『エキサイトイズム』サービス終了のお知らせ
この度『エキサイトイズム』は2019年9月30日をもちましてサービス終了をさせていただきました。
これまで皆さまに賜りましたご愛顧に心より感謝申し上げます。誠にありがとうございました。

来春開催、カルティエ特別展を吉岡徳仁が監修

2008年 12月 19日 14:20 Category : Art

このエントリーをはてなブックマークに追加

 フランス屈指のジュエラーとして、160年余りの歴史を誇るカルティエが、来春、貴重なコレクションをベースにした特別展を東京・上野の東京国立博物館で開催する。12月16日(火)、本展の記者発表会が開かれた。

 注目は、カルティエとデザイナー吉岡徳仁とのコラボレーションだ。“『Story of…』カルティエ クリエイション ~ めぐり逢う美の記憶”と題された本展では、その監修を務める吉岡氏が、「カルティエの歴史の記憶と未来」をコンセプトに、その空間演出を中心とするすべてのディレクションを担うことになる。


 吉岡氏は、カルティエが誇るコレクション(カルティエは、同社の歴史的コレクションを25年前より、1点1点買い戻しては収集し続け、現在その数は約1360点を超える)の中から、特に彼の心の琴線に触れた煌めく物語性に溢れる50点に焦点をあてる。そのコレクションは、カルティエの歴史と変遷をたどる上で欠かすことのできない重要な作品ばかりだ。

 例えば、悠久のインドの旅へと心を誘う豪奢なマハラジャのネックレスや、メキシコの国民的女優として愛されたマリア・フェリックスのクロコダイル ネックレス、30年代のファッションを牽引したデイジー・フェロウズの色鮮やかなネックレス、“王冠を捨てた恋”として知られるウィンザー公爵夫妻が愛したパンテールのブローチなど、観るものの心を奪う美しさと、カルティエの歴史と哲学を集約したすばらしいコレクションが、吉岡氏の演出でどのような輝きを放つかが最大の見どころだ。

Related article

  • エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
    エッジの魅力。英国センスが際立つ「ボードン バイカラー」のデザイン力
  • 日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展
    日常世界の向こう側に潜むアート|高松次郎展
  • アレッシィ新作が発表、ピエール・エルメとのコラボ
    アレッシィ新作が発表、ピエール・エルメとのコラボ
  • Hidari Zingaroにて日本画展が開催中
    Hidari Zingaroにて日本画展が開催中
  • 名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
    名だたる大企業がロゴに選んだ「ヘルベチカ」に迫る
  • ティファニー、憧れと誘惑をまとう/5)ティファニーの粋「エンチャント」
    ティファニー、憧れと誘惑をまとう/5)ティファニーの粋「エンチャント」

Prev & Next

Ranking

  • 1
    ジャズ名盤講座第24回「ECM編」
  • 2
    ボジョレーヌーヴォー解禁、新旬ワインと食の響宴
  • 3
    Marvelous Max Mara Tokyo 2013開催!
  • 4
    大人の男の成熟を描く、「ブルー ドゥ シャネル」 
  • 5
    数値制御切削機を用いた木製筆記具、MACINARI(マキナリ)
  • 6
    伝説の「ポルシェ917」誕生から、今年で40周年
  • 7
    初公開! 旧フランス大使館に現代アートが集結
  • 8
    フランスで人気のチーズBEST6
  • 9
    マンダリン オリエンタル 香港に隠された、エクスクルーシブな空間
  • 10
    メルボルンの街並み/オーストラリアを旅する(2)

Excite ism :

このエントリーをはてなブックマークに追加