『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

今週末見るべき映画「懺悔」

2008年 12月 17日 21:45 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 旧ソ連、グルジアの監督テンギズ・アブラゼの「懺悔」(ザジフィルムズ配給)は、「祈り」「希望の樹」に続く「懺悔三部作」の最後を飾る映画である。


(C)Georgia-Film, 1984

 1969年の「祈り」は、グルジアの詩人ヴァジャ・ブシャヴェラの詩に基づいたドラマで、社会の不正を告発した。また1977年の「希望の樹」では、革命前のロシア、コーカサスの村の古い慣習に縛られた若い男女の悲劇を描いた。

 「懺悔」は、1984年の作品。ペレストロイカ(改革)とグラスノスチ(情報公開)を唱えたゴルバジョフ大統領は1991年に辞任、事実上、ソ連が崩壊した。「懺悔」は、ペレストロイカやグラスノスチを推進、結果としてソ連崩壊を招いた映画とも言われている。

 町の独裁者である町長が死ぬ。墓に入れられるが、遺体がたびたび掘り起こされ、家族のもとへ届く。犯人は女性。両親は、死んだ独裁者にかつて粛清、殺害されていた。犯人は裁判にかけられ、無罪を主張、過去を振り返っていく。

 ことはグルジアだけの話ではない。

 かつてロシアでは、スターリンによる粛清の嵐が吹き荒れた。テンギズ・アブラゼは、架空の町に姿を借りて、独裁者によって粛清された家族の悲劇を、リアリズムからやや距離をおいた表現で、幻想的、象徴的に描いていく。

 犯人の女性が幼いころを回想する。母親の見る夢は、夫とともに顔だけ出して、土のなかに埋められている。サミュエル・ベケットの芝居「しあわせな日々」やゴヤの絵「砂に埋もれる犬」を思い起こすような描き方である。


 父親は、無政府主義者として告発され、鎧に身を固めた男たちに連行される。やがて粛清の手は、友人知人にも伸びていく。

 テンギズ・アブラゼ監督は、ことさら歴史の汚点を告発していない。静かに、淡々と、権力による、平凡な家族への悲惨な仕打ちを描いていく。

 どこかで今なお、テロとその報復が続いている。国と国、民族と民族、人と人との戦いがある限り、常に名もない庶民が犠牲になる。独裁者の横暴を許した社会や人たちに罪があるのか、そして、懺悔すべきは誰なのか、観客は、じわりと問いつめられることになる。

 象徴的な、見事なラストシーンがある。権力者の築き上げたものには、救いがない。真理である。

Related article

  • 今週末見るべき映画「マルタのことづけ」
    今週末見るべき映画「マルタのことづけ」
  • エルミタージュ美術館 美を守る宮殿 【今週末見るべき映画】
    エルミタージュ美術館 美を守る宮殿 【今週末見るべき映画】
  • 人はなぜ自然に挑むのか?パタゴニアのフィルム・フェスティバル
    人はなぜ自然に挑むのか?パタゴニアのフィルム・フェスティバル
  • カフェ・ソサエティ【今週末見るべき映画】
    カフェ・ソサエティ【今週末見るべき映画】
  • 今週末見るべき映画「あの日、欲望の大地で」
    今週末見るべき映画「あの日、欲望の大地で」
  • 今週末見るべき映画「あの夏の子供たち」
    今週末見るべき映画「あの夏の子供たち」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    コール ハーン「ルナグランドウィングチップ」の新作カラーを発売
  • 2
    フィンランド発、アルテックとマリメッコの展覧会
  • 3
    服部一成の仕事展「服部一成二千十年十一月」
  • 4
    有楽町に初の本格派グルメバーガー店オープン
  • 5
    シシーに会いに、ウィーンへ。華やかな貴族文化を垣間みる
  • 6
    ポルシェ、最新ハイブリッド技術の結晶「918RSR」
  • 7
    「レンジローバー・イヴォーク5ドア」が初公開
  • 8
    日常づかいのうつわとして、「明日の京焼・清水焼 プロジェクト」
  • 9
    今週末見るべき映画「ROOM237」
  • 10
    アップル担当者に聞く、ホリデーシーズンおすすめアプリ

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加