映画「起終点駅 ターミナル」
  • 4
    北斎 VS 広重 浮世絵、富士山対決
  • 5
    TDC20周年記念「33冊のブックと、77枚の絵はがき展」
  • 6
    マネのミューズで在り続けた、女流画家ベルト・モリゾ
  • 7
    小型プレミアムオープン、BMW「120i カブリオレ」
  • 8
    アマン東京|静謐な美が宿る極上の空間
  • 9
    上質なポートワイン×ショコラを味わうのが、大人の愉しみ
  • 10
    ジャズ名盤講座第1回「ブルーノート~1500番台編」

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加